【FF8】最初の試練!炎の洞窟のイフリートを倒せ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おっす、オラや!!!

 
先日発売されたFF8リマスター版!!
今回もマイペースにやって行くよ!!!!
 
今回はキスティス先生と共に『炎の洞窟』へ行きます!!
スコールのSeeD試験の前哨戦的なもので、これをやらないと実地試験を受けられない模様。
 
 
IMG_3265
ちなみに、バラムガーデンの1階の東側に位置する図書室の本棚で『オカルトファンⅠ』が拾える。
 
てかこれ、拾ってるっていうよりもパクってる表現の方が正しいよな????www
 
 
IMG_3266
ちなみにこの『オカルトファン』ってのは、いくつかの号に分かれている雑誌である。
しかもアイテム欄から選択すると読むこともできるのだ!
 
実はこの雑誌、とある召喚獣のヒントだったりするwww
初見プレイだったガキの頃は全号を集められなくて全く意味不明だったんだけど、20歳くらいに再プレイした時にやっと理解できたわよww
 
このオカルトファンに関してはまた別のページで詳しく書くわ👍👍
 
とりあえず寄り道はこれくらいかな!
保健室のカドワキ先生や廊下を走る少年などとカードバトルができるけど、とりあえずそれは後回しで良いべ!!
 
 
IMG_3267
そんなこんなで寄り道をしながら、正門でキスティスと合流。
 
今から『炎の洞窟』へ行きヤーーース!!
 
 
 
IMG_3270
町などの外にはワールドマップが広がっている。
当然のことながら、歩いていると雑魚モンスターが出現する。
 
てかよ、ワールドマップのグラフィックは相変わらずガタガタで笑うわwwww
 
これはリマスター云々の話ではなくて、元々のグラフィックがガタガタなのだろう!
 
 
IMG_3268
おおおおおお、戦闘画面の解像度は非常に高いぞ!!!!!!!
文字もめちゃくちゃ見やすいな!!!
 
そして、雰囲気・音楽は全て当時のままである!!!
 
 
IMG_3269
そして、このゲームの鉄板と言えば、ドローによる魔法集めであるwww
 
序盤は魔法の数が乏しいから、モンスターから吸収することで魔法を集めることで補う。
 
FF8を知らない人にとっては「魔法を集めるってどゆこと?!」ってなると思うのよww
今作では魔法は個数制になってて、1つの魔法につき100個までを集めることができる。
要は今作の魔法は有限であり、使う度に減って行く。
よって、MPの概念がないという斬新な仕様になっている。
 
 
 
IMG_3272
そして、この作品における魔法ってのは他にも変わった要素があって、なんと集めた魔法をキャラクターに装備させる(ジャンクション)ことでステータスアップする。
 
魔法によってステータスの上昇値は異なり、強力な魔法を装備すればそれだけ高い上昇が見込める。
 
また、ジャンクションしている魔法の数が増減することでもステータスが変動する。
要するにジャンクションしている魔法を使用すれば、数が減ってキャラクターは弱体化する。
 
その辺を上手く考えながら魔法をジャンクションして、キャラクターを強化して行くのがこのゲームの最大の特徴と言える。
 
だから、従来のRPGのようにただ単にレベル上げをしているだけではキャラクターは強くならない。
むしろキャラクターのレベルが上がると、敵まで強くなるという恐ろしいシステムなのである。
要するに、キャラクターのレベルをなるべく低く抑えつつ強力な魔法を集めることが、このゲームを簡単にクリアする上でのコツと言える。
 
この辺のシステムが賛否両論あるんよね!
 
俺はこのシステムはすっごく好き!!!
理解するとめちゃくちゃ楽しいシステムだと俺は思うよ!!
 
ちなみにレベルが上がらなくて良いように、雑魚と戦わなくても強力な魔法は楽に手に入るし、プレイヤーの遊びたいように進めることができるのが特徴。
ちなみにそれもあってかボスから経験値が入ることは一切ない。
 
 
IMG_3271
でな!!!
 
バラムガーデンから出てすぐの森エリアにケダチクっていうクソキモ芋虫が出現するんだけど、こいつからはケアルがドローできるから今後のために集めておいた方が良いと思う!!
 
ただ、この森にはアルケオダイノスというモンハンに出てきそうなとんでもねぇ化け物が出るから、遭遇したら即逃げなwwwww
 
 
 
IMG_3273
そして出現率は低いんだけど、バラムガーデン周辺の平原に出現するグレイスアイからはブリザドがドローできる。(ケアルも)
 
炎の洞窟を攻略する上でブリザドはめちゃくちゃ有効だから集めておく良い!!
 
 
 
IMG_3274
てことで、炎の洞窟の入り口までやって来たわ。
 
この試験は、洞窟の奥にいるボスを制限時間に倒してくること。
そして、なんと制限時間を自分で選ぶという斬新なスタイルだwww
 
これね、確か短い制限時間でクリアできると、ランクみたいなものが上がって、後々お金をたくさん貰えるようになるんよな。
 
まぁ10分でも行けると思うんだけど、ブログを書きながらだし20分にしておこうか!
 
 
 
IMG_3275
制限時間を選択するとすぐにタイマーが作動する。
 
すぐに奥へ行き、ボスを倒さねば!!!!
 
って冷静に考えたらとんでもねぇ場所よなww
こんな溶岩が間近くで流れているエリアに普段着の人間が立ち入ることは可能なのか…?!
専門家の方、ツイッターで声をかけてくれ←
 
ちなみに、メニュー画面を開いている最中も時間は進んでるっぽいね!!
 
時間を止める唯一の方法は、オプションボタン(Switchだと+ボタン)を押してポーズ画面を出すしかない。
 
 
 
FullSizeRender
炎の洞窟にはこれと言って何もない上に狭いダンジョンなので、すぐにボスのところまでたどり着ける。
 
そして、洞窟の最奥で待ち受けていたのはイフリート!!
FFシリーズでは常連の召喚獣でございます!
やっぱイフリートはカッケェよな!!
 
まぁデザインは作品によって当たり外れが多いけど、8のイフリートは結構カッコいいと思うわ!!
一番好きなのは10のイフリートだけどな!
あの獣感が堪らんのよな!!!
 
こいつは『美女と野獣』のビーストみたいだよなww
 
 
IMG_3277
ちなみにイフリートの弱点は確か氷!!
よって、先ほどドローで集めた『ブリザド』を撃ちまくってれば簡単に倒せる。
 
同じく氷属性攻撃の『シヴァ』でも大ダメージが入るからオススメだ!
ただ今作は召喚演出が長いから、時間効率で言えばブリザド連打の方が良い。
 
イフリートの攻撃もそこまで強くないんだけど、「こしゃくな人間ども!」と言いながらのジャンピングパンチ攻撃は結構強いww
大体150くらいのダメージが飛んでくる。
 
ケアル1回分の回復量より低いけどなぁぁww
 
 
 
IMG_3278
IMG_3279
イエス!!!!!!
 
難なくイフリートの撃破に成功!!!!
そして、勝利した俺たちに力を貸してくれるようだ!!
 
アリザーーーーッス!!!!
ブラック企業並みに酷使させていただきまーーーす( ◠‿◠ )
 
 
 
IMG_3280
イフリート撃破と共にトロフィーもゲット!
 
召喚獣が増えたことでまた少し強くなるね!!
 
 
 
IMG_3284
更にイフリートに勝利すると、『イフリートのカード』が確定で貰える。
個人的にこれがもっとも嬉しかったり…ww
 
このカードが序盤ではめちゃくちゃ強いから、これを軸にデュエルでガンガン勝利してカードを増やしたいところね!!
 
 
 
IMG_3283
イフリートは『HPJ』『力J』、そして『属性防御J』も習得できる。
 
『防御防御J』ってのはその名の通り、キャラクターの属性防御を強化することができる!
炎属性を無効にしたり、吸収したりするようにできるんよね!
 
その他、『炎魔法精製』や『力+20%』などとにかく今後重宝するアビリティが揃っている!!
 
 
IMG_3282
その後、無事に炎の洞窟からの脱出に成功!!
 
てかな、残りタイムは11分30秒くらいだったから、制限時間を10分にしても余裕だったなww
己の実力を全く信用していない俺←
 
 
IMG_3285
さぁ、バラムガーデンに帰ってきたぜよ!!
 
試練は終わったので、一旦キスティスとはここでお別れ。
本音を言うとドラクエみたいに一夜を共にしたいところだが、夕方から実地試験があるようなのでそんなことも言ってられん。
 
てことで今回の日記はここまでだ!
 
次回は前述した通り実地試験が行われる。
是非とも頑張りやしょう!!!