【FF8】G.F.使用の代償が重い?!スコールたちの過去に迫る!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おっす!!

 
 
IMG_5821
バラムでの一悶着が終わり「何処へ行く?」って話になった時に、セルフィが「トラビアガーデンへ行ってみる?」と言い始めた。
 
トラビアと言えば、ミサイル攻撃を受けたガーデンである。
 
そもそも本当にミサイルが直撃したのかどうかも確認できていないし、行ってみる価値はあるだろう。
 
 
 
IMG_5823
てことでトラビアガーデンへとやってきたわけだが、ミサイル直撃は避けられなかったようだ…。
 
ガーデンとしての形はそれなりに残っているものの、機能はしていない模様。
 
 
IMG_5824
西側には無数の墓が……。
 
しかもその中にはティンバー・マニアックスが落ちているというギャップが怖いwww
 
ティンバー・マニアックスコンプはトロコンに必須だから必ず拾っておけよぅ…。
 
 
 
IMG_5825
ステージには不発弾がおぞましい姿で残っている……。
 
生徒が近くに何人かいるけど大丈夫なんか?!?!?!
これは一刻も早く全員で退避した方が良いと思うが……。
 
 
 
IMG_5826
トラビアのバスケットコートでは、話の流れから過去の話に発展する。
 
アーヴァインらかつて孤児院で暮らしていたことがあるらしい。
てことはスコールやキスティスと同じく孤児ってことになるのか。
 
アーヴァインの他にもたくさんの孤児がいて、その頃は魔女戦争が終わった頃だったから、それで親を無くした孤児が多かったらしい。
 
 
 
IMG_5827
そう、なんとその孤児院にはセルフィとキスティスもいたという!!
 
アーヴァインはガルバディアガーデンに会った時にそれに気付いていたらしいが、セルフィとキスティスはすっかりと忘れていたらしい。
 
 
 
IMG_5828
その他、なんとゼルもその孤児院にいたという。
 
3人にして完全に忘れていたんだけど、アーヴァインの一言で完全に思い出したらしい!
 
バラムにいるゼルの両親は、養子としてゼルを引き取ったようだ。
しかし、その事実さえも忘れていたゼル…。
 
 
 
IMG_5829
その他、サイファーもいたという事実も思い出す!!
 
サイファーはいつもゼルをからかっていたようだなwww
今と変わらないなwww
子供のまま身体がデカくなって今に至る…ってか!!!
 
 
IMG_5830
IMG_5831
そして、もちろんスコールもこの孤児院にいたという。
 
いつも『おねえちゃん』の帰りを待っていたという…。
 
その『おねえちゃん』って……。
 
 
 
IMG_5832
そう、おねえちゃんこそがエルオーネだったという真実!!!!
 
彼女はスコールたちよりも少し年上で、みんなから『おねえちゃん』と呼ばれていた存在だった。
 
しかし…そのような事実までも今まですっかり忘れていたのだ。
 
 
 
IMG_5833
ラグナやレインが面倒を見ていたエルオーネが何故孤児院に…??
 
そして、エルオーネはスコールたちの精神をラグナの過去に飛ばしている。
 
少しずつラグナへ近付いて行く物語だ……。
 
 
 
IMG_5834
スコールとサイファーは引き取ってくれる人がいなくて、5歳くらいからバラムガーデンにいたらしい。
 
しかし、孤児院の頃の話なんて全然したことがなかったらしい。
しかも、サイファーを見てもそんなことも考えもしなかったらしい。
 
これを不自然に思う一同…。
 
アーヴァイン以外は皆んなして記憶喪失みたいになっているということだ。
 
 
 
IMG_5835
アーヴァインの推測では、"G.F.を使う代償"が記憶を失うことなのではないかと言う。
 
G.F.は頭の中に居場所を作るという。
しかもそれは世間的に噂されていた話らしいから、誰も信じていなかったらしい。
 
ガルバディアガーデンはG.F.の使用を禁じているらしいから、アーヴァインだけが記憶を失っていないのも頷ける。
 
セルフィが転校前に通っていたトラビアガーデンもG.F.の使用は許可していなかったんだけど、セルフィはたまたま見つけたG.F.を内緒でジャンクションしていたことがある模様。
ただ、そのG.F.の名前を思い出せないらしい。
 
てことは、やはりG.F.使用の副作用が記憶喪失ということになるが…
 
 
 
IMG_5836
そうなのよ!!!!
 
G.F.が無いと戦闘をまともにできないんだよww
ステータスアップもG.F.を装備しないことには始まらない!!
 
だから使わざる得ないのよ!!
 
ストーリーとシステムを直結させる方法が秀逸ですごい!!!
 
大抵のゲームの召喚獣って、「倒して手に入れておしまーい」みたいな感じだけど、このゲームでは召喚獣がストーリーと密接に関わっているのが面白い。(FF10とかも)
 
 
 
IMG_5837
ただ、完全に記憶喪失になっているわけではなく、『思い出せない』だけなのだ。
 
そこで、みんなで日記をつけて、忘れないようにしようという話になった。
 
 
 
 
そして、この施設にいた『まませんせい』という、皆んなの母親的存在の人物がいたことを思い出す。
 
綺麗な黒髪で、女子は皆んな憧れていたらしい……。
 
その人は一体何者…?
 
 
IMG_5842
IMG_5840
そして、全員がまませんせいを思い出し、頭の中に顔が浮かぶ……。
 
 
 
IMG_5841
その人の名前こそ"イデア・クレイマー"だったのだ。
そう、魔女イデアである!!
 
イデアはシドの妻で、SeeDを作った功労者。
 
しかし、何故あの優しかったイデアが、ガルバディアを乗っ取り、世界征服を企もうとしているのか…。
 
 
IMG_5843
スコールが言うように、かつてイデアと戦って拘束され拷問を受けていた時、サイファー伝いで『SeeDは何のために戦う?』と質問して来た。
 
確かにそれは、SeeDを作ったイデアなら知っている事実のはず。
 
ということは、イデアは二重人格もしくは何かに操られているということになる。
 
これは妥当イデアではなく、イデアを救うための戦いなのかもしれない。
だから、シドもイデアと戦う…。
 
物凄い展開で、ここで毎回鳥肌が立つ俺wwww
 
 
 
IMG_5844
そこで、イデアの孤児院へ行ってみようって話になった。
 
ゼルにしてはナイスアイデアであるwww
 
クレイマー夫妻が離れた孤児院は、今どうなっているのだろうか…。
 
 
IMG_5845
「戦わなくても解決する方法はないかな…」って言っていたリノアに対して、このスコールの優しい言葉…。
 
スコールが少しずつ変わって行ってる!!
 
かつてのスコールだったら、ここで「仕方ないだろ?現実はそう甘くない」的な感じで冷たく当たっていただろうが、まさかの言葉である!
 
この少しずつ性格が変わって行くスコールを見てるのが良いんよなぁ!
 
ちなみにリノアは孤児ではないので、過去に皆んなとの面識は無かった。
 
 
以降、スコールたちはイデアの家を探すことになるが、その前にとんでもないものが待ち受けていた!!!!
 
 
 
続く