経歴
  • デトロイト・タイガース(1998, 2002)
  • ミネソタ・ツインズ(2004)
  • アトランタ・ブレーブス(2005)
  • 起亜タイガース(2005 - 2006)
  • 東京ヤクルトスワローズ(2007)
  • 読売ジャイアンツ(2008 - 2011)
  • 千葉ロッテマリーンズ(2012 - 2014)
タイトル・表彰・記録
  • 最多勝:2回
  • 最優秀投手:1回
  • ベストナイン:1回
  • スピードアップ賞:1回
  • 最優秀バッテリー賞:1回
  • 月間MVP:2回
  • オールスターゲーム出場:1回

メジャーリーグ、韓国プロ野球を経由して2006年に来日し、2年連続でセ・リーグ最多勝に輝いた技巧派投手、セス・グライシンガー

グライシンガーは2006年オフにヤクルトと契約。
来日1年目から先発ローテーションの軸として30試合に先発し、防御率2.84、16勝8敗をマークしていきなり最多勝を獲得。
先発登板数、無四球試合数、投球回、被安打率、与四死球率、被長打率、被出塁率でリーグ1位を記録。

2007年オフに読売ジャイアンツへ移籍。
移籍後も先発ローテーションの軸として2年連続リーグ最多となる31試合に先発し、防御率3.06、17勝をマーク。
2年連続で最多勝のタイトルを獲得し、ベストナインと最優秀投手を受賞。

2009年も13勝をマークして3年連続で二桁勝利を達成。
以降は調子が上がらず、2011年のオフにマリーンズへ移籍。

移籍1年目の2012年は復調し、防御率2.24、12勝をマーク。

2014年に自由契約となり退団した。


今回はスワローズ時代のグライシンガーをパワプロ2018で再現!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2007年
参考データ:プロスピA、プロスピ5、パワプロ 14決定版など
  • 試合:30
  • 防御率:2.84
  • 完投:3
  • 完封:2
  • 勝敗:16勝8敗
  • 投球回:209.0
  • 被本塁打:14
  • 与四球:31
  • 奪三振:159
  • WHIP:1.03
今回は来日1年目の2007年をベースに再現。

最近、プロスピAの方でグライシンガーが実装されたので、それを参考に作らせていただきました。

独断で付けたのが『クイックE』『回復C』『勝ち運』など。

シンカーについては作品によってはサークルチェンジやチェンジアップになってたりして、バラバラ。
俺はシンカーを採用。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender