【パワプロ2018】再現選手 – 2015 ラッセル・マーティン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • ロサンゼルス・ドジャース(2006 – 2010)
  • ニューヨーク・ヤンキース(2011 – 2012)
  • ピッツバーグ・パイレーツ(2013 – 2014)
  • トロント・ブルージェイズ(2015 – 2018)
  • ロサンゼルス・ドジャース(2019 – )

タイトル・表彰・記録

  • シルバースラッガー賞:1回
  • ゴールドグラブ賞:1回

選手の特徴

チーム内外から高い評価を受けているカナダ代表の捕手。

2002年にドラフト17巡目でドジャースと契約。
2006年にメジャーデビューを果たし、正捕手として121試合に出場。

翌年の2007年にはキャリアハイとなる打率.293をマークしてシルバースラッガー賞、そして捕手としてゴールドグラブ賞を受賞。

強肩として知られ、リーグ最多盗塁刺を計5度記録し、2015年にはリーグトップとなる盗塁阻止率.444をマーク。

2012年頃までは送球が不安定であったが、2013年以降は劇的に改善されており、メジャートップクラスの指標が出ている。

しかし、近年では年齢と共に肩などの衰えが見え始めている。

ちなみにドジャース時代は黒田博樹、ブルージェイズ時代は川崎宗則と同僚であった。

スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
再現年:2015年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:129(二塁:2)
  • 打率:.240
  • 安打:106
  • 二塁打:23
  • 三塁打:2
  • 本塁打:23
  • 打点:77
  • 盗塁:4
  • 盗塁死:5
  • 四球:53
  • 三振:106
  • 併殺:22
  • 盗塁阻止率:.444
  • 盗塁刺:32
  • 捕逸:19
  • 守備率:.995
  • 失策:4
  • 対左打率:.278
  • 得点圏打率:.284
  • UBR:ー0.2
  • 肩の強さ指標:81
  • 送球の正確さ指標:88
  • UZR:0.2

補足

今回はキャリアハイとなる盗塁阻止率をマークした2015年をベースに再現。

このシーズンは地味に2試合だけ二塁手として出場している。

元々捕手としてのリード力はチームメイトからも高く評価されており、またチームを17年ぶりの地区優勝に導いたため『キャッチャーB』でも良いと思う。

肩力は81にしてるけど、もう少し盛っても良いかもしれんな。
その代わり『送球A』だけど。

スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender