【日記】俺が小学生の頃のゲームの思い出(後編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、こんにちは!!

前回から俺が小学生の頃に遊びまくったゲームを紹介してるんだけど、今回は後半戦だ!!

小学生高学年の時に遊びに遊んだゲームを紹介して行くぜ!

ちなみにこの辺から本格的なゲーマーの血が流れ始めたような気がするww
それは絶対に"あのシリーズ"のせいであるww



スポンサーリンク

バイオハザードシリーズで最もハマった作品

IMG_0628
1998年に発売されたバイオハザードの続編『バイオハザード2』。
現在、これのリメイク版が好評発売中だけど、このオリジナル版は、ディスクの裏面が傷だらけになるまでプレイしていたんだよな。

子供でもクリアできるように作られてて(難易度が選択できる)、2人の主人公のストーリーが交差する斬新なザッピングシステムには感動した記憶がある。

ゾンビをスルーしながら、弾を極限にまで節約して攻略して行く前作とは違い、バイオ2は弾が豊富に入手でき、ゾンビを殲滅しても詰まりにくくなってる。(難易度による)

これが発売した当時俺は小学4〜5年生くらいで、世界観の背景などが書かれたファイルの内容などは全て理解するのは難しかったんだけど、それ以上にゲーム性やストーリーが非常に分かりやすくて非常にプレイしやすかったゲームだ。

このゲームはバイオ3が出るまで延々とやってたわwww
それくらいにやり込んでたから、初プレイの時の記憶が全くない……ww
逆にトラウマになるくらいに苦労してプレイしたゲームの方が記憶に残るんだよね。

『ただただ楽しかった』っていう思い出だけが頭の中に残っております。



スポンサーリンク

初のFFシリーズは8!

IMG_0629
俺が小学5年生の頃に発売された『ファイナルファンタジー8』。
これも言わずと知れた超有名シリーズで、シリーズ内では国内で最も売り上げたナンバリングタイトルである。

実はこれも親父が初めて買ってきたゲームで、それまでFFというゲームの存在すら知らなかった。

初めてこのゲームのプレイ映像観ての第一印象は、「召喚獣がかっけぇ!!!」だった。
キャラクターに装備させた召喚獣を召喚して、敵に強力なダメージを与えたり、味方にバフをかけることができるんだけど、その演出がめちゃくちゃカッコよかったんだよね。

それが「俺もプレイしてみたい!」と思ったキッカケである!!

ただ、このゲームは当時の俺からしたら死ぬほど難しいものだった。
とにかくシステムが独特で、従来のRPGのように"レベル上げをすれば攻略できる"というゲームで無いのであるwww
下手をすれば、レベルを上げることで敵も強くなるというとんでもないシステムなのである。

そんな難易度でもラスボスまでは行けたのですよ!!
1年くらい掛かった記憶があるけどもwww
でも、結局ラスボスを倒すことはできなかった。
もちろん根本のシステムは理解していなかったからレベルもガンガン上げてたし、ジャンクションというシステムもまったく理解していなかったのでキャラクターがゴミのように弱かったのである。
なんと、高火力ダメージを叩き出せる召喚獣だけをメインに使って戦って、ラスボスまで行くという奇跡的なプレイをしていたのであるwww

しかも敵から魔法や召喚獣を吸い出せるドローシステムもあまり良く理解していなくて、召喚獣と全然持っていなかったんだよね。
今思えば超絶な縛りプレイでやっていたようなもんだわwwww

ドロー縛り的なwwww

ただ、システムを全く理解していなくてもめちゃくちゃ楽しかったゲームで、バイオ2同様にディスク裏が傷だらけになるまでプレイしたな!
しかもこれに至っては傷だらけすぎて、ディスク1の列車ムービーで停止して進まなくなるくらいのレベルだったww
運が良ければ先に進める的な!!

今はシステムを完全に理解してるから、今プレイしてもめちゃくちゃ楽しめる!
世間では賛否両論のゲームなんだけど、俺は神ゲーだと思ってる!
システムさえ理解すればマジで面白いゲームだと思う!
モンスターを狩って素材を集めて武器を作るというモンハンのようなシステムも画期的だったね。


ちなみにこれがキッカケで、FF7に手を出したのですよ。
俺からしたら、8に比べるとこちらの方が簡単で初めてクリアすることができたFFシリーズだった。
この2つの作品がFFシリーズに没頭してしまったキッカケである!

今でも俺の中での三大シリーズはFF・バイオ・ポケモンだね!!
これは永遠に揺るがないと思う!!
これらの作品を、このブログのメインコンテンツとして扱っている理由はこれが起源である。



スポンサーリンク

ポケモン赤以上にやり込んだポケモン銀

IMG_0630
1999年に満を持して発売されたポケットモンスターシリーズの第2作目『ポケットモンスター金銀』。

恐らく俺がポケモンシリーズで最もやり込んだ作品がこれである!!!
もうな、今やっても神ゲー!!!

これが発売されたのは俺が小学生4〜5年生の頃で、別のページでも書いたんだけど「クリスマスプレゼントはいらないからこれを買ってくれ!どうしても欲しい!」とこれほどに無いまでに親に懇願した記憶ありwww

そして発売日当日、お風呂の着替えのカゴの中にこれが置いてあったんだよ!!!
あの時は絵に描いたように大興奮して喜んだね!!!!

でも「夜遅いから今日はやっちゃダメ」って言われたわwwwwww
「じゃあもっと早く渡せ!!!!」って今だったら思ってるわよwww

このゲームも1年以上やり込んで、図鑑完成まであと一歩のところまで行ったんだよね。

俺が最初に選んだ御三家はワニノコ。
これはハッキリと覚えてるわww

との途中でどんなパーティを使ってたかは覚えてないんだけど、最終的にオーダイル、ニドキング、ギャラドス、リザードン、ホウオウ、フリーザーを使ってたな!

リザードンとフリーザーは過去作から送ってきたもので、ギャラドスは色違いじゃなくて普通の個体を使ってたぞwwww
しかもギャラドスはバリバリの特殊型で使ってたわww
クソ弱かったけど、レベル100まで育てたわ…。
このデータは多分今でも残ってるはずだぞ!!
消えていなければだけど……ww


それくらいに鮮明に記憶に残ってるゲームだし、非常に楽しかったゲームである。



まぁこれ以降になってくるとゲームに対する大きな感動ってものは年々少なくなってきて、それだけで年を取って来たんだろうなぁ…って感じる。

でも、近年はPS4で名作がどんどん量産されるようになってきて、その時の感動が蘇るような作品が発売されつつある。
特にウィッチャー3やバイオ7・RE2はそれに近い感動を与えてくれた良作である!


てことで今回は第3回に渡って、俺が幼少時代に遊んで来たゲームを紹介させていただきました!!

ゲームというものは、常に新鮮な感情を与えてくれるもので、少年時代に戻ったような感覚に浸れる素晴らしいコンテンツである。

これからもたくさんのゲームをプレイし、新たな感動を感じて行きたいと思う!


ちなみに皆さんは過去にどんなゲームをプレイしてきたのだろうか??
その辺が結構気になるところだが、このブログはコメントが完全閉鎖されているので書き込むことはできません!!!!!wwwww

もし何かあればツイッターへどうぞ!ww