【パワプロ2018】再現選手 – 2010 ブライアン・ファルケンボーグ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • ボルティモア・オリオールズ(1999)
  • ロサンゼルス・ドジャース(2004)
  • サンディエゴ・パドレス(2005)
  • セントルイス・カージナルス(2006 – 2007)
  • ロサンゼルス・ドジャース(2008)
  • サンディエゴ・パドレス(2008)
  • 福岡ソフトバンクホークス(2009 – 2013)
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス(2014)

タイトル・表彰

  • 最優秀中継ぎ投手:1回
  • 日本シリーズ優秀選手賞:1回

選手の特徴

角度のある豪速球と抜群の制球力を誇った助っ人外国人リリーフ投手・ファルケンボーグ

ファルケンボーグは、2009年にホークスに入団。
来日1年目からセットアッパーとして活躍し、摂津正・馬原孝浩らと形成したリリーフ陣はSBMと呼ばれた。
最終的に46試合に登板し、防御率1.74、23ホールドをマーク。

2010年、前年に引き続きセットアッパーとして活躍。
60試合に登板し、防御率1.04、39ホールドをマークし、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。

2012年頃から怪我に悩まされるようになり、2014年オフにイーグルスへ移籍。


今回は、ホークス時代のファルケンボーグをパワプロ2018で再現!

スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2010年
参考データ:プロ野球選手名鑑、パワプロ2010、プロスピ2010など
  • 試合:60
  • 防御率:1.04
  • 投球回:62
  • 勝敗:3勝2敗
  • ホールド:39
  • 被本塁打:0
  • 四球:8
  • 奪三振:83
  • WHIP:0.76

補足

今回は、最優秀中継ぎ投手を獲得した2010年をベースに。
この年のファルケンボーグの凄さは圧巻でしたよね…
打たれる気がしなかった。

威圧感』を付けるかどうか最後の最後まで悩みました。
プロスピでは付いてるんだけど、結局付けるのをやめてしまった!

重い球』を付けるのはアリだと思うんだけど、基本的にデフォルト選手にこの特殊能力が付くことってほぼ無いので見送り。

リリース◯』はプロスピから。

球速安定』は独断で。

スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender