経歴
  • コロラド・ロッキーズ(2013 - )
タイトル・表彰・記録
  • 本塁打王:2回
  • 打点王:2回
  • ゴールドグラブ賞:5回
  • シルバースラッガー賞:3回
  • フィールディング・バイブル・アワード:2回
  • オールスターゲーム出場:3回
  • 2017年WBCアメリカ代表


しかし、バッティングだけでなく守備も超一流。
強肩を活かした矢のような送球、異常なまでの守備範囲で5年連続でゴールドグラブ賞を獲得した名手である。
まさに化け物であるww



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
再現年:2016年をベースに2017年の要素も
参考データ:選手名鑑、MLB公式サイト
  • 試合:160
  • 打率:.294
  • 安打:182
  • 二塁打:35
  • 三塁打:6
  • 本塁打:41
  • 打点:133
  • 四球:68
  • 盗塁:2
  • 盗塁死:3
  • 三振:103
  • 併殺:17
  • 守備率:.973
  • 失策:13
  • 対左打率:.267
  • 得点圏打率:.356
  • 満塁時打率:.385(本塁打1)
今回は2年連続で打撃二冠王に輝いた2016年。

広角打法』ではなく『プルヒッター』の方が良かったかもしれない。
基本的に引っ張り方向に強い打球を飛ばすんだけど、2017年頃から反対方向への本塁打がかなり増えた印象。

マイナス特殊能力がかなり多いため、★の評価は低め。
肩力はもっと上げたかったんだけど、筋力ポイントが全然足りず、ギリSで断念。

初球◯』も付ければ良かったかな。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender