経歴
  • 大阪近鉄バファローズ(1992 - 2004)
  • ロサンゼルス・ドジャース(2005)
  • オリックス・バファローズ(2006)
  • 中日ドラゴンズ(2007 - 2008)
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス(2009 - 2010)
  • 横浜ベイスターズ(2011 - 2014)
タイトル・表彰・記録
  • 本塁打王:1回
  • 打点王:2回
  • 最高出塁率:1回
  • ベストナイン:5回
  • ゴールデングラブ賞:7回
  • 月間MVP:5回
  • オールスターゲームMVP:2回
  • オールスターゲーム出場:9回

通算404本塁打を誇り、かつて日本を代表するスラッガーだった。

戦力外という崖っぷちを何度も経験し、その度に復活するという奇跡の男である。

92年に一軍デビューを果たすと96年に26本塁打をマーク。

98年にシーズン32本塁打を放ってブレイクすると、00年には39本塁打で本塁打王、110打点で打点王の二冠に輝く。

01〜02年からは2年連続でシーズン40本塁打を放ち、バファローズの不動の主砲として君臨。
当時、日本人選手で40本塁打を打てるのは中村紀洋・松井秀喜・小久保裕紀の3人だけと言われていた。

04年オフにはポスティングシステムを行使してロサンゼルス・ドジャースと契約するが成功はせず、05年に日本球界復帰。

07年には戦力外通告を経て育成契約で中日ドラゴンズに入団。
チーム3位となる打率.293、チーム2位となる20本塁打をマークした。

08年オフにFA宣言をして東北楽天イーグルスへ移籍し、最終的にベイスターズを経て現役引退。


FullSizeRender
再現年:2007年
参考データ:パワプロ14、プロスピ5
  • 試合:130
  • 打率:.293
  • 安打:134
  • 二塁打:24
  • 三塁打:0
  • 本塁打:20
  • 打点:79
  • 盗塁:2
  • 盗塁死:1
  • 犠打:4
  • 四球:51
  • 三振:87
  • 併殺:18

近鉄時代のノリさんはOBとして収録されているので、今回はドラゴンズ時代を再現。

過去作のデータをそのまま流用した感じ。

肩力はプロスピを参考にCに。

併殺』だけは独断で付けております。

その他は特になし。


FullSizeRender