style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">


おっす!

去年の2月から続けていたVC版ポケモンの図鑑完成の旅(赤&金)が遂に終了。

実はそれらのポケモンを、ウルトラサンムーンに持ってくることができるという素晴らしい機能がある!!
これを考えたゲームフリークさんは本当に神ですわ!!!!

てことで、今回は図鑑完成の旅の際に集めたり育てたりしたポケモンたちをウルトラサンムーンへ送って行こうと思う!

1年半ほどかけて達成したからなー、それぞれがめちゃくちゃ思い出深いなぁ。

てことでポケモン転送の流れを説明しながら進めて行くぞ!!



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


2つのソフトをダウンロードする
まず、VC版ポケモンが入っている3DSに以下のソフトをダウンロードする。
  • ポケモンバンク(年会費500円)
  • ポケムーバー(ポケモンバンク内からダウンロード可能)
この2つは、ニンテンドーショップで無料でダウンロードが可能。

ただし、ポケモンバンクを使用するのには年会費500円を支払う必要があるので、実質無料というわけではない。


FullSizeRender
ポケムーバーは、ポケモンバンクを起動してアプリ内からダウンロードが可能。

画像ではダウンロード済みになってるけど、この項目からダウンロードが可能。



VC版ポケモンでの準備
ポケモンバングに転送する前に、各ソフトで以下の事をやっておく必要がある。

FullSizeRender
  • 転送するポケモンを全てボックス1に入れる。
  • 金銀クリスタルの場合は上記に加え、持ち物を外しておく。
今回はとりあえず、どんな隠れ特性を持っているか気になるポケモンのみ。

性格を厳選したいポケモンなどは別に後ほど紹介いたす。


ポケムーバーを使用する
FullSizeRender
準備ができたらポケムーバーを起動する。
テーマが全く関係のないカービィですまないwwwwww


FullSizeRender
ポケムーバーを起動したら、転送したいソフトを選択する。



FullSizeRender
ソフトを選択すると、『このボックスを転送しますか?』と出るので『はい』を選択。

ここで注意してほしいのは、一度転送したポケモンは戻せない&転送元のポケモンは消えるということ。
よって送るときは慎重に。

転送が終わったらポケムーバーですることはもう無い。



ポケモンバンクを起動する
ポケモンを転送したいソフトを選択して、ポケモンバンクを起動する。

今回はウルトラムーンを挿して起動する。


FullSizeRender
先程転送したポケモンは、ポケモンバンクの転送ボックスというものに入れられている。(バンク1とバンク100の間)



FullSizeRender
転送ボックスからウルトラムーンのボックスに移動させ、Xボタンを押してレポートを書く。

これで完了だ!!!!!



転送先のソフトを起動しよう
FullSizeRender
ソフトを起動して、転送したポケモンがボックスに入っていればOK!



IMG_9244
VC産のポケモンには、このようにゲームボーイのマークが付いているので一目で確認可能。
このマークが俺的に地味にアツイww

てか、ウィンディの隠れ特性ってせいぎのこころなのか!


VC産ポケモンの特徴
  • ゲームボーイのマークが付いている
  • ランダムで3Vが確定
  • 隠れ特性
  • モンスターボールに入っている
3Vと隠れ特性が確定ってところがアツイ。
なんとホウオウやミュウツーなどの伝説のポケモンも隠れ特性でやってくる。


FullSizeRender
キキョウシティで交換して貰ったコンタのイワークも……w
地味に貴重なのではなかろうか!

てかハガネールの特性ってちからずくなのか!
へぇー!!
かなり強い特性よな!!


てことで、今回はVC版からポケモンを送る方法の紹介でした。

昔のポケモンが現代でも活躍できるって、マジですげぇよな!