• 阪神タイガース(1999 - 2012)
  • シカゴ・カブス(2013 - 2014)
  • テキサス・レンジャーズ(2015)
  • 阪神タイガース(2016 - )
獲得タイトル・表彰
  • 最優秀中継ぎ:2回
  • 最多セーブ:2回

異常なまでの回転数と球威のあるストレートで打者をねじ伏せる藤川球児選手。
そのストレートは『火の玉ストレート』と呼ばれ、"来ると分かっていても打てない"ほどの凄まじい威力を持っていた。


とにかくノビが半端じゃない。

藤川選手は1998年にドラフト1位で阪神タイガースに入団。
入団してから5年ほどは先発投手として出場するも結果が出せずにいた。

2005年に中継ぎ投手として一軍に定着すると才能が開花。
リーグ最多の80試合に登板し、防御率1.36、46ホールドで最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。
この頃、同僚のジェフ・ウィリアムス、久保田智之らと共に、最強リリーフ陣"JFK"と呼ばれていた。
奪三振率はなんと13.55。

2006年も中継ぎ投手として30ホールドを記録して、2年連続最優秀中継ぎ投手を獲得。
チームの事情からクローザーを任された時期もあり、そちらでも抜群の安定感を発揮した。

2007年からは守護神として定着。
防御率1.63、46セーブを挙げ、最多セーブ王のタイトルを獲得。

2011年、41セーブを挙げ、自身2度目の最多セーブ王を獲得。

2012年オフには海外FA権を行使、シカゴ・カブスへ移籍。

独立リーグを経て2016年に古巣タイガースに復帰して現在に至る。


今回も、藤川選手の全盛期をパワプロ2018で再現してきました!!!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
​再現年は2006年をベースに、2005年、2007年の要素も取り入れております。

【参考データ】プロスピ3〜5、パワプロ13決定版
  • 試合:63
  • 防御率:0.68
  • セーブ:17
  • ホールド:30
  • 奪三振:122
  • 奪三振率:13.85
  • 与四球:22
今回コントロールはBにしてて、パワプロでもBなんだけど、Cでも良かったと思うわ。
結果な確率で外角高めに外れるんよなww
まさに『逃げ球』的な!
それでも振ってしまうストレート…。

ノビはAで、回復はB。

リリース◯』『球速安定』、野手能力・変化球はプロスピから、
対ピンチ』『奪三振』『力配分』はパワプロから、
威圧感』『逃げ球』は両方から。

てな感じで特殊能力を付けて行ったらめちゃくちゃ強くなってしまったwwww


更に、オリジナル変化球で火の玉ストレートを再現!!
ただ単にノビだけをガーーンと5段階くらい上げたんですけど、マジで火の玉ストレートっぽくなって感動した!

リアルの球児と同じように、高めに投げると面白いくらいに三振が取れる!!
これは是非とも実際に使って体感してみてほしい!!


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender