経歴
  • 横浜ベイスターズ(2003 - 2012)
  • 福岡ソフトバンクホークス(2013 - )
表彰
  • クライマックスシリーズMVP:1回

引っ張り方向への強い打球が魅力的な吉村裕基選手。

吉村選手は、2002年にドラフト5位で横浜ベイスターズに入団。
入団当初は内野手登録。

2006年、開幕一軍入りを果たし、主に右翼手として111試合に出場、打率.311、26本塁打、66打点をマークした。

2007年、主に一塁手として定着し、打率.274、24本塁打、85打点をマーク。

2008年、出場試合全てを右翼手として出場し、打率.260、34本塁打、91打点をマーク。

2010年以降は不振が続き出場機会も減少。

2012年オフにトレードでホークスへ移籍し
、現在に至る。


今回は、横浜時代の吉村選手をパワプロ2018で再現!



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
再現年:2008年
参考データ:プロスピ5完全版
  • 試合:143
  • 打率:.260
  • 安打:138
  • 本塁打:34
  • 打点:91
  • 盗塁:9
  • 盗塁死:5
  • 三振:135
  • 得点圏打率:.248
  • 守備率:.992
参考データはプロスピ5。

プロスピだと『バント2』が付いていたんですよねww
吉村選手ってバントが巧いんか?!

選手能力に関しては特に言うことなし。

対左打率のデータが入手できなかったんだけど、プロスピでの対左ミートがDになっていたので、『対左投手C』に。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender