【パワプロ2020】再現選手 – 2019 マイク・ファイヤーズ/Mike Fiers

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

プロフィール

  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 生年月日:1985年6月15日
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手

経歴

  • ディアーフィールドビーチ高校
  • ブロワードガレッジ
  • カンバーランズ大学
  • ノバ・サウスイースタン大学
  • ミルウォーキー・ブルワーズ(2011 – 2015)
  • ヒューストン・アストロズ(2015 – 2017)
  • デトロイト・タイガース(2018)
  • オークランド・アスレチックス(2018 – )

選手の特徴

Fiers completes 9th inning of no-hitter

緩急をつけたピッチングを得意とし、ノーヒットノーランを2度達成したアスレチックスのベテランエース。

2009年のドラフトでブルワーズから指名されてプロ入りし、2011年にメジャーデビュー。

デビューから中々活躍できずにいたが、2015年にアストロズへ移籍し、2016年に11勝を挙げて自身初の二桁勝利をマーク。

2018年のシーズン途中にアスレチックスへトレード移籍。タイガースとアスレチックス合わせてシーズン12勝をマークし、防御率は3.56で先発ローテーションに定着。

2019年は東京ドームで行われたMLB開幕戦で開幕投手を務める。開幕から勝ち星を稼ぎ、5月8日には自身2度目となるノーヒットノーランを達成。

最終的に防御率3.90・15勝4敗をマークし、チームの勝ち頭となった。

スポンサーリンク

選手能力

2019年度 成績

  • 登板:33
  • 防御率:3.90
  • 勝敗:15勝4敗
  • 投球回:184.2
  • 被本塁打:30
  • 与四球:53
  • 奪三振:126
  • WHIP:1.19
  • 守備率:.923
  • 被打率:.243
  • 対左:.248
  • 得点圏:.264
  • BB/9:2.58
  • K/BB:2.38
  • LOB:78.5
  • ストレート30.9、ツーシーム20.7、カーブ17.6、カットボール15.7、チェンジアップ12.3

補足

今回はキャリアハイに近い成績を残した2019年をベースに作成。

あまり特殊能力を付けたくなかったから『緩急』だけにしたんだけど、『勝ち運』は付けるべきだったか。あとは『荒れ球』とか。

被本塁打率は1.46とかなり高いため『一発』。

これはちょいと後ほど作り直す必要があるかもしれん。

今回はオリジナル変化球を用いる必要もなく、育成も簡単だったのですんなりと作ることができたかな。

スポンサーリンク

パワナンバー