プロフィール

経歴

  • デトロイト・タイガース(2009 - 2014)
  • ボストン・レッドソックス(2015 - )

タイトル・表彰・記録

  • 最多勝:1回
  • サイ・ヤング賞:1回
選手の特徴
キレの良い変化球と緩急を武器にデビューしてから今まで第一線で活躍し続けるレッドソックスのエース、リック・ポーセロ


ポーセロは2009年にメジャーデビューし、いきなり14勝を挙げる活躍を見せる。
その年から6年連続で二桁勝利を稼ぐ。
2015年は惜しくも9勝止まりだったがその他のシーズンは全てで二桁勝利を達成しており、通算で9回の二桁勝利を達成。

29歳でありながら2018年時点で通算135勝をマークしており、通算200勝が確実視されている。

2016年には22勝を挙げ、最多勝とサイ・ヤング賞を獲得。
元々はグラウンドボールピッチャーであったが、この年から三振を量産できるようになり、3年連続で180奪三振以上をマークしている。

彼の特徴は変化球で、特にチェンジアップのキレが凄い。
打者のタイミング外したり、ボール球を振らせるなどの判断技術が非常に高い。
元々制球難気味であったが、フォーム改造によって改善されつつある。
低めに集める投球が得意であるが、頻繁に高めに浮くことがあるので被本塁打が非常に多い。


今回はそんなポーセロをパワプロ2018で再現!


選手能力

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2016年
参考データ:MLB公式サイト、選手名鑑
  • 試合:33
  • 防御率:3.15
  • 完投:3
  • 勝敗:22勝4敗
  • 勝率:.846
  • 投球回:223.0
  • 与四球:32
  • 奪三振:189
  • WHIP:1.01
  • 守備率:.955
  • 被打率:.230
  • 対左被打率:.225
  • 得点圏被打率:.255
  • 被本塁打:23

補足

今回は最多勝とサイ・ヤング賞を獲得した2016年を再現。
それにしてもポーセロと言い、クリス・セールと言いレッドソックスの先発投手陣って凄すぎるよなwwww

能力に関しては特にこれと言って不満は無し。
ただ、野手能力がちょいとテキトーかも。
打撃能力とか走力などがいまいちよくわからん。

そして毎度のことながらメジャーリーガーのスタミナをいつも迷う。
メジャーの投手って基本的に完投しないからどのくらいなのか判断しにくいのよね。

その代わり登板数が多いから投球回もめちゃくちゃ多い。

スタミナを抑えて『回復』の特殊能力を上げるのが適正なんだろうけど、この辺はイメージとかで勝手に判断してます。


パワナンバー

FullSizeRender