経歴
  • 横浜ベイスターズ(1989 - 2001)
  • 中日ドラゴンズ(2001 - 2015)
表彰・記録
  • ベストナイン:1回
  • ゴールデングラブ賞:6回
  • 最優秀バッテリー賞:4回
  • 日本シリーズ優秀選手賞:1回

90、00年代を代表する捕手として活躍した谷繁元信
ベテランになっても試合出場を続け、プロ通算27年間で3021試合出場は日本プロ野球歴代記録となっている。

捕手としてのリード力や捕球技術を非常に高く評価されており、古田さんや落合さんからも一目置かれていた。

谷繁さんは1988年にドラフト1位で横浜大洋ホエールズに入団。
入団1年目から捕手として80試合に出場。

1998年には正捕手としてマシンガン打線を支え、チームを38年ぶりのリーグ優勝・日本一に導く。
更に、自身初のゴールデングラブ賞と最優秀バッテリー賞を獲得。

2001年オフ、FA宣言をして中日ドラゴンズへ移籍。

2004年、監督に落合博満さんが就任し、背番号が27に変更になる。
チームの要としてリーグ優勝に導く。

2013年5月6日に通算2000本安打を達成、また6月30日には王貞治さんが保持していた通算出場試合の記録を塗り替えた。
オフには選手兼任監督として指揮をとり、2015年オフに現役引退。


今回はベイスターズ時代の谷繁さんをパワプロ2018で再現!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
再現年:2001年
参考データ:パワプロ8決定版など
  • 試合:137
  • 打率:.262
  • 安打:117
  • 二塁打:19
  • 三塁打:2
  • 本塁打:20
  • 打点:70
  • 盗塁:4
  • 盗塁死:2
  • 犠打:9
  • 四球:65
  • 三振:107
  • 併殺:6
  • 守備率:.997
  • 盗塁阻止率:.543
  • 盗塁刺:44
  • 得点圏打率:.242
  • 対左打率:.221

今回は横浜時代最終年を再現。

ほぼほぼパワプロと同じなんだけど、肩力と捕球は1ランクくらい盛ってます。

盗塁阻止率リーグ1位を記録しているし、肩力A・送球Aでも良いのかなと個人的に思いまして。

この年はリーグ優勝をしていないんだけど、個人的に『キャッチャーB』にしたかったので…
Aでも良いんかな??
OB枠で収録されている谷繁さんってキャッチャーB?A?
忘れたわwww


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender