プロフィール

経歴

  • カンザスシティ・ロイヤルズ(2011 - 2017)
  • サンディエゴ・パドレス(2018 - )

タイトル・表彰・記録

  • ゴールドグラブ賞:4回
  • ルーキー・オブ・ザ・マンス:1回
  • オールスターゲームMVP:1回
  • シルバースラッガー賞:1回

選手の特徴

デビューした時から規格外の身体能力を持ち、打撃・守備共に巧みなプレイを魅せるエリック・ホズマー

ホズマーは2008年にドラフト1位でロイヤルズに入団。
2011年にメジャーデビューを果たすと一塁手のレギュラーに定着し、19本塁打をマーク。

2013年は159試合に出場し、ゴールドグラブ賞を受賞。
この年から3年連続でゴールドグラブ賞を獲得する。

2017年に打率.318、25本塁打、94打点をマークし、自身4度目となるゴールドグラブ賞を受賞し、名実共に一流選手の仲間入りを果たす。
オフにはFAになり、パドレスと8年総額1億4400万ドルの大型契約を結んだ。

ホズマーの最大の特徴と言えば反対方向への本塁打だろうか。
俺が一番驚いたのはアウトローギリギリの変化球を引っ張ってスタンドインしていた時。
また流し打ちもめちゃくちゃ巧く、アウトコースの球を難なく反対方向へ返す。

そしてもう一つ特徴を挙げるなら、やはり一塁守備。
彼は元々投手であり、なんと球速152km/hの速球を投げていたらしい。
それ故か肩がめちゃくちゃ強い。
そして瞬発力が良く、守備範囲が広い。
その点を考慮されて、ゴールドグラブ賞を4度獲得する名手である。

ごく稀に外野手を守ることもあるが、現在はほぼ無い。

今回はロイヤルズ時代のホズマーをパワプロ2018で再現!

選手能力

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2017年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:162
  • 打率:.318
  • 安打:192
  • 二塁打:31
  • 三塁打:2
  • 本塁打:25
  • 打点:94
  • 盗塁:6
  • 盗塁死:1
  • 四球:66
  • 敬遠:3
  • 三振:104
  • 併殺:20
  • 守備率:.997
  • 失策:4
  • 対左打率:.284
  • 得点圏打率:.333

補足

今回はシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞を獲得した2017年を再現!

一番悩んだのがパワー。
メジャーリーガーで本塁打25前後を打っていれば基本パワーAにするんだけど、エドガーは30本塁打を打ったことがないし、キャリアハイが25本なんよね。
よって、悩みに悩んだ挙句Bに。

守備ではAでも良いレベルよな。
守備をAにして、捕球Dでも良いかもしれない。
通算で見ても守備率がめちゃくちゃ高い。(.995)
失策は比較的多いんだけど…。

特殊能力に関しては『アウトコースヒッター』か『ローボールヒッター』のどちらにしようかめちゃくちゃ悩んだ。
『アウトローヒッター』的な特殊能力が欲しいww

対エース◯』はイメージで付けてます。
カーショウから打った完璧なホームランが忘れられない…

パワナンバー

FullSizeRender