【パワプロ2018】再現選手 – 2018 マイク・フォルテネビック

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • ヒューストン・アストロズ(2014)
  • アトランタ・ブレーブス(2015 – )
 

選手の特徴

最速161km/hのフォーシーム・シンカーを武器に、昨年ブレイクを果たしたブレーブスの若きエース候補。
 
彼の特徴はやはり速球である。
平均球速は155km/hもあり、制球力もそこそこ良い。
ノビを良く、コーナーに鋭く食い込む速球は見ててめちゃくちゃ気持ち良い!
 
そして、何よりも凄いのがスライダー。
これのキレと変化量がマジで凄くて、全盛期のダルビッシュ並みの曲がり方をする。
 
しかし、2015年頃のスライダー投球率は比較的高くなく、2016年を境に増えた。
また2014年は一切投げていなかった。
このスライダーの平均球速も140km/hほどである。
 
このフォーシームとスライダー、そしてカーブやチェンジアップのコンビネーションで、投球回183ながら202奪三振をマークしている。
 
しかし、2019年は不振が続いており、三年連続の二桁勝利はほぼ絶望感か…。
 
余談なのだが、彼はポーランド系アメリカ人である。
ポーランド独特の綴りの苗字なので、アメリカ人には非常に読みにくいらしい。
 
 
スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
再現選手:2018年
  • 試合:31
  • 防御率:2.85
  • 完投:2
  • 完封:1
  • 勝敗:13勝10敗
  • 投球回:183.0
  • 被本塁打:17
  • 与四球:68
  • 奪三振:202
  • 守備率:.963
  • 失策:1
  • 被打率:.195
  • 対左被打率:.183
  • 対右被打率:.208
  • 得点圏被打率:.194
  • K/BB:2.97
  • 球種:フォーシーム、シンカー、スライダー、カーブ、チェンジアップ
  • 平均球速:フォーシーム155km/h、スライダー140km/h

補足

今回は13勝をマークした2018年をベースに作成。
 
MAX球速は160km/hもしくは161km/hのどちらからしい。
 
要所での制球力は良いと言われているが、基本的に四球が多い。
よって、コントロールをCにして、『四球』を付けました。
 
 
そして苗字なんだけど、ウィキペディアやその他ネットでは『フォルテネービッチ』と記載されることがある。
 
ただ、パワプロでは文字が入りきらないので、今回はその他に表記されることがある『フォルテネビック』にしています。
 
アメリカ人の間でも発音に違いがあるみたいだね。
それによって表記のブレがあるようだ。
 
 
スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender