経歴
  • 福岡ソフトバンクホークス(2000 - 2011)
  • シアトル・マリナーズ(2012)
  • トロント・ブルージェイズ(2013 - 2015)
  • シカゴ・カブス(2016)
  • 福岡ソフトバンクホークス(2017)
タイトル・表彰・記録
  • 盗塁王:1回
  • 最多安打:1回
  • ベストナイン:2回
  • ゴールデングラブ賞:2回
  • 月間MVP:1回
  • オールスターゲーム優秀選手賞:1回
  • オールスターゲーム出場:8回

球界屈指のムードメーカーで、メジャーリーグでもその持ち味を発揮をした川﨑宗則

川﨑さんは1999年にドラフト4位でホークスに入団。
入団から数年は遊撃手に加え、三塁手として出場することも多かった。

2003年、133試合に出場し、打率.294、30盗塁をマーク。

2004年、打率.303で初の3割越え、171安打で最多安打、42盗塁で盗塁王を獲得。
同時にベストナインとゴールデングラブ賞にも選出された。

2005年から2008年にかけては怪我の影響もあり試合出場が減少するが、2009年は143試合に出場。
44盗塁をマーク。

2010年、全試合出場を果たし、打率.316、190安打、4本塁打、53打点といずれもキャリアハイの成績を残す。

2011年オフには海外FA権を行使し、2012年にシアトル・マリナーズと契約。

2017年にホークスと契約し6年ぶりに日本球界復帰するが、2018年に自由契約となる。


今回は、ホークス時代の川﨑選手をパワプロ2018で再現。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2010年ベース
参考データ:パワプロ2010、プロスピ2010、プロスピ2011など
  • 試合:144
  • 打率:.316
  • 安打:190
  • 二塁打:27
  • 三塁打:4
  • 本塁打:4
  • 打点:53
  • 盗塁:30
  • 盗塁死:11
  • 犠打:10
  • 四球:43
  • 三振:86
  • 併殺:6
  • 出塁率:.350
  • 守備率:.977
  • 失策:14
再現年は打率や安打数などでキャリアハイの成績を残した2010年。

特殊能力はほぼほぼ過去作を参考に。

独断で付けたのが『かく乱』『盗塁C』『エラー』あたり。
この年は守備範囲が狭かったというデータが出てるらしいんだけど守備力に。
これはCで良かったなと今更反省中。

参考までに、プロスピでは守備力or捕球
パワプロでは守備力捕球
また今回は付けたけど、『内野安打◯』はあってもなくても良いかもって感じ。

バント◯』は前年のデータも考慮して付けた感じ。(パワプロでは付いておらず、プロスピでは付いてる)


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


FullSizeRender