経歴
  • ニューヨーク・ヤンキース(2017 - )

タイトル・表彰・記録
  • ルーキー・オブ・ザ・マンス:2回
  • プレイヤーズ・チョイス・アワーズ優秀新人:1回




将来を大いに期待されているヤンキースの若きスラッガー。

2018年は大谷翔平と新人王争いを演じことで日本でもそこそこ話題となった。
しかも同い年。
(惜しくも新人王は逃す)

2017年に初昇格を果たすと、2018年に三塁手のレギュラーとして定着。
開幕はマイナーからのスタートで、故障したマッキニーとの入れ替わりで昇格を果たしている。

6月と8月にはルーキー・オブ・マンス(月間新人MVP)に輝き、最終的に打率.297、27本塁打、92打点と新人としてはものすごい成績を残すが、前述したように大谷翔平に新人王を譲ることとなった。


一方で守備力が相当ヤバイ。(悪い意味で…)

なんとUZRはー16で、DSRもー25で両リーグワースト。
メジャーで最も下手くそな三塁手と言っても過言ではないレベルであるww

それでもまだまだ若いので、将来が非常に楽しみな選手である。



FullSizeRender
再現年:2018年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:149
  • 打率:.297
  • 安打:170
  • 二塁打:47
  • 三塁打:2
  • 本塁打:27
  • 打点:92
  • 盗塁:2
  • 盗塁死:1
  • 四球:25
  • 三振:97
  • 併殺:9
  • 守備率:.948
  • 失策:15
  • 対左打率:.264
  • 得点圏打率:.294
  • UBR:0.2
  • UZR:ー16.0
  • DSR:ー25

今回はもちろん新人王まであと一歩のところまで行った2018年!

守備力はGでも良いかなと思ったんだけど、パワプロでその能力だったらまともに守れないよなwwww
てことで今回はFです。
Fでもそんな変わらん気もするが…

もちろん『エラー』も付いております。

そして『三振』なんだけど、無くても良いかもしれない。
打席数の割には意外と少ないんだよな。
三振率で見るとギリギリ付けるかどうか迷うレベル。

ただ、肩に関するデータを得られず、動画などを見て判断。
まぁ…そこまで良くはないなという印象。


FullSizeRender