経歴
  • クリーブランド・インディアンス(2011 - )
タイトル・表彰
  • 最多勝:2回
  • 最優秀防御率:1回
  • サイ・ヤング賞:2回
  • ピッチャー・オブ・ザ・マンス:1回
  • オールスターゲーム出場:1回

切れ味抜群の変化球を武器に、サイ・ヤング賞を複数回獲得した超一流ピッチャー、コーリー・クルーバー

クルーバーは2007年にドラフト4巡目でパドレスに入団。

2010年にインディアンスへ移籍し、2011年にメジャーデビュー。

2013年、先発ローテーションに定着し、11勝を挙げる。

2014年、34試合に先発登板し、防御率2.44、18勝9敗、269奪三振をマークし、最多勝とサイ・ヤング賞を獲得し、チームの不動のエースとして君臨するようになる。

2015年は不調が続きリーグ最多の16敗を喫するが、2016年には18勝を挙げて完全復活。

2017年、防御率2.25で最優秀防御率、18勝で自身2度目となる最多勝とサイ・ヤング賞を獲得した。



クルーバーと言えば何と言っても変化球のキレだろう。
数種類のスライダーとシンカー(ツーシーム)はどれも一級品。

また4年連続でシーズン200回登板、200奪三振を記録中。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2017年
参考データ:MLB The Show、選手名鑑、MLB公式サイト
  • 試合:29
  • 防御率:2.25
  • 勝敗:18勝4敗
  • 投球回:203.2
  • 完投:
  • 完封:
  • 勝率:.818
  • 奪三振:265
  • 与四球:36
  • WHIP:0.87
  • 対左被打率:.200
  • 得点圏被打率:.268
今回は、最優秀防御率、最多勝、サイ・ヤング賞を獲得した2017年!

特筆すべきは変化球だろうか。

鋭く落ちる低速スライダーは、書籍やメディアによっては『カーブ』と称されることもある。
握りはスライダーで、軌道がカーブ。
その低速スライダーは今回は『スラーブ』に。

また、145km/hを超える高速スライダーも、書籍やメディアによってはカットボールと称されることも。
俺は、高速スライダーをベースに球速が145km/h以上になるように調整。

更に、ツーシームは『高速シンカー』や『シンキングファスト』と称されることが多い。
曲がり方がシンカーに近いためそう呼ばれている。
しかもめちゃくちゃ落ちる。
よって、今回は高速シンカーで再現。

スタミナに関してはAにして『回復A』にしようかどうか非常に悩んだ。
まぁでも今回はスタミナの『回復B』にしたけど、やはり前者の方が良かったか。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender