経歴
  • 埼玉西武ライオンズ(2005 - 2013)
  • 千葉ロッテマリーンズ(2014 - )
タイトル・表彰
  • 最多勝:3回
  • 月間MVP:3回
  • ゴールデングラブ賞:4回
  • 最優秀バッテリー賞:1回
  • 沢村賞:1回
  • クライマックスシリーズMVP:1回

多彩な変化球と無尽蔵のスタミナを誇る涌井秀章選手。

涌井さんは、2004年にドラフト1位でライオンズに入団。

入団2年目の2006年頃から先発ローテーションに定着し、防御率3.24、12勝8敗をマーク。

2007年、防御率2.79、17勝10敗をマークし、初の最多勝のタイトルを獲得。

2009年、第2回WBC日本代表メンバーに選出され、リリーフとして3試合に登板。
シーズンでは防御率2.30、16勝6敗、199奪三振をマークし、自身2度目となる最多勝を獲得。

2011年後半からは怪我や不調に悩まされ、2012年は抑えを務め、30セーブを挙げる。

2013年オフにFA権を行使し、千葉ロッテマリーンズへ移籍、現在に至る。


今回はライオンズ時代の涌井選手をパワプロ2018で再現!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2009年をベースに他年度の要素も
参考データ:プロスピ2009、パワプロ2010など
  • 試合:27
  • 防御率:2.30
  • 投球回:211.2
  • 勝敗:16勝6敗
  • 完投:11
  • 完封:
  • 被本塁打:12
  • 四球:76
  • 死球:9
  • 奪三振:199
  • WHIP:1.12
  • 守備率:.939
今回は沢村賞を獲得した2009年をベースにしています。

コントロールはDにしているけど、F〜Eでも良かったかもしれない。

また、クイックはE、『シュート回転』も付けるべきだったかなと。

守備力には定評があるためBにしたけど、捕球はE〜Dでも良かったかもしれない。

また、この年はWBCでリリーフを務めたということで、中継ぎ適性を付けております。

シュートは変化量をもう1ランク上げても良いか。

この選手は、またサイレントに修正する可能性あり。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender