• ニューヨーク・ヤンキース(2016 - )
タイトル・表彰
  • 本塁打王:1回
  • シルバースラッガー賞:1回
  • 新人王:1回

2017年、新人シーズン本塁打記録を塗り替えたヤンキースの若き大砲、アーロン・ジャッジ

ジャッジは2013年にドラフト1位でニューヨーク・ヤンキースに入団。

2016年にメジャー初昇格を果たし、27試合に出場するも打率.179と奮わなかった。

2017年、打撃コーチとの猛特訓の末に大ブレイク。
前半戦のみで打率.329、30本塁打、66打点と驚異的な成績を残す。
調子の波こそ激しかったが、最終的に打率.284、52本塁打、114打点、OPS1.049という真実としては規格外の成績を残して本塁打王・シルバースラッガー賞・新人王を獲得。

シーズン52本塁打はメジャー新人記録、新人で100打点は球団史上4人目の快挙など数々の記録を打ち立てた。

ヤンキースのスターとしての将来性は抜群の選手である。


今回はそんなジャッジをパワプロ2018で再現してきました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
再現年:2017年
  • 試合:155
  • 打率:.284
  • 安打:154
  • 二塁打:24
  • 三塁打:3
  • 本塁打:52
  • 打点:114
  • 盗塁:9
  • 盗塁死:4
  • 四球:127
  • 敬遠:11
  • 三振:208
  • 守備率:.982
  • 対左打率:.230
  • 得点圏打率:.262
  • リーディングオフ:.340
野手能力に関しては特に文句なし!!

アーチスト』は今回見送って、『パワーヒッター』にしました!
そのかわり、パワーは95のSに。
やはり新人かつ単年の成績だからってのが頭にあってね。

一番の反省点は『選球眼』を付け忘れたこと。
これは本当に申し訳ねぇ…
元々付けようと思ってメモに書き出しておいたのに忘れてしまった…。

『対左投手』はFにしようかどうか悩んだ挙句、Eにしておきました。

てことで、この選手はまた修正してサイレントにアップし直す予定でございます。(選球眼のためだけにw)


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender