経歴
  • ヒューストン・アストロズ(1990 - 1993)
  • シカゴ・カブス(1993 - 1995)
  • ボストン・レッドソックス(1995)
  • 大阪近鉄バファローズ(1996 - 2003)
  • 読売ジャイアンツ(2004 - 2005)
  • オリックス・バファローズ(2007 - 2009)
タイトル・表彰・記録
  • 本塁打王:4回
  • 打点王:3回
  • 最高出塁率:1回
  • MVP:1回
  • ベストナイン:7回
  • 月間MVP:3回
  • オールスターゲーム出場:10回
  • 全球団から本塁打

豪快なスイングから物凄い飛距離のホームランをかっ飛ばす史上最高の助っ人との呼び声も高いタフィ・ローズ

長打力が持ち味で、シーズン40本塁打以上を7回、50本塁打以上を2回記録している。
シーズン55本塁打は歴代2位の記録。


ローズは1986年にドラフト3位でヒューストン・アストロズに入団。

1996年にバファローズと契約して来日。
1年目から全試合に出場し、27本塁打をマーク。

1999年、40本塁打101打点をマークし自身初の本塁打王と打点王を獲得。

2001年、同時の日本タイ記録となるシーズン55本塁打をマーク。
打率もキャリアハイの.327をマークし、MVP、本塁打王、ベストナインを獲得。

2003年、自身2度目となる50本塁打超えおなる51本塁打を放ち3度目の本塁打王を獲得。

日本通算13年で積み上げた本塁打は464で、これは歴代13位の記録である。

今回は近鉄時代のローズをパワプロ2018で再現してきました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2001年
参考データ:パワプロ2001決定版
  • 試合:140
  • 打率:.327
  • 安打:180
  • 二塁打:19
  • 三塁打:0
  • 本塁打:55
  • 打点:131
  • 盗塁:9
  • 盗塁死:2
  • 四球:83
  • 三振:140
  • 併殺:10
  • 守備率:.988
  • 失策:3
  • 得点圏打率:.343
  • 対左打率:.277

今回はシーズン本塁打55をマークした2001年をベースに。

引っ張り方向に物凄い飛距離をかっ飛ばすイメージが強いので『プルヒッター』を付けました。
広角打法』でも全然アリだと思ったんだけど、パワーがSもあると反対方向へ余裕でホームランが入るのよね。
ホームランの軌道や打球速度的にもプルヒッターが合ってそうだなと感じたので、今回はこちらを選択。

ちなみにパワプロ2001決定版だと、守備力がEで、エラー回避がFなんよねww
そして肩がD。

これはちょいと低くないか?!って当時からずっと思ってて、今回は肩力C、守備力D、捕球Cに。(元々同時のパワプロは全体的に低めに見積もられていた)
守備力はEのままでも良いと思うけど。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender