経歴
  • テキサス・レンジャース(1991 - 2002)
  • フロリダ・マーリンズ(2003)
  • デトロイト・タイガース(2004 - 2008)
  • ニューヨーク・ヤンキース(2009)
  • ヒューストン・アストロズ(2009)
  • テキサス・レンジャース(2010)
  • ワシントン・ナショナルズ(2010 - 2011)
表彰・記録
  • 殿堂入り
  • テキサス・レンジャース永久欠番
  • ア・リーグMVP:1回
  • リーグチャンピオンシップシリーズMVP:1回
  • シルバースラッガー賞:7回
  • ゴールドグラブ賞:13回
  • プレイヤー・オブ・ザ・マンス:3回
  • フィールディング・バイブル・アワード:1回
  • オールスターゲーム出場:14回


90・00年代のメジャーを代表する名捕手、イバン・ロドリゲス
走攻守全てが超一流の5ツールプレイヤーで、2017年には野球殿堂入りを果たす。

特に捕手としての能力が非常に高く歴代でも屈指のレベルで、捕手としての通算記録いくつも保持している。
肩力がずば抜けており、なんと通算盗塁阻止率は.457、2001年には.603と驚異の数字をマークしている。

捕球からの動作も非常に速く、座ったまま投げてもランナーを刺すほどの凄まじさである。

打撃能力も非常に高く、通算打率はなんと.296。
シーズン打率.300以上を9度も記録。(規定打席に満たないものは除く)

長打力もあり、シーズン20本塁打以上を5度記録している。

走力も平均以上で盗塁成功率はそこまで高くないが、99年には25盗塁(盗塁死12)を決めている。

今回はそんなメジャーの歴代捕手の中でもトップクラスの成績を残したロドリゲスをパワプロ2018で再現。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:1999年ベース
参考データ:MLB公式サイト、Fox Sports、選手名鑑
  • 試合:144
  • 打率:.332
  • 安打:199
  • 二塁打:29
  • 三塁打:1
  • 本塁打:35
  • 打点:113
  • 盗塁:25
  • 盗塁死:12
  • 四球:24
  • 三振:64
  • 併殺:31
  • 守備率:.993
  • 捕逸:1
  • 盗塁刺:41
  • 盗塁阻止率:.547
  • 対左打率:.325
  • リーディングオフ打率:.358
  • 満塁時打率:.333(本塁打1)
  • 得点圏打率:.311

今回は打撃面で最高の成績を残した1999年をベースに作りました。
強すぎて引くwwwwwwww

ちなみにミートだけは毎度のことながら高めに設定しております。

本当は『アベレージヒッター』を付けようかなって思ったんですよね。
通算安打も2800以上だし、打率も毎年高い。
でもまぁいいかなって。

肩力とか守備力は賛否が分かれるだろうけど、俺はどちらもにしたかった。
本当は捕球もSにしたかったんだけど、それはいくらなんでも強すぎるだろうと思ってwwww

それくらいポテンシャルが高い選手なんよなぁ。

全盛期は三振が少ないから『粘り打ち』を付けようかどうかも悩んだんだけど、2ストライク時の打率が分からなくて断念。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


FullSizeRender