【パワプロ2018】再現選手 – 2015 ブライス・ハーパー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • ワシントン・ナショナルズ(2012 – 2018)
  • フィラデルフィア・フィリーズ(2019 – )
 

タイトル・表彰・記録

  • 本塁打王:1回
  • ナ・リーグMVP:1回
  • ハンク・アーロン賞:1回
  • シルバースラッガー賞:1回
  • 新人王:1回
  • 月間新人MVP:2回
  • 週間MVP:6回
  • オールスターゲーム出場:6回
 

選手の特徴

迫力のあるバッティングと強肩が魅力的な外野手。右投左打。
 
未だ27歳ながら通算184本塁打を放っており、事あるごとに"天才"と称される。
 
メジャーリーグでは非常に人気があり、経済効果はマイク・トラウト以上とも言われている。
年俸は約1100万ドル。
 
メジャーデビューは2012年でこの頃はまだ20歳。
デビュー年から主に中堅手と右翼手のレギュラーとして活躍し、打率.270・22本塁打・59打点・18盗塁をマークして、ナ・リーグ新人王を受賞。
 
2015年は3・4番で固定され、打率.330・42本塁打・99打点を記録し、23歳という若さで本塁打王を獲得し、満票でナ・リーグMVPを受賞。
その他、ハンク・アーロン賞、シルバースラッガー賞を受賞。
 
2018年オフにFAとなり、フィリーズとなんと13年3億3000万ドルという破格の契約をする。
もしかすると2032年までフィリーズに在籍する可能性があるww
それだけ球界からも期待されている逸材である。
 
 
スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
再現年:2015年
  • 試合:153
  • 打率:.330
  • 対左打率:.318
  • 対右打率:.335
  • 得点圏打率:.301
  • 安打:172
  • 二塁打:38
  • 三塁打:1
  • 本塁打:42
  • 打点:99
  • 盗塁:6
  • 盗塁死:4
  • UBR:3.5
  • 四球:124
  • 敬遠:15
  • 三振:131
  • 併殺:15
  • 出塁率:.406
  • 長打率:.649
  • OPS:1.109
  • 守備率:.975
  • 失策:7
  • 補殺:8
  • UZR:ー4.8
 

補足

今回は本塁打王やナ・リーグMVPを獲得した2015年をベースに作成。
果たして今後、この年以上の活躍ができるかが注目だが……。
 
まず、『満塁男』を付け忘れました。この年の満塁時打率は.667。
 
今回も毎度の如く打撃能力系は盛ってる。
 
ハーパーは"守備を巧く見せるのが上手い選手"だと思っている。
ハイライトを見ると積極的な守備を見せるが、UZRはマイナスな上に守備範囲も狭いというデータが残っている。
今回は守備力Dにしてるけど、Eでも良いと思う。
積極守備』は付いております。
 
一方で肩力は凄い。
補殺数はそこまで多くはないのだが、矢を刺すような返球には目がテンになる。
肩の強さ指標もメジャー屈指の数字を残している。
よって肩力A。
84では少し低かったかもしれんけど。
 
稀に意表をつく絶妙なバントを打つんだけど、『バント◯』は付けていません。
 
 
スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender