• 近鉄バファローズ(1990 - 1994)
  • ロサンゼルス・ドジャース(1995 - 1998)
  • ニューヨーク・メッツ(1998)
  • ミルウォーキー・ブルワーズ(1999)
  • デトロイト・タイガース(2000)
  • ボストン・レッドソックス(2001)
  • ロサンゼルス・ドジャース(2002 - 2004)
  • タンパベイ・レイズ(2005)
  • カンザスシティ・ロイヤルズ(2008)

日本人メジャーリーガーのパイオニア・野茂英雄
当時日本では主流ではなかったメジャーリーグ挑戦へのきっかけを作った偉大で尊敬に値する元プロ野球選手である。

野茂さんは1989年にドラフト1位で近鉄バファローズに入団。

1990年、新人ながら先発ローテション入りを果たし、防御率2.91で最優秀防御率、18勝で最多勝、287奪三振で最多奪三振、最高勝率こタイトルを獲得し投手四冠を達成、そのほか新人王、MVP、沢村賞、ベストナインなどの表彰を総ナメにする。

デビューから1993年まで4年連続最多勝、4年連続最多奪三振のタイトルを獲得。
また投球回と与四球も4年連続リーグ最多を記録。

しかし1994年に球団と確執が生じ、任意引退扱いで退団。
これがメジャーリーグに挑戦するキッカケとなる。

1995年にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶ。
年俸は1億4000万円から980万円に。
メジャーに昇格すると、大方の予想とは裏腹に大活躍を見せる。
シーズン防御率2.54で13勝6敗を挙げ、236奪三振で最多奪三振のタイトルを獲得。
また新人王にも輝く。しかもこの新人王はブレーブスのフランチャイズプレイヤーで有名なチッパー・ジョーンズを抑えての受賞であった。

オールスターゲームにも選出されて先発投手として登板したり、サイ・ヤング賞の投票でも4位に入るほどの活躍を見せた。


1996年は球団史上2位となる1試合17奪三振を記録。
更に9月17日にはノーヒットノーランを達成。
最終的に防御率3.19、16勝11敗234奪三振を記録した。

1997年も14勝を挙げ3年連続二桁勝利を達成、奪三振も233を数え3年連続200奪三振を達成した。

1998年のシーズン中盤にニューヨーク・メッツに移籍。

2000年オフにはボストン・レッドソックスと契約。
2001年、9月16日に自身2度目となるノーヒットノーランを達成。
両リーグ通じての達成は史上4人目であり、オリオールズのホーム球場であるカムデン・ヤーズにおける達成はメジャー史上初。
6月には日米通算2500奪三振を達成、シーズンでは220奪三振を記録して、自身2度目となる最多奪三振のタイトルを獲得。

2005年頃からはマイナー暮らしが続くようになり、2008年に現役引退を表明した。


今回はメジャーリーグ時代の野茂英雄さんをパワプロ2018で再現してきました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">
FullSizeRender
FullSizeRender
再現年はメジャー1年目の1995年をベースに、後の3年の要素も取り入れています。
  • 試合:28
  • 防御率:2.54
  • 投球回:191.1
  • 勝敗:13勝6敗
  • 完封:
  • 奪三振:236
  • 与四球:78
  • 暴投:19
  • 対左被打率:.200
  • 得点圏被打率:.221
めちゃくちゃ良い感じにできましたな!!
仮にコントロールがAとかだったら★500に到達していたのではなかろうか。

最大球速に関しては明確なデータが無い。
日本では153、メジャーでは156が最速と言われている模様。
1995年に至っては153〜154だったという情報が海外サイトにあったので今回は154に。

スタミナはMAXでも良いくらいだけどとりあえず96で。

ドクターK』のみは必須。
これが無ければ野茂さんじゃない。(元祖ではないが元々は野茂さんのニックネーム)

海外では『重い球』でも有名だったので特殊能力を付けてます。
しかし、重い球だけど被本塁打が多いww
日米通算被本塁打は334で、被本塁打率はなんと0.993%。
95年だけで言うと0.660%、メジャー通算だと1.143。
一発病で有名な川上憲伸さんは日米通算0.921%で、日米通算で言うと野茂さんの方が打たれやすいという。
ただ、野茂さんの場合は打者有利の球場で投げることが多かったってのもあるけど、どちらせよ日本時代から被本塁打は多いので『一発』は付けて良いと思う。
95年のみに限定するなら要らないか。

この年の月別防御率は、
  • 5月… 3.82
  • 6月… 0.89
  • 7月… 2.00
  • 8月… 3.73
  • 9月… 2.90
と結構波があるので『調子極端』を付けても良いのではなかろうか。

また、ワインドアップのトルネード投法に目が行きがちだけど、意外にもクイックは速いので『クイックC』。

野手能力なんだけど、パワーはめちゃくちゃあるww
メジャー通算4本塁打は日本人投手最多。
ということで弾道3パワーE。
通算打率は.133なのでGで良いと思う。
扇風機』を付けても良いくらいに三振率が高いので、もっとリアリティを出すなら。

通算守備率は.958で、95年は.857とかなり低い。
よってE。
Fでも全然良いわな。

てことで今回はそこそこ拘って作らせていただきました!
ペナントや試合で試運転しましたけど、エグいくらいに三振が取れますwww
まさにドクターK!

てことで是非とも使ってみてください。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender