【パワプロ2018】再現選手 – 2018 アンソニー・レンドン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • ワシントン・ナショナルズ(2013 – )

タイトル・表彰・記録

  • シルバースラッガー賞:1回
  • カムバック賞:1回
  • 週間MVP:1回
スポンサーリンク

選手の特徴


走攻守揃ったオールラウンダー。
メジャーでは"最も過小評価されている選手"として毎回名が挙がるほどのポテンシャルを持つ。

メジャーデビューは2013年。
2年目の2014年には打率.287、21本塁打、83打点をマークしてシルバースラッガー賞を受賞。

2016年にはカムバック賞を受賞し、2017年には打率.301、25本塁打、100打点と好成績を残すが、同リーグにノーラン・アレナードという化け物がいるため、シルバースラッガー賞には届かず。

2018年は2年連続の打率3割となる.308を達成。
UZRはリーグトップを記録するが、ゴールドグラブ賞を逃す。

スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
再現年:2018年
参考データ:MLB公式サイト、FanGraphs
  • 試合:136
  • 打率:.308
  • 安打:163
  • 二塁打:44
  • 三塁打:2
  • 内野安打:14
  • 本塁打:24
  • 打点:92
  • 盗塁:2
  • 盗塁死:1
  • UBR:3.7
  • 四球:55
  • 三振:82
  • 併殺:5
  • 守備率:.979
  • 失策:7
  • 対左打率:.285
  • 得点圏打率:.302
  • UZR:5.9
  • 肩指標:強さ67、正確さ68

補足

今回は打率.308をマークした2018年を再現。
2017年のものにしようか非常に悩んだんだけどね。
打率を除いて打撃面も守備面も2017年がキャリアハイと言える。

2017年バージョンはまた後ほど作るかな…。

打撃能力は毎度のごとく盛っていて、パワーをAにする代わりに『プルヒッター』を付けなかったって感じ。

スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender