【パワプロ2020】再現選手 – 1997 ケン・グリフィー・ジュニア/Ken Griffey Jr.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

プロフィール

  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 生年月日:1969年11月21日
  • 投打:左投左打
  • ポジション:外野手

経歴

  • モーラー高等学校
  • シアトル・マリナーズ(1989 – 1999)
  • シンシナティ・レッズ(2000 – 2008)
  • シカゴ・ホワイトソックス(2008)
  • シアトル・マリナーズ(2009 – 2010)

タイトル・表彰・記録

  • 本塁打王:4回
  • 打点王:1回
  • MVP:1回
  • シルバースラッガー賞:7回
  • ゴールドグラブ賞:10回
  • プレイヤー・オブ・ザ・マンス:2回
  • 週間MVP:9回
  • オールスターゲームMVP:1回
  • オールスターホームランダービー優勝:3回
  • 2006 WBC ベストナイン
  • オールスターゲーム出場:13回

選手の特徴

Ken Griffey Jr. Showing Off His Smooth Swing

言わずと知れた歴代メジャーリーガーを代表をし、"超"が付くほどのスーパースター。あのイチローさんですら憧れたすごい選手である。

グリフィーさんはプロ通算22年で3球団を渡り歩き、打率.284・630本塁打・1836打点を記録し、2016年には得票率99.3%という驚異的な数字を残して殿堂入りを果たす。

安定感と迫力のあるバッティングが魅力的で、コンスタントに打率.280・20本塁打・100打点を叩き出せる。

シーズンOPSが1.000を超えたのは4度にも渡り、長打率は.600を越えるシーズンも多い。

最大の特徴は何と言っても本塁打で、通算630本塁打はアルバート・プホルスに次ぐ歴代7位。獲得した本塁打王のタイトルは4度。

1997年と1998年には2連続で56本塁打を放っており、1999年には48本塁打を放っている。3年で160本の本塁打を打つとか異次元すぎるww1993年には史上3人目となる8試合連続本塁のメジャー記録を達成。

また守備能力も超一流であり、1990年から10年連続でゴールドグラブ賞を受賞している。10年連続はイチローさんと並んでメジャー歴代1位タイ記録。

また、通算本塁打・通算敬遠・通算補殺・シーズン本塁打・シーズン打点・シーズン塁打・シーズン長打数・シーズン長打率の分野でシアトル・マリナーズの球団記録を樹立している。

グリフィーの凄いところはこれだけに止まらない。なんと父であるケン・グリフィー・シニアもメジャー通算2000安打を放ったスーパースターであり、1990年には親子でマリナーズに所属。9月14日にはメジャー史上初となる親子での連続本塁打を記録。

こんなエピソードが今後出てくるのかww

スポンサーリンク

選手能力

1997年度 成績

  • 試合:157
  • 打率:.304
  • 安打:185
  • 二塁打:34
  • 三塁打:3
  • 本塁打:56
  • 打点:147
  • 盗塁:15
  • 盗塁死:4
  • 四球:76
  • 敬遠:23
  • 三振:121
  • 併殺:12
  • 長打率:.646
  • OPS:1.028

補足

パワプロ2018に続いて、今作でもグリフィーJr.を作ってみたぞ!!!!やはりこの人を作らないと始まらない!!!!

2018ver.との変更点はあまり無いんだけど、捕球を7減らして80のAに。また、『併殺』を削除。

そのかわり肩力を2UPと『積極守備』を追加。

ただ、最初付けようと思っていた『対左投手E』を何故か付け忘れた。赤特本は買ったのに…。サイレント修正しておきます!

スポンサーリンク

パワナンバー