【日記】DeAGOSTINIの『週刊ゴジラをつくる』に挑戦!第13話 リヤスピーカーとフロントスピーカー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー

どうもーーーーーー!!!!!

さぁ、今日もゴジラを作るのお時間ですよ!!!

前回ね、「次号は地味だ!!!」なんて言ったんだけど、今回はかなり重要な工程かもしれんわ!それはまぁ制作パートで紹介するとして、今日も気合いを入れて行こう!!

スポンサーリンク

雑誌

  • 『キングコング対ゴジラ』④ 特撮の現場 その2
  • 失われた『ゴジラ』の映像とは?第一作『ゴジラ』の貴重な未使用シーン

今回の雑誌の内容は以上の通り。今回もたった5ページしかねぇぞwwwww

特撮の現場は毎度の写真集的な感じで、未使用シーンの画像は結構貴重なのでは……?!

まぁ基本的に俺は、他の映画でも未使用シーンってあまり興味がなくて、どちらかと言えばメイキングの方が好きだったりするww

今回の雑誌の内容も俺的にハズレかなぁ。最近は似たり寄ったりの内容のものが多い気がするな!

スポンサーリンク

制作

今回付属されていたパーツはだったこれだけだwww全てかき集めても手のひらで持てるくらいの小ささと少なさだ!!!!

  • リヤスピーカーフレーム ×2
  • フロントスピーカーフレーム上
  • フロントスピーカーフレーム下
  • M3×8mmタッピングネジ ×8
  • M3×18mmタッピングネジ ×2

しかし、このパーツの名称を見て欲しい!!!

スピーカーって書いてあるよ!!!!!!

そうそう、このゴジラは鳴き声とかBGMも流れる仕様になってるみたいだから、体内にスピーカーなども組み込む工程も含まれるのか。

スピーカーまで作るとか人生で初めての経験だよ!www

ただ、今回はスピーカーのフレーム作成だから、これを固定させるものの作成かな。

そして今回も今まで作ってきたメインフレームを使うぞ!!!!!!!

もうしばらくはずっとこのメインフレームに何かを取り付けて行く感じなのかな!!

どんどんデカくなって行くから、間もなくプラケースに入らなくなるぞwww

まずはメインフレームに、リヤスピーカーフロントを取り付ける。

これね、内側に嵌め込むように付けなくちゃならんのだけど、嵌め込む所がめちゃくちゃ狭いから強引にしないと入らんわ!!

俺は手先の力だけはゴリラ並みと言われているから、メインフレームが折れないかどうかめちゃくちゃ不安だったよ🦍

ちなみに見るに、スピーカーは腰の裏側に取り付けることになりそうね。

リヤスピーカーフレームは、横から2箇所をネジ留めする。

ただ、本締めは次号で行うから、とりあえず今回仮留めで良いらしい。

向かい側にもリヤスピーカーフレームを仮留めで固定して完了!!!!!

なんだかメインフレームが本格的な構造になってきて感動してるわ!!!!!!

てかさ、リヤスピーカーってのはサブ的なスピーカーってことなのか??

部品の名称を見るに、フロントスピーカーってのもあるみたいだから、このゴジラには2つのスピーカーが接続される……????

続いては、フロントスピーカーフレーム下をメインフレームの腹あたりに固定する。木製の骨のちょうど裏側に固定する感じ。

こんな感じに嵌めるのがめちゃくちゃ大変で、周りに固定していたネジを緩めたわよ!!!!

これさ、両メインフレームを固定する工程の際にパーツを付属して付けさせるべきだったと思うわ!!!!!

既に組み上がった状隊で接続するから、少し力を入れてフレームを押し広げなくちゃならんのよ!!その際にフレームを折ってしまう人って結構いると思うのよね!

大人の事情があるのは分かるのが、その辺は考えてパーツを配って欲しいわな。

更にフロントスピーカー上を、フロントスピーカー下にピッタリ合うように固定!

この部分がフロントスピーカーの部分になるのかー!この作成を通して、スピーカーの構造なんかも学べそうな予感www

俺にとっては生活に必要ない知識だと思うが、ブログをやる上での豆知識として活用して行こうww

更に尻尾の付け根部分を、今回付属された18ミリネジで完全に固定する。

このシリーズの工程で、ネジ留めが一番安心感があるわwww

また、前号で仮留めした部分も完全に本締めする。

スピーカーフレームが取り付けたら今回の工程は完了!!!!!!

いやさ、最初はすぐに終わると思ったんだけど、40分くらいやってたかもしれんわ!!!!

さっきも言ったように、とにかくフロントスピーカーフレーム下の取り付けにめちゃくちゃ苦戦した!!!!😭😭

まぁとにかく完成して良かったわ!!!

でね、次号の予告を見ると、何やら電気系統のパーツが見えるんだけどwwww遂に来たか!!!

なんだか小学校の頃に配られた教材の作成のような感じになってきたぞww