【パワプロ2018】再現選手 – 2016 エヴァン・ガティス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • アトランタ・ブレーブス(2013 – 2014)
  • ヒューストン・アストロズ(2015 – )

タイトル・表彰・記録

  • 月間新人MVP:2回

選手の特徴

"ブル"という愛称で親しまれ、強打が魅力的な捕手。

プロ入りは2010年で、メジャーデビューは2013年。
デビュー年から21本塁打を放ち、月間新人MVPを二度と受賞。
6年連続で二桁本塁打を達成しており、その内5度の20本塁打以上を記録するほどのポテンシャルを持つ。

2015年にはトレードでアストロズへ移籍。
移籍2年目の2016年には32本塁打をマークするが、惜しくもシルバースラッガー賞を逃す。
というのも、彼は打率と出塁率がめちゃくちゃ低い。
捕手としての評価も低く、指名打者としての出場が大半を占める。

その一方で強肩で知られ、2016年は捕手としてわずか55試合の出場だったが、盗塁刺13、盗塁阻止率.464を記録。

また、デビュー年は外野手としての出場が多かった。

スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
再現年:2016年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:128
  • 打率:.251
  • 安打:112
  • 二塁打:19
  • 三塁打:0
  • 本塁打:32
  • 打点:72
  • 盗塁:2
  • 盗塁死:1
  • 四球:43
  • 三振:127
  • 併殺:12
  • 盗塁阻止率:.464
  • 盗塁刺:13
  • 守備率:.996
  • 捕逸:5
  • 失策:2
  • 対左打率:.288
  • 得点圏打率:.239
  • UBR:ー0.2
  • 引っ張り率:46.6%

補足

32本塁打をマークした2016年をベースに再現。

今回もパワー方面だけは少し盛り気味。

チャンスは下げるほどではないんだけど、今回は『チャンスE』に。

スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender