経歴
  • 読売ジャイアンツ(2007 - 2017)
タイトル・表彰
  • 新人王

育成枠から這い上がり、"育成の星"と言われた松本哲也

松本さんは2006年に育成枠ドラフトで読売ジャイアンツに入団。

入団1年目で支配登録され、2年目に一軍初昇格。
2009年には中堅手のレギュラーを掴み、129試合に出場。
2番・中堅として繋ぎに徹底したバッティングと、俊足を活かした積極的な守備力でチームの日本一の原動力となった。

2010年も2番・中堅で開幕を迎え、怪我もあったが94試合に出場。

以降も怪我と不振と戦い、2017年オフに現役を引退。
現在はジャイアンツの三軍外野総合コーチに就任。

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2009年
参考データ:過去のパワプロ、プロスピなど
  • 試合:129
  • 打率:.293
  • 安打:109
  • 二塁打:11
  • 三塁打:1
  • 本塁打:0
  • 打点:15
  • 盗塁:16
  • 盗塁死:9
  • 犠打:27
  • 四球:21
  • 三振:59
  • 併殺:8
  • 守備率:.989
  • 失策:2
  • 補殺:6
  • 得点圏打率:.247

今回は育成出身の選手では史上初となる新人王とゴールデングラブ賞を獲得し2009年がベース。
松本選手ってめちゃくちゃ好きだったんだよなぁ。
今でも大ファンでございます。

対左打率の情報が得られなかったんだけど、プロスピを見ると対左ミートがEになっていたのでそれを参考に『対左投手E』に。

粘り打ち』で有名な選手だけど、パワプロとプロスピでは付いていない。
恐らく2ストライクの打率はそこまで高くないと思われる。
ただ、俺はイメージ的な付けたかったので…ww

ちなみに、この年の背番号は31でなく64ね。
俺も選手をアップロードする前に気付いたから要注意だ。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender