【パワプロ2020】再現選手 – 2019 マット・オルソン/Matt Olson

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

プロフィール

  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 生年月日:1994年3月29日
  • 投打:右投左打
  • ポジション:一塁手、外野手

経歴

  • パークビュー高等学校
  • オークランド・アスレチックス(2016 – )

タイトル・表彰・記録

  • ゴールドグラブ賞:2回
  • フィールディング・バイブル・アワード:1回

選手の特徴

Matt Olson 2019 Home Runs | Oakland Athletics Highlights

2018年にブレイクし、2019年にさらなる飛躍を見せた若きスター。とにかくパワーがハンパじゃなく、飛距離150メートルに迫るスーパーホームランを打つこともしばしば。。。

オルソンは2012年にドラフト1位追補でアスレチックスから指名されて契約。

しばらくマイナー暮らしが続くが2016年にメジャーデビューを果たし、2017年6月24日にメジャー初本塁打を放つ。

なんと2017年はわずか59試合の出場ながら24本塁打を放つというとんでもない成績を残す。

2018年には一塁手のレギュラーとして固定され全試合に出場。打率.247・29本塁打・84打点をマークしてブレイク。また、UZR11.6という好成績を残し、初のゴールドグラブ賞を受賞。RngRは7.4と守備範囲もかなり広かったと思われる。

2019年は右手負傷による手術の影響で出遅れ127試合の出場にとどまるが、36本塁打を放つ活躍を見せる。将来、本塁打王をとってもなんらおかしくない逸材である。

選球眼がよく四球が多いため、出塁率も高い。しかし、三振がめちゃくちゃ多いww

近年のアスレチックスは打線が非常に強力なので、今後が非常に楽しみ。

スポンサーリンク

選手能力

2019年度 成績

  • 試合:127
  • 打率:.267
  • 安打:129
  • 二塁打:26
  • 本塁打:36
  • 打点:91
  • 盗塁:0
  • 四球:51
  • 三振:138
  • OPS:.896
  • 守備率:.993
  • 失策:8

補足

今回は127試合の出場ながら36本塁打を放った2019年をベースに作成。打撃能力は毎度の如く若干盛り気味。

オルソンの特筆すべき点は得意ゾーンだろうか。基本的に外角に強いオルソンの外角真ん中・外角低めの打率はどちらも4割を越えている。よって、『アウトコースヒッター』を付けてみた。

また、2年続けてとんでもない三振率を叩き出しているため、『扇風機』を付けました。このまま同じ三振率で年数を重ねたらとんでもないことにww

捕球能力に関してはErrR指標を参考にしてるんだけど、あまり納得行っていないのでもっと詳しくデータを取って作り直すつもり。

スポンサーリンク

パワナンバー