経歴
  • 三星ライオンズ(1995 - 2003)
  • 千葉ロッテマリーンズ(2004 - 2005)
  • 読売ジャイアンツ(2006 - 2010)
  • オリックス・バファローズ(2011 - 2011)
  • 三星ライオンズ(2012 - 2017)
タイトル・表彰・記録
  • 日本シリーズ優秀選手賞:1回
  • 月間MVP:1回
  • 東京ドームMVP:1回
  • オールスターゲーム優秀選手賞:1回
  • 2006WBCベストナイン
  • オールスターゲーム出場:2回

韓国の国民的スーパースターで、韓国プロ野球通算467本塁打を誇る長距離打者。

通算本塁打、得点、二塁打、打点、塁打、長打率、OPSにおいて韓国プロ野球歴代記録保持者。

李は2003年オフに千葉ロッテマリーンズに入団。
長打力を大いに期待され、2005年には30本塁打を放つ。
しかし打率は振るわず、オフにジャイアンツへ移籍。

ジャイアンツ移籍後の2006年は4番打者としてフル出場を果たし、打率.323、41本塁打、108打点をマーク。

翌年こそ調子を落とすも30本塁打をマーク。

以降はあまり活躍ができず、2012年に韓国プロ野球に復帰。
日韓通算2000本安打と500本塁打を達成。

2017年オフに現役引退。

今回は日本プロ野球時代の李承燁をパワプロ2018で再現!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2006年
参考データ:パワプロ13決定版、プロスピ4、プロスピAなど
  • 試合:143
  • 打率:.323
  • 安打:169
  • 二塁打:30
  • 三塁打:0
  • 本塁打:41
  • 打点:108
  • 盗塁:5
  • 盗塁死:1
  • 四球:56
  • 三振:126
  • 併殺:5
  • 得点圏打率:.325
  • 対左打率:.338
今回は日本でキャリアハイの成績を残した2006年を再現。

能力値や特殊能力は過去作を参考にしました。

ミートはBまで盛っております。

捕球は今回Bにしております。
元々捕球に関してはめちゃくちゃ定評が高く、韓国ではゴールデングラブ賞を8回受賞している。
プロスピAのOB枠では捕球A。
今回はBにさせていただきました。
ただし『エラー』は付けてます。

その他は特になしかな。

2016で作った選手は"右投"左打にしてて完全にミスってたけど、今回は大丈夫👍



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


FullSizeRender