経歴
  • 西武ライオンズ(1997 - 2007)
  • 中日ドラゴンズ(2008 - 2015)
タイトル・表彰
  • 首位打者:1回
  • 最多安打:1回
  • 最高出塁率:1回
  • MVP:1回
  • ベストナイン:6回
  • 月間MVP:3回
  • 日本シリーズ優秀選手賞:3回

独特のオープンスタンス打法から本塁打と安打を量産してきた和田一浩

和田さんは1996年にドラフト4位で西武ライオンズに入団。
当初は捕手としての入団で、1997〜2001年まで捕手として出場。

2002年、外野手に転向すると打撃能力が開花。
115試合に出場し、打率.319、33本塁打、81打点をマークし、ベストナインを受賞。
この年から5年連続でベストナインを受賞している。

2003年、キャリアハイの打率.346をマーク。
また2年連続30本塁打をマーク。

2004年も30本塁打をマークし、3年連続30本塁打を達成した。

2005年、打率.322、153安打をマークし、自身初の首位打者と最多安打のタイトルを獲得。

2007年オフにFA宣言をし、中日ドラゴンズへ移籍した。


今回は西武時代の和田さんをパワプロ2018で再現!!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
再現年:2003年
参考データ:パワプロ10超決定版、プロスピ2004
  • 試合:126
  • 打率:.346
  • 安打:162
  • 二塁打:34
  • 三塁打:5
  • 本塁打:30
  • 打点:89
  • 盗塁:8
  • 盗塁死:5
  • 四球:66
  • 三振:46
  • 併殺:10
  • 守備率:.981
  • 補殺:9
  • 失策:4
  • 得点圏打率:.379
和田さんはパワプロ2018のOB枠で収録されてるんだけど、恐らくそちらは2010年の中日時代がベースだと思われるので、今回は西武時代を再現させていただきました。

これは結構アレンジを加えていて、まずミートをAにして『アベレージヒッター』を無しに。
パワプロとプロスピではミートBで『アベレージヒッター』が付いています。

ミートに関しては、かなり盛りすぎた感が否めない。
81〜83が妥当だったかも?

チャンスC』『盗塁E』『固め打ち』『走塁B』『ハイボールヒッター』『選球眼』なども独断で付けております。

走力も過去作ではFなのですが、今回は(49)に。

でもまぁ良い感じに出来上がりました!


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


FullSizeRender