プロフィール

経歴

  • シアトル・マリナーズ(2005 - )

タイトル・表彰・記録

  • 最多勝:1回
  • 最優秀防御率:2回
  • 球団MVP:4回
  • ピッチャー・オブ・ザ・マンス:2回
  • サイ・ヤング賞:1回
  • オールスターゲーム出場:5回
  • WBCベネズエラ代表:2回

選手の特徴



ヘルナンデスは、マリナーズ史上最高の投手と言っても過言ではないパワーピッチャーである。
シーズン二桁勝利を達成を10度達成し、2009〜2016年にかけて8年連続二桁勝利を達成している。
また2009年に獲得した最多勝のタイトルは球団史上初の記録であった。

スタミナも無尽蔵であり、8年連続でシーズン投球回200以上を記録。

彼の特徴はなんと言ってもMLBで最も優れているとも言われるチェンジアップ。
なんと平均球速は140km/hオーバーで、落差もめちゃくちゃ大きく、更には打者の手元で落ちる。
このチェンジアップにはあのクレイトン・カーショウも太鼓判を押すほど。

現在32歳ですでに168勝、2467奪三振を記録しているが、著しく衰えてきている。(特に球速)
二桁勝利からも2年間遠のいており、復活が望まれている選手である。


余談だが、城島健司さんとは相性が悪かったことで有名ww
配球で揉めて、喧嘩ばかりしていたという。



今回はそんなヘルナンデスをパワプロ2018で再現してみた。

選手能力

FullSizeRender
再現年:2014年
参考データ:MLB公式サイト、選手名鑑
  • 試合:34
  • 防御率:2.14
  • 投球回:236.0
  • 勝敗:15勝6敗
  • 被本塁打:16
  • 与四球:46
  • 奪三振:248
  • WHIP:0.92

補足

今回は最優秀防御率の獲得とキャリアハイのWHIPを叩き出した2014年を再現。

物凄い成績なんだけど、既に衰えが始まっているという!
まさに化け物であるww

魔球と呼ばれたチェンジアップは、サークルチェンジをベースにオリジナル変化球で再現。
チェンジアップであの変化量を再現するのはほぼ不可能wwww

シンカーと呼ばれている変化球の正体はツーシーム。
ただチェンジアップと同様に、ツーシームであれほどの変化量は再現するのは不可。
よって今回は高速シンカーで。

高速スライダーの変化量も3くらいにしたかったんだけど、変化球ポイントが足らなすぎて無理だった…。

あとは球速なんだけど、この年の平均球速のデータはあったんだけど、MAX球速のデータが得られなかった。

パワナンバー

FullSizeRender