【戦国無双4】DX版のトロコンを達成した!…が、達成感はそこまで…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー

どうもーーー、俺です!!!!

 
 
IMG_9566
FullSizeRender
 
実は先日『戦国無双4 DX』のトロコンを達成することができました!!!🏆
 
さぁ、みんな拍手!!!!👏
 
まぁ、達成できたのは良いんだけどさ、マジでキツかったわwww
トロコン達成宣言なんてするんじゃなかったよ……😭😭
 
てことで今回は、トロコンまでの苦悩や感想を書いて行こうと思うぞ!!!
 
 
スポンサーリンク

ゲームの感想

まずはトロフィーうんぬんは抜きにしてのゲームの感想なんだけど、個人的にめちゃくちゃ楽しかった!!!!
 
内容は従来の無双ゲームとほとんど同じなんだけど、無数の敵をバッサバッサと撃破して行く爽快感はシリーズ随一!!!
楽しさでいえば、この作品よりも新しい真・三国無双8以上だ。
 
元々はPS3向けのソフトとして2014年3月に発売。
それにDLCなどの追加要素を全てセットにして、PS4向けに再販されたのが今作だ。
よって、ベースとなるグラフィックなどはPS3向けのものなのでかなり時代遅れ感を感じざる得ないんだけど、それ以上にゲーム内容が素晴らしい。
 
今作にて初登場した『神速攻撃』というものがその名の通り神がっていて、この攻撃を使うとほんの数秒で100体討伐が可能。
 
この爽快感が本当にたまらない!!
 
俺たち無双ファンが求める"爽快感"がこのゲームに全て詰め込まれている。
ただ、この神速攻撃があまりにも強すぎて、逆に飽きやすいという部分もある。
 
まぁこの神速攻撃は武将相手には効きにくいという側面もあるから、従来の通常攻撃やチャージ攻撃が腐っていないのだ。
 
 
ストーリーは"武将別"ではなく"勢力別"となっており、戦国時代におけるその勢力の活躍を楽しむことができる。
よって、脚色(アレンジ)はかなりあるものの、戦国時代の大まかな流れを学ぶこともできる。
 
これはこれでアリなんだけど、俺は1人の武将視点のストーリーも大好きだったから、寂しいっちゃ寂しいね!!
まぁこのような昔の仕様にしてしまうと、武将数が多いが故に合戦の被りが多くなって、大薄味なゲームになりそうだからねww
 
 
今作に登場したキャラクターのデザインとかは個人的に微妙だなww
小少将とかなんやねん!!ww
 
 
スポンサーリンク

トロフィーについて

トロコンの難易度は??

FullSizeRender
トロコンの難易度自体はめちゃくちゃ低い。
 
トロコン達成者は2.4%と比較的少ない部類に入るんだけど、難易度は高くないのよ。
時間をかければ、ゲームが得意でない人でも達成できる。
 
が!!!!!!!
 
あくまで"時間をかければ"であるwwwww
 
高レアリティのトロフィーは全て作業系のもので、しかも死ぬほどめんどくさいものばかりであるww
ブログをやっていなかったら、トロコンを目指そうなんて一切思わないくらいの単純作業を強いられる。
 
俺がトロコンまでに費やした時間は約80時間
マジでハンパじゃねぇwwwww
 
 
では、特に獲得が面倒だったトロフィーを紹介。
 
 

金蘭の契り

FullSizeRender
流浪演武ですべての無双武将との友好度を最大にする。
無双演武とは別のやり込みモード『流浪演武』で取得できるトロフィーだ。
 
 
このモードではオリジナル武将(新規武将)を作成して、無双武将と交流をしながら全国を旅するという遊びが楽しめる。
 
その無双武将との間には全4段階の"友好度"という要素があり、これを上げることでユニークな会話イベントを見ることができる。(これが結構面白い)
 
全武将分の友好度をMAXにすることでこのトロフィーが獲得できるのだが、これにものすごい膨大な時間を要するのだ。
 
 

列伝編纂者

FullSizeRender
武将図鑑を100%にする。
これも『流浪演武』をやりこむことで取得できるトロフィーだ。
 
敵味方関係なく合戦を共にした一般武将が図鑑に登録されるんだけど、これをコンプリートすると取得できる。
 
しかし、登録武将はなんと約1000人wwww
 
しかも決まった地方にしか出現しない武将もいたり、かなり面倒だったんよなぁ。
 
ただ、『金蘭の契り』やレア武器を取得する過程で90%以上近くは埋まってたわ。
 
 
ちなみに、『流浪演武』で取得できるトロフィーを全て集めるだけで30時間近くを費やしました。
この時点で既に心が折れかけていたのだが…ww
 
 

無比の戦功者

FullSizeRender
宝物庫のミッション達成率を100%にする。 
これは『無双演武』で取得できるトロフィーなんだけど、個人的にこれが最も大変だった!!
 
合戦中に『〜を達成せよ』的なミッションが発生するんだけど、それを全て達成することで取得できるトロフィーだ。
 
ミッションの中には特殊な条件で発動するものや、指定の武将でのみ発動するもの、達成条件が極端に難しいものなど多岐に渡る。
 
すべてのミッションを達成するために同じ合戦を3回やったりした。
 
ちなみにDX版で追加されたシナリオのミッションも全て達成する必要があるのでこれまた大変!
 
さすがに自力でやるのはキツすぎて、珍しく攻略ウィキを参考にしてプレイしてました。
 
一度のプレイで大体2〜3合戦分くらいのミッションを達成して続きは次回…みたいな感じで、かなり長期に渡って取得したトロフィーだ。
 
トータル的に見れば、このトロフィーを取得するのに最も時間が掛かったかな。
 
 
 

戦国の生き様

FullSizeRender
宝物庫のイベント収集率を100%にする。
これも無双演武で入手可能なトロフィー。
 
 
IMG_9573
イベントというのは、合戦前と合戦後に発生する無双武将間による会話。
 
これを全種類見ることでトロフィーが取得可能だ。
 
これはトロコンを目指す過程で勝手にゲットできたんだよね。
 
よって、そこまで気にせずにプレイしていても取得できるはず。
 
ちなみにこれもDX版だと追加要素分の合戦も含まれる。
 
 

天下布武

FullSizeRender
無双演武で外伝の章以外のすべての合戦をすべてのキャラクターで勝利する。
これも相当ヤバいトロフィーだった!
 
すべての合戦をすべてのキャラクターで勝利"なので、同じ合戦を7回くらい繰り返すものもあったんだよな。
 
特に参加武将の多い『天下統一の章』や『織田の章』は地獄だった。
 
「必ずトロコンを達成するなんて言わなきゃ良かった」って、最も思ったトロフィーだww
 
全ての武将を使うことになるから、普段は使わないようなキャラクターにも少し愛着が湧くようになったのは良いかも。
 
全キャラクターをある程度使い込んで個人的に「使いやすい・強キャラだな」って思ったキャラクターは、風磨小太郎・くのいち・毛利元就・真田幸村・伊達政宗・藤堂高虎・豊臣秀吉など!!
 
逆に「使いにくかったキャラ」は、徳川家康・小早川隆景・綾御前・早川殿・長曾我部元親・小少将あたりだなー。
よって、『四国の章』はホントに苦痛だったわww
 
使いやすさなどは関係なしに「使ってて楽しかった」キャラクターは、織田信長・稲姫・石田三成・明智光秀など!!
 
 
 
 
 
以上が個人的に印象深かったトロフィーかなー。
 
色んな苦労もありながらも、なんとかトロコンを達成できたって話だ。
 
トロフィーを抜きにするとゲーム内容は非常に楽しくて、忘れた頃にまたプレイしたくなる作品である。
 
シンプルで簡単なゲームが故に非常に飽きやすいって欠点があるけど、少ない時間でも気軽にゲームが遊べるというゲームデザインは素晴らしいと思う。
 
戦国無双シリーズは初代から欠かさずプレイしているくらいのファンなので贔屓目になってしまっている部分もあるが、非常にオススメの作品であることは間違いない。