【パワプロ2016】(再現)2002 上原浩治

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー



※当初は1999と表記していましたが、正しくは2002です。


今回は久々にパワフェスをプレイして行こうと思います!





実在選手を作るシリーズ第4弾となる今回は上原浩治選手





もうめっちゃ大ファン!

上原投手が巨人に入団した時、

俺はちょうど小学5年生くらいでした。





上原投手が投げている試合は実際に観に行ったことがあって、

その年は丁度絶不調だった前年からクローザーとして投げていた年で絶対的守護神だった頃だったんですよね。





皆さん覚えてるかなぁ?w

豊田→上原という継投の流れが大好きだった!





思い出したら泣きそうになってきたわww

坂本がまた19歳だったんだなー、とかwww





当時小学生の頃に俺が見ていた投手が未だに投げてるんすよ?!

これ凄くないっすか?!?!www

あー、あの頃に戻りてぇw





投低打高だった1999年だった当時、

新人ながら防御率2.09、20勝4敗、179奪三振、勝率.833を記録し、

最優秀防御率、最多勝、最多奪三振、最優秀投手賞、新人王、沢村賞、ベストナイン、ゴールデングラブ賞など主要タイトルを総ナメにしました。





新人投手でシーズン20勝は19年ぶりの快挙であり、

この記録は上原以降で達成した者はいない。





日本球界における10年間で、

シーズン10勝以上を5回、

通算WHIPは1.01と驚異的な数字を残している。





一方で怪我に悩まされた選手であり、

それでも歴史的な記録を残した大選手であることには間違いない。













🔳40歳を超えてもメジャーリーグの第1線で活躍









2009年にはFA宣言をしメジャーリーグへ。



ボルチモア・オリオールズへ入団する。

彼は巨人時代から先発としての拘りが非常に強く、

メジャーへ行ってすぐの時もその拘りは強かった。

しかし怪我がキッカケでセットアッパーへと転向。





それからはセットアッパーやクローザーとしての意識も高くなったようで、

それ以降はリリーフ投手に専念するようになる。








2歳となった2017年では強豪カブスへ移籍、

チーム最年長選手となる。

しかし投球技術は衰えるどころか更に磨きが掛かっており、

今でも第一線で活躍し続けている。





この活躍の要因として針の糸をも通すと言われた制球力である。

日本球界での通算与四球率は1.20であり、

投球回1000以上を投げた選手の中では歴代1位の記録である。





その制球力はメジャーへ行っても衰えることはなく、

投球回437回で与四球数はなんと66個!

与四球率は1.35であり、

メジャー平均が3.1〜3.2だということを見ると驚異的な数字だということが分かる。





このレジェンド級の選手をパワプロで再現していく。













🔳パワプロ2016で能力値を考察





※俺個人の見解ですので個人差があると思いますので、そこはご了承を!





目標能力





球速:148〜151km/h

コントロール

スタミナ

変化球:フォーク5、SFF4、カットボール1〜2





特殊能力:ノビB、奪三振、テンポ◯、打たれ強さ、根性◯、低め◯、リリース◯









こんな感じで作りたいな、、

と考えてます。

ルーキーのお守り有りパワフェスで作れるかなぁ。。。





とりあえず作っていきます!























さ、、、遂に完成しますヨォ!













再現年は2002年です。
この頃の上原投手が一番好きなので…w

つ、、、つぇぇぇwwwwww

俺が考えていた通りの上原投手が完成しました!!!





勝ち運、クイックなども付けさせてもらいました!

野手能力は上げる余裕が無かったので何も手をつけてません。御了承を。















グラブは黄色い感じのものを使っていた記憶があるんですよね。









パワナンバーはこちら!

ぜひ使ってみてください!





俺のスターチームに入れて使わせていただきます!