経歴
  • テキサス・レンジャース(2004 - 2005)
  • サンディエゴ・パドレス(2006 - 2010)
  • ボストン・レッドソックス(2011 - 2012)
  • ロサンゼルス・ドジャース(2012 - 2017)
  • ニューヨーク・メッツ(2018)
タイトル・表彰・記録
  • 打点王:1回
  • ゴールドグラブ賞:4回
  • シルバースラッガー賞:2回
  • フィールディング・バイブル・アワード:1回
  • 最多安打:1回
  • オールスターゲーム出場:5回
  • WBCメキシコ代表:4回
大柄な肉体ながら打撃と守備が超一流のメキシコ出身のメジャーリーガー、エイドリアン・ゴンザレス


ゴンザレスは現在までに5球団を渡り歩き、通算311本塁打を誇る超距離バッターである。
シーズン30本塁打以上を計4回マークしており、更に逆方向へ強い本塁打を量産することができるのが特徴。

しかし三振がめちゃくちゃ多いのも彼の特徴か。
シーズン100三振を計10回も記録するほど。
また鈍足故に併殺もものすごく多いのが特徴で、2度に渡りシーズン最多併殺を記録している。

ただ、彼の特筆すべき点はやはり守備だろう。
計4回のゴールドグラブ賞を受賞した守備職人で、打球反応・判断力・捕球力・俊敏力が物凄い。
また通算守備率は.995と抜群の安定力を誇る。

今回はボストン時代のゴンザレスをパワプロ2018で再現!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2011年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:159
  • 打率:.338
  • 安打:213
  • 二塁打:45
  • 三塁打:3
  • 本塁打:27
  • 打点:117
  • 盗塁:1
  • 盗塁死:0
  • 四球:74
  • 敬遠:20
  • 三振:119
  • 併殺:28
  • 守備率:.997
  • 失策:4
  • 外野手出場:2
  • 対左打率:.321
  • 得点圏打率:.337

今回は打率.338とリーグ最多安打をマークした2011年をベースに作成。
ドジャース時代とどちらを作るかめちゃくちゃ悩んだ。

毎度のことながら打撃能力は若干盛り気味。

走力はEでも良いかもしれない。

それと、『扇風機』みたいな『併殺』の上位版が欲しいなって思いましたねww
併殺王』的な感じでww
それくらいに併殺が多い選手であります。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender