【パワプロ2018】再現選手 – 1996 ケビン・ブラウン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • テキサス・レンジャーズ(1986 – 1994)
  • ボルティモア・オリオールズ(1995)
  • フロリダ・マーリンズ(1996 – 1997)
  • サンディエゴ・パドレス(1998)
  • ロサンゼルス・ドジャース(1999 – 2003)
  • ニューヨーク・ヤンキース(2004 – 2005)
 

獲得タイトル・表彰・記録

  • 最多勝:1回
  • 最優秀防御率:2回
  • オールスターゲーム出場:6回
 

選手の特徴

"パワーシンカー"と呼ばれた魔球シンカーを武器に、通算211勝をマークしたメジャーを代表するスター。
 
フォーシームと球速差がほとんどないシンカー(ツーシーム)の変化量とキレはとんでもなく、打者の手元でクイッと曲がる特徴を持つ。
 
通算で最も投げた球種がこのシンカーであり、これにスライダーやスプリットを織り交ぜていたという。
 
ブラウンは86年にドラフト1巡目でレンジャーズに入団し、同年にメジャーデビューを果たしている。
89年頃から頭角を現し始め、92年には21勝をマークして最多勝を獲得。
 
96年には打高投低の中で防御率1.89というとんでもない数字を残して最優秀防御率を獲得。
 
00年にも2度目の最優秀防御率を獲得している。
 
また95年からは7年連続で二桁勝利をマークしており、引退の2年前まで二桁勝利を挙げてた。
この通り、メジャーを代表をする投手であることは間違いない。
 
ちなみに、Kevin Brownという名前の野球選手がかつて5人もいたようだww
綴りも全く同じで、ポジション被りもある。
この場合、どのように差別化していいのかが分からない。
チームと背番号で区別するしかないか…?
 
 
スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:1996年
  • 試合:32
  • 完投:5
  • 完封:
  • 投球回:233.0
  • 防御率:.1.89
  • 勝敗:17勝11敗
  • 被本塁打:8
  • 与四球:33
  • 奪三振:159
  • 守備率:.988
  • 被打率:.220
  • 対左被打率:.220
  • 対右被打率:.221
  • K/BB:4.82
  • 球種:パワーシンカー、スライダー、スプリット

補足

今回は防御率1.89をマークし、最優秀防御率を獲得した1996年をベースに再現。
 
結構古い選手なので、動画や細かいデータを得るのに苦労しました。
ちなみにリア友からのリクエストです。
 
やはり拘ったのはパワシンカーですかね!
変化量はレベル6なんだけど、オリジナル変化球作成の際に変化量を抑えているので、実際はレベル3くらいだと思う。
その代わり、キレとブレーキを大幅に上げているので、非常に打ちにくい変化球になってると思う。
変化球中心』を付けているので、恐らくCPUもシンカーを多投すると思う。
 
ただ!!
何故かCPUは、狙いすましたかのようにバカスカ打ってきますww
あり得ないくらいにヒットにされます…。
 
俺だったら芯をズラされてゴロになりますよ…。
 
そしてスプリットなんだけど、実際に投げていたのはチェンジアップだという話を耳にした。
ただ、球速がめちゃくちゃ早いのでスプリットと見えなくもない。
ただ、今回は球速の面からスプリットを選択しました。
 
更に、防御率1.89ながら10敗を喫しているので『負け運』を付けました。
『対ピンチ』はBでも良いかもしれないね。
 
 
スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender