【KH1】くまのプーさん『100エーカーの森』のシナリオ完走を目指す!(後編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー

おっす!!!!!!

本日は『くまのプーさん』のワールドの最終回でございます!!!!!

今のところこれと言った事件は起きていないのだが、果たしてどんなエンディングを迎えるのだろうかwww

スポンサーリンク

第4話

さぁ、続いてソラが訪れたのはたくさんの切り株がある場所。

ティガーがぴょんぴょんと跳ねまくってるけど、ここが前に言っていたティガーの遊び場だろうか??

てかよ、切り株を見るとどうしてもどうぶつの森を思い出してしまうなwwwwこれはある意味病気ですわww

そして、ソラもジャンプ遊びに誘われたぞwwひたすらジャンプするだけの遊びっすか…?!w

3秒くらいで飽きそうなのだがwwwwwww

そして、ティガーと一緒に遊んでいたのはルーというカンガルーの子供。めちゃくちゃ可愛い……ww

カンガルーの子供って妙に可愛いよなぁ。。

ちなみにディズニーの作品を見ながらいう話では無いのだが、カンガルーってオーストラリアでは普通に食うらしいよ😱

普通にバーベキューやステーキ、ミンチとかにして食べるらしい。そもそもカンガルーってオーストラリアでは害獣な上に個体数がとんでもないようで、駆除してついでに食べるみたいな感じらしい。

って、俺はなんの話をしとるんだwwww

この場所を訪れると、特に物語の展開はなくすぐにミニゲームが始まった。

内容は、ティガーの切り株ジャンプを真似するってだけ。覚えゲーみたいな感じで、少しずつ難しくなって行くって流れだ。

これも超シンプルなミニゲームなんだけど、地味に楽しいっていうねww楽しいけど、はっきり言ってクソゲーですwwwww(えっ)

また、ツボから飛び出してくるリンゴを打ち返してツボを破壊するというミニゲームもプレイさせられました。

これもまた持ち前のカメラワークの悪さのせいで地味に難しいミニゲームだったぞwww

ちなみに、今回はこの2つのミニゲームをクリアしておしまい。マジで話がなにも進んでいないwww

最後もミニゲームをやっておしまいみたいな感じな気がする……www

スポンサーリンク

第5話

続いてソラがやってきたのは、泥まみれの道がある場所。

プーが泥の上をのっそのっそと歩いているが、一体なにをしているのだろうかwww

プーの行動は予想がつかなすぎてマジでオモロイんだけどww

なんとこの場所には、プー以外のみんなを何処かへと連れて行ってしまった悪い人の足跡があるらしい。

待って、敵みたいなヤツがこの世界に入り込んでいるのか?!

そもそも、本のページがちぎれてしまったからプーの仲間が消えてしまったのだと思ってたけど、本当は裏で糸を引いていたヤツがいた……?

そこで、プーはその足跡をこっそりと追跡していたみたいだな。

しかし、ちょっと話が読めないwwwwどゆことww

今回のミニゲームは、プーのロックオンして誘導し、このマップに隠れているプーの仲間たちを探すというもの。

てか、後半になるにつれ、ただミニゲームをこなすだけになってきてて少し面白みに欠けるな!

ただ、このミニゲーム自体はそこそこなギミックがあって結構楽しかったわww

ミニゲームを終えて、全てのキャラクターを見つけるとラストイベントが発生。

こうしてプーの仲間全員を完全に見つけられたので、ソラの役目は終わりってことかな?

ちょっとよく分からんなwwww

ジミニーメモによると、ひとりぼっちのプーを慰めるためにソラが人肌脱いだって話らしいよ。その辺の描写が結構曖昧だから、イベントシーンだけでは理解しにくいのか。

結局、中身があるようで全くないスッカスカのワールドだったなぁ…。

こうして特に何も起きないまま、ソラとプーはさよなら。

いや、プー以外の皆んながいなくなってしまったのが最大の事件か。

てかさ、カンガルーのお母さんは出てこないのね。息子は出てきてるのにwwプーの世界ではメインキャラではないということなのだろうか。

こうしてプーの物語はおしまい。

本の表紙にはプー、ティガー、ピグレット…そしてソラの絵が描かれていた。

内容はともかく、この演出は素晴らしいわ!なんだかホッコリする☺️

結局、プーのワールドは最初の1〜2話がピークだったなwwそれ以降はなんだか盛り上がりに欠けてたというかなんというか…。まぁええか!

ちなみに、5枚目のページをクリアすると『EXPリング』ってのが貰えるんだけど、ほとんどこれのためにこのワールドをプレイしたようなものなのよねww

これは装備することで、獲得経験値が20%上乗せされるって効果を持つスーパーアクセサリーである!

ここでしか入手できないから、是非とも取っておきたいアイテムだ。

てことで、思った以上に楽しくないワールドだったんだけど、100エーカーの森を完走するという昔からの夢が叶えられて良かったと思う!

今後もこのゲームのトロフィー集めは続けて行くので、気になる人は要チェック!