経歴
  • 東京ヤクルトスワローズ(1998 - 2009)
  • ニューヨーク・メッツ(2010 - 2011)
  • トロント・ブルージェイズ(2012)
  • ニューヨーク・ヤンキース(2012)
  • 福岡ソフトバンクホークス(2013 - 2018)
タイトル・表彰・記録
  • 最多セーブ:1回
  • 最優秀バッテリー賞:1回
  • 月間MVP:2回
  • オールスターゲーム出場:6回

158キロの豪速球を武器に、リリーフ一筋で活躍する五十嵐亮太

五十嵐さんは1997年にドラフト2位でヤクルトに入団。

2000年に開幕一軍を手にすると徐々に頭角を現し始める。

2004年には当時の日本プロ野球最速タイ記録となる158km/hをマーク。
シーズンでは防御率2.66で37セーブをマークし、最多セーブを獲得。

2009年オフにはFA権を行使してメジャーリーグへ移籍。

2012年オフにはホークスと契約し日本球界に復帰する。

2013年は51試合に出場し、防御率2.53と好成績を残す。
長年の課題であった制球力も向上。

2014年はセットアッパーとして63試合に出場。
防御率1.52、リーグ最多の44ホールドをマークし、オールスターゲームにも出場を果たす。

2018年オフに自由契約となる。


今回はホークス時代の五十嵐さんをパワプロ2018で再現!


FullSizeRender
再現年:2014年
参考データ:パワプロ2014、プロスピ2014
  • 試合:63
  • 防御率:1.52
  • セーブ:2
  • ホールド:44
  • 投球回:59.1
  • 被本塁打:0
  • 与四球:18
  • 奪三振:71
  • WHIP:0.86
今回はキャリアハイのWHIP0.86を叩き出した2014年を再現してみました。

特殊能力などは全てパワプロから。
パワプロだと制球Eだったんだけど、今回はプロスピなども参考にしCにして、『四球』を付けました。
シーズン四球数は18なんだけど、楽天戦での1イニング4四球ってのがあまりにも印象的すぎて…

野手能力は肩力以外は全てE以下です。
捕球はもう少し上げても良かったかもしれません。

FullSizeRender