経歴
  • 日本ハムファイターズ(1997 - 2011)
  • 読売ジャイアンツ(2012)
  • オリックス・バファローズ(2013 - 2014)
  • 信濃グランセローズ(2015)
表彰
  • ベストナイン:1回
  • ゴールデングラブ賞:1回

パンチ力のあるバッティングが魅力的だった強打捕手・高橋信二

高橋さんは1996年にドラフト7位でファイターズに入団。

2000年に初昇格を果たし、2003年には105試合に出場し、12本塁打をマーク。

2004年は115試合に出場し、打率.285、26本塁打、84打点をマークしてブレイク。

しかし元々怪我が多く、鶴岡慎也の台頭もあり出場機会が減少。

2009年、約5年ぶりに規定打席に到達し、打率.309をマークし初のベストナインを受賞。
またこの年から一塁手としての出場がメインとなり、110試合に出場し初のゴールデングラブ賞を獲得。

2011年のシーズン途中で金銭トレードでジャイアンツへ移籍。

オフにはオリックス・バファローズへ移籍し、2015年に現役引退。

現在は古巣ファイターズで二軍バッテリー兼打撃コーチ補佐を務めている。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2004年
参考データ:パワプロ11決定版など
  • 試合:115
  • 打率:.285
  • 安打:115
  • 二塁打:19
  • 三塁打:2
  • 本塁打:26
  • 打点:84
  • 盗塁:2
  • 盗塁死:1
  • 四球:34
  • 三振:93
  • 併殺:7
  • 守備率:.991
  • 盗塁阻止率:.250
  • 得点圏打率:.368
  • 対左打率:.242
  • 満塁時打率:.471
今回は26本塁打を放ち、キャリアハイのOPSを叩き出した2004年を再現。

基礎能力はほぼ過去作と同様。
捕球だけは自ら盛った感じ。(パワプロではF)

過去作では『粘り打ち』が付いてるんだけど、今作では『三振』との両立が不可なので粘り打ちは断念。

プルヒッター』『ケガしにくさF』は個人的に付けさせていただきました。
パワプロでは『パワーヒッター』が付いてます。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender