経歴
  • ロサンゼルス・エンゼルス(2011 - )
タイトル・表彰・記録
  • 打点王:1回
  • 盗塁王:1回
  • ア・リーグMVP:2回
  • 月間MVP:5回
  • 月間新人MVP:4回
  • シルバースラッガー賞:6回
  • フィールディング・バイブル・アワード:1回
  • 新人王
  • ハンク・アーロン賞:1回
  • 週間MVP:1回
  • オールスターゲーム出場:7回
  • サイクルヒット:1回


走攻守すべてが揃ったメジャー屈指の外野手。

実は前回に2016年版のトラウトをつくっていて、今回は友人のリクエストを受けて2018年度版を作成してみました。

今シーズンは怪我さえなければ確実に40本塁打を打っていただろうなぁ…
しかし、140試合の出場ながらこの成績はヤバイwww
バケモノ・オブ・ザ・バケモノwww

結果的に打率.312、39本塁打、79打点、24盗塁、出塁率.460、OPS1.088をマーク。
そしてなんと守備率は10割wwww
失策0ってことだ…
元々守備には定評があったけど、まさかここまでの数字を残すとは…

しかし、MVPは候補には入ったものの、首位打者を獲得したレッドソックスのムーニー・ベッツが受賞し、惜しくも逃した。

まだ27歳だけど、既に通算260本塁打に到達…
最終的にどこまで伸ばすのかが気になる。


FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2018年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:140
  • 打率:.312
  • 安打:147
  • 二塁打:24
  • 三塁打:4
  • 本塁打:39
  • 打点:79
  • 盗塁:24
  • 盗塁死:2
  • 四球:122
  • 敬遠:25
  • 三振:124
  • 併殺:5
  • 出塁率:.460
  • OPS:1.088
  • 守備率:1.000
  • 失策:0
  • 補殺:7
  • 対左打率:.292
  • 得点圏打率:.346

★が556を超えてしまったなwww
強スギィ!!!!

ほぼ全打席の本塁打を見たんだけど、今シーズンは引っ張り方向への本塁打がめちゃくちゃ多かったため『プルヒッター』。

またゾーン別チャートを見ると比較的インコースに強かったと思われるので『インコースヒッター』。

パワーは、本塁打率で判断してSにしました。
本数で言えばAだろうけど。

守備職人』を付けようかどうか迷ったけど、今回は見送り。



FullSizeRender