【パワプロ2020】(サクセス)織河めぐるのイベントリストと選択肢による効果、金特ルート

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー

このページではパワプロ2020のサクセスに登場する織河めぐるの選択肢と得られる効果をまとめています。

スポンサーリンク

ランダムイベント

チームワーク(金特イベント)

  • 普通の室内練習
    • 【投手】体力−10、筋力+10、変化球+5、織河の評価+4、リリース○Lv1
    • 【野手】体力−10、筋力+10、敏捷+5、織河の評価+4、高速チャージLv1
  • 楽しくできる練習
    • 【投手】体力−10、技術+6、織姫の評価+6、和良比の評価+5、玉根の評価+5、木枯の評価+5、亜希の好感度+5、クイックLv1
    • 【野手】体力−10、技術+6、織姫の評価+6、和良比の評価+5、玉根の評価+5、木枯の評価+5、亜希の好感度+5、ムード○Lv1

成長できる環境(金特イベント)

※1年目の秋(9月1週以降)に発生

  • クラシックを聞かせる
    • 【投手】技術+10、織河の評価+5、テンポ○Lv3
    • 【野手】技術+10、織河の評価+5、慎重盗塁Lv3
  • ヘビィメタルを聞かせる
    • 【投手】筋力+10、織河の評価+4、変化球中心Lv3
    • 【野手】筋力+10、織河の評価+4、強振多用Lv3
  • 水やりの度にほめる
    • 【投手】精神+10、織河の評価+6、速球中心Lv3、スタミナLv1(ランダム?)

成長できる環境2(金特イベント)

※この辺りから織河の評価が高くないと発生しない模様。

  • 手伝う
    • 【投手】体力+10、精神+7、織河の評価+7、チームメイト全員の評価+5、勝ち運Lv1
    • 【野手】体力+10、精神+7、織河の評価+7、チームメイト全員の評価+5、ムード○Lv1
  • 手伝わない
    • 【投手】
    • 【野手】体力+20、筋力+5、織河の評価+5

お見合い(金特イベント)

  • 引き止める
    • 【投手】技術+10、織河の評価+5
    • 【野手】技術+10、織河の評価+5
  • 祝福する
    • 【投手】変化球+10、織河の評価+5、球持ち○Lv1
    • 【野手】敏捷+10、織河の評価+6、広角打法Lv1

もう迷わない(金特イベント)

  • チームワークを強化する
    • 【投手】織河の評価+8、筋力+10、変化球+12、内角攻めLv1、コントロールLv1、体力−15
    • 【野手】織河の評価+8、筋力+10、敏捷+10、守備職人Lv1、体力−15
  • 弱点を克服する
    • 【投手】
    • 【野手】織河の評価+5、チーム全員の評価+、対エース○Lv1、パワーLv1(ランダム?)、体力−15

もう迷わない2(金特イベント)

  • ハッキリ聞いてみる
    • 【投手】
    • 【野手】精神+10、織河の評価+12
  • さりげなく聞いてみる
    • 【投手】技術+10、織河の評価+9
    • 【野手】技術+10、織河の評価+9

もう迷わない3(金特イベント)

  • 選択肢なし
    • 【投手】
    • 【野手】筋力+30、敏捷+30、技術+30、精神+30、逆境○Lv2

エピローグ「私が変われたのは」

※『もう迷わない3』を発生させ、全国大会で優勝する必要あり。

  • 選択肢なし
    • 【投手】
    • 【野手】一球入魂Lv3、初球○Lv3
スポンサーリンク

金特ルートについて

別ページで詳しく解説するが、織河から貰える金特は『一球入魂』。『初球○』の上位互換特殊能力である。

金特ルートは以下の通り。

  1. チームワーク
  2. 成長できる環境(3年生9月付近で確認)
  3. 成長できる環境2(3年生10月付近で確認)
  4. お見合い(3年生2月付近で確認)
  5. もう迷わない(4年生4月以降に確認)
  6. もう迷わない2(4年生5月付近で確認)
  7. もう迷わない3(4年生7〜8月付近で確認)
  8. 全国大会で優勝する
  9. 金特イベント『私が変われたのは』が発生。

恐らく金特関連イベントはめぐるの評価が関係しており、4年生4月までに評価180付近まで持って行かないと厳しいかも。

そして、4年生4月以降でしか発生しないと思われる『もう迷わない』〜『もう迷わない3』までの期間が短いため、完走はそこそこ難しいと感じた。これらのイベントは4年生の大会が始まってしまうと発生しないかも。

とにかく期間が短いため、評価が高くてもイベントが1つも発生せずに終わることもしばしばある。

また、選択肢は基本的にどれでも良いかも。この辺は今後深く検証して行きます。