【パワプロ2018】ペナント日記20 – 非現実的?!打線の爆発力がドン引きレベル!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
どうも俺です!!!!!
 
実は早くもシーズン2023が終了いたしました!!!
マジで早いwwww
まるで風のように過ぎ去って行くな……ww
 
でさ…
結構、非現実的な成績の連続で若干萎えてしまっている部分がある。
 
 
 
IMG_7499
まず、リーグ優勝を決めることはできた!!
これでV3を達成したことになる!
 
しかも8月に早くもマジックが点灯して、9月中には優勝を決めてしまった!
 
今年はちょいと強すぎたんだよなww
 
 
 
IMG_7500
シーズン100勝達成』メダルも初獲得……。
 
えっ?!
お前ら何勝したの?!?!
って話になるよなwwww
 
では、順位表を見ていただこうか……。
 
 
 
 
IMG_7502
ワロタwwwwwwww
なんと111勝もしておりますww
 
勝率はなんと.776!!!
 
これはもうやりすぎというレベルを超えてしまっている。
 
現実世界のプロ野球での最多勝利数は99。
100を超えた球団はプロ野球史上1つも出ていないのである!
まさかそれを達成してしまうとは…。
 
試合数が多いメジャーリーグではシーズン100勝なんて結構あるんだけど、日本では有り得ないことなのだ。
 
これでちょっと萎えたんだよなぁwww
やはり初期に入れていた野手陣が強すぎるんだと思うわ!!
 
「最初はそんなに強くないかな…」
なんて思ってたけど、ゴミみたいな基礎能力を持った選手でもとんでもねぇ成績を残してるし、やはりこのゲームのペナントは打高投低すぎるんだよな。
 
恐らく来年はパワプロ2020が発売されると思うから、この辺の調整はキッチリしてもらいたいものだけど、期待薄。
 
 
 
IMG_7501
シーズン終了後は、佐川や狼の弱体化が更に顕著になって来たんだけど、一方で桐谷が『威圧感』を習得。
 
最初、なぜこれを習得できたのか全く理由が分からなかったんよ。
習得のための練習なんて一切してなかったし!
 
だから、「通算成績が凄いから習得できたのかな…」なんて思ってら全然違ったwwww
 
 
 
IMG_7503
なんとこいつ、三冠王を達成してやがったwwww
なんという凄まじい成績だろうか!
ただ、打点以外は2004年の松中さんより下回ってるから、三冠王を取れたのは運と言っても良いだろうな。
 
でもまさか本塁打王まで獲るとは思わなかったな!
 
 
では、各選手の今シーズンの活躍を見て行こう!
 
 
スポンサーリンク

各々の活躍

桐谷 怜菜

IMG_7504
打率.357、209安打、41本塁打、147打点、3盗塁
 
毎度タイトル争いの常連である桐谷は今年も大爆発。
ここまで来るともはや化け物。
まさかイチローさん級の化け物に成長してしまうとは……www
しかもまだ26歳ってところがおかしい。
超早熟選手って可能性もあるけど……ww
 
今季は三冠王の他に、最高出塁率、最多安打のタイトルも獲得していて、三冠王どころか五冠王である。
しかもな、全イニングフル出場でこれ。
 
現実世界ではここまで活躍したら、FAでジャイアンツかホークスへ移籍しまうことだろう……wwww
 
その他にも、
  • 4年連続30本塁打
  • 5年連続2ケタ本塁打
  • 5年連続100打点
  • 5年連続3割
という記録を達成中。
 
ちなみにシーズン147打点は、2005年の今岡さんに並ぶ歴代3位。
ここまで打点を稼いでも得点圏打率はそうでもなかったという意外な真実。
 
しかし、王さんの記録を抜くには、100打点だとあと11年連続、30本塁打はあと15年連続で続けないと不可。
マジで王さんってどんだけヤバかったんだよwwwwwww
 
ただ、どうせなら桐谷はこれくらいの高みを目指してもらいたいところね!
超早熟でなければ可能なはずだよ!!
 
来年か再来年辺りには4番を打たせたいんだけど、やはり3番が合ってるかな?
なんだかどっしり感がねぇんだよなwww
 
福留選手、坂本選手、高橋由伸さんのような雰囲気を感じる。
 
 

飯坂 大基

IMG_7505
打率.352、195安打、38本塁打、137打点
 
そして、飯坂もまさかの三冠王クラスの結果を残すというwwwww
基礎能力は平均並みなのに、特殊能力が強すぎるからかとんでもねぇ成績を叩き出した。
やはりオーペナだと特殊能力ゲーなのかもしれないね。
 
打率.350以上がチームに2人いるって頭おかしいwww
137打点も歴代9位だ。
 
ちなみに30本塁打以上を記録したのは自身初。(今までの最高は25本塁打)
 
シーズン中は不動の5番打者として君臨したが、5番打者で195安打はヤバすぎる。
得点圏打率はリーグ1位。
 
ただ、これだけの成績を残したにも関わらず、桐谷というチートの存在のせいで無冠に終わるww
なんという不運な男なのか。
去年にこの成績を叩き出していれば、最多安打、打点王、最高出塁率は獲れたであろう。
 
まさか飯坂がここまで打つのは完全に想定外だった!!
「こいつは5年後くらいにはクビになってそうだな…」なんて思っていたくらいなのに!
 
ただ、来年はどのような活躍をするのか楽しみではある。
 

伊達 政夫

IMG_7506
防御率3.10、投球回180、19勝3敗、187奪三振
 
今年、投手陣を牽引たのは伊達でしょう!
2021年の頃から頭角を表し始め、今季は念願だった最多勝を獲得!!!
 
かつてのエース佐川が衰えで結果が出ない中、よく頑張ってくれたと思うぞ!!!
 
シーズン終盤までは防御率2点台半ばと安定していたんだけど、終盤の数試合で打ち込まれる頻度が増え、最終的に3点台に。
それでも負けが付かないと勝ち運を持っていた。
さすがは超強力打線www
 
 

ダフィー・ルーズ

IMG_7507
打率.322、128安打、34本塁打、85打点
 
37歳を迎えたルーズは今季も大活躍!!
しかも自身初の打率3割超えとなる.322をマーク!
あなた、本当にミートEなの……??
さすがにめちゃくちゃ感は否めないのだが、現実世界でもミートが弱い選手がたまにフィーバーを起こすことがあるので、その辺は結構リアルかwww
 
今季は怪我による離脱もあり115試合の出場に留まるが、34ほんるを放つ。
もし全試合に出ていたら、40本塁打は打てていたと思う!!
 
これを見て分かったと思うが、今季は30発を打った選手が3人もいるwwww
これはさすがにヤバイwww
そのほか、天神、阿藤が20本塁打以上を放っているため、今年・一昨年の西武打線以上の爆発力であること間違いなし!!
ここまで来ると非現実的すぎるよ!!ww
 
ただ、ルーズに至ってはパワー以外の能力が落ちて来ているため、そろそろパワーにも影響に出そう。
それでもあと2年くらいは前線で活躍してくれそうな予感!
 
 

水谷 洋海

IMG_7508
防御率2.17、投球回58、6勝0敗、7S、39HP、57奪三振
 
更に大きかったのは水谷の完全復活!!
過去2度に渡って最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得していたが、昨年は防御率8.40と大不振に陥る。
しかし、今年は58試合に登板し、3年ぶり自身3度目となる最優秀中継ぎのタイトルを獲得。
 
昨年は中継ぎ陣が全く安定しなくて苦労したんだけど、水谷の安定感のおかげで非常に助かった!!
防御率、奪三振においてはキャリアハイの成績となった。
 

丹野 勇二

IMG_7509
防御率2.57、投球回147、11勝4敗、141奪三振
 
2022年ドラフト1位の期待の若手は先発投手として大躍進!!
なんも防御率2.57は、千賀に次いでリーグ2位!!
個人的にこいつの成長が一番嬉しいかもしれん!!!
 
球速も入団時から4km/hも上昇し、今はMAX149km/h。
これが飛躍の要因だと思われる!
 
昨年のクライマックスシリーズでの登板で何かが変わった…?
とにかく来年以降の活躍も楽しみである!
 
 

FA組

松井裕樹

IMG_7510
防御率1.05、投球回51、4勝1敗、41S、6HP、65奪三振
 
 

森 唯斗

IMG_7511
防御率3.04、投球回50.1、4勝1敗、3S、10HP、49奪三振
 
 
FAで加入した松井と森は期待以上の活躍をしてくれた。
この2人の加入が、シーズン111勝という非現実的な成績を残せたと思われる!
 
特に松井!!!!
彼をクローザーとして固定できたことで、投手の入れ替えが前年よりもかなり減った。
おまけに自身初の最多セーブ王に輝くなど、獲得して良かったと思える選手二人だ。
 
ただ!!!!!!!!
なんと森選手はシーズン中からまさかの衰えが始まったんだけどwww
 
 
IMG_7512
もともと153km/hあった球速が、149km/hまでダウン。
これは想像以上の落ちっぷりで驚いてる!
オーペナでは、球速が低い投手が打ち込まれるケースが多いから、来季はちょっと心配。
 
しかし、今季は水谷→森→松井という球団史上最強の方程式を形成できたことに満足している!!
 
てかな、水谷を抑えに回しても面白そうだなって思ってる。
球速は155km/h出るし、セーブ王を獲らせたいという思いがある。
 
 

2023年ドラフト組

IMG_7513
去年のドラフト組は、やはり我妻が中々の成績を残す。
我妻は、56試合に出場し、打率.304・5本塁打・34打点と新人としては素晴らしい成績だったと思う。
 
阿藤とルーズが例年にも増して絶好調だったため出場機会は少なかったが、1度も2軍に落ちることはなかった。
 
 
球速160km/hを誇るドラフト2位の川上は5試合に先発登板し、防御率4.81・2勝2敗・20奪三振という成績に終わった。
課題であった制球力は少しずつ伸びつつあり、まだ19歳なので将来にめちゃくちゃ期待している。
 
 

その他

以上がピックアップした選手たちだが、その他にも大活躍した選手がめちゃくちゃいる。
 
まずは天神
キャリアハイとなる打率.333、24本塁打をマークし、3年連続打率3割・5年連続2ケタ本塁打をマーク。
ただ、5年連続ゴールデングラブ賞はもしかしたら厳しいかもしれない。
今季は守備率.983・失策9と、結構失策が多いんだよね。
前年は失策4とかだったのに。
是非とも5年連続で獲得してもらいたいものだけどな。。
 
阿藤も全試合で4番打者として出場。
こちらもキャリアハイの打率.333、25本塁打、127打点をマーク。
しかし、桐谷という化け物がいるおかげでこの人も無冠www
だが、チーム最多となる5年連続でオールスターゲーム出場を果たすなど、人気がめちゃくちゃ高い。
阿藤は来年39歳になるわけだが、未だに衰えていないところが凄い。
衰えるところを見たくないが、そろそろかくごしないとな…。
 
先発投手陣は伊達・丹野の他に、リベーロ・岸・四井が二桁勝利を挙げている。
なんと5人も10勝しているのだ。
これは凄すぎるwwww
よって、先発陣は球団歴代で最も変更が少なかったと言える。
シーズンを通してこの5人で回していたからね!
 
それだけ投打共にバランスの取れた一年だったと言える。
 
 
スポンサーリンク

個人成績一覧

投手

名前 防御率 投球回 勝率 セーブ HP 登板 先発 完封 完投 奪三振 奪三振率 四球 死球 四死球率 被本塁打 得点圏被打率 対左被打率 WHIP
佐川 千歳 5.68 6.1 .000 0 0 0 0 5 0 0 0 6 8.53 4 0 5.68 1 .091 .125 1.80
M.リベーロ 3.10 162.1 .700 14 6 0 0 23 23 2 4 182 10.0 65 10 4.16 9 .245 .206 1.33
水谷 洋海 2.17 58 1.00 6 0 7 39 53 0 0 0 57 8.84 14 1 2.33 3 .220 .140 0.91
岳野 龍磨 2.91 43.1 .000 0 0 1 2 29 0 0 0 37 7.68 14 1 3.12 5 .184 .300 1.28
狼 大基                                        
岸野 竜介                                        
今川 ブウ 4.44 24.1 .667 2 1 0 0 4 4 0 0 21 7.77 15 1 5.92 5 .136 .250 1.62
井伊 直盛 6.30 10 .000 0 0 0 0 4 0 0 0 6 5.40 2 0 1.80 2 .429 .231 1.50
新宿 大田 3.07 70.1 .750 9 3 0 23 48 0 0 0 58 7.42 29 0 3.71 11 .209 .200 1.23
野原 ひろし 4.35 10.1 .000 0 0 1 0 8 0 0 0 4 3.48 5 0 4.35 1 .286 .200 1.09
海老塚 達之 6.30 10 1.00 1 0 0 0 2 2 0 0 10 9.00 2 0 1.80 1 .385 .333 1.70
四井 一久 3.79 161.1 .875 14 2 0 0 23 23 0 4 189 10.5 52 1 2.96 20 .209 .294 1.37
伊達 政夫 3.10 180 .864 19 3 0 0 25 25 4 7 187 9.35 36 1 1.85 14 .224 .260 1.13
逗子 良介 3.38 5.1 1.00 1 0 0 1 5 0 0 0 4 6.75 2 1 5.06 1 .167 .500 1.77
田尻 悟 7.15 11.1 1.00 1 0 0 0 3 3 0 0 7 5.56 6 0 4.76 1 .300 .313 1.98
岸 孝之 3.22 145.1 .824 14 3 0 0 23 23 0 0 141 8.73 31 0 1.92 15 .172 .256 1.10
土方 幹典 16.5 6 1.00 1 0 0 1 6 0 0 0 3 4.50 3 0 4.50 3 .455 .467 2.50
丹野 勇二 2.57 147.1 .733 11 4 0 0 23 23 1 4 141 8.61 48 1 2.99 13 .188 .211 1.17
観笠 克明 9.00 7 .000 0 1 0 0 6 0 0 0 4 5.14 2 0 2.57 1 .538 .438 2.14
木田 尚行                                        
オーデン 5.72 56.2 .625 5 3 0 0 10 0 0 0 48 7.62 27 1 4.45 3 .400 .284 1.48
大鷹 敦士 16.2 3.1 .000 0 0 0 1 4 0 0 0 3 2.70 0 1 2.70 2 .600 .571 2.90
小十嵐 勇人                                        
松井 裕樹 1.05 51.1 .800 4 1 41 6 51 0 0 0 65 11.4 18 1 3.33 1 .128 .171 0.98
R.ジェメル 1.47 18.1 1.00 2 0 1 5 15 0 0 0 14 6.87 5 0 2.45 2 .091 .138 0.99
森 唯斗 3.04 50.1 .800 4 1 3 10 37 0 0 0 49 8.76 12 2 2.50 4 .235 .218 1.00
川上 繁和 4.81 24.1 .500 2 2 0 0 5 5 0 0 20 7.40 12 1 4.81 2 .227 .222 1.33
J.カウエン 6.14 22 .500 1 1 0 9 21 0 0 0 13 5.32 12 0 4.91 1 .296 .525 2.00
勝田 靖弘 11.4 11 .000 0 1 0 0 3 3 0 0 3 2.45 5 0 4.09 3 .533 .400 2.27

野手

名前 打率 試合 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 得点圏打率 得点 三振 四球 死球 犠打 犠飛 併殺 盗塁 盗塁成功率 猛打賞 対左打率 対右打率 長打率 出塁率 OPS
桐谷 怜菜 .357 144 684 585 209 33 2 41 147 .361 142 92 89 5 0 5 13 3 .750 16 .370 .352 .631 .443 1.074
飯坂 大基 .352 142 646 554 195 18 0 38 137 .305 119 70 76 6 2 8 8 0 .000 19 .348 .354 .590 .430 1.020
神野 武継 .320 133 657 597 191 38 0 16 75 .326 120 111 56 3 1 0 8 20 .625 20 .395 .293 .464 .381 .845
天神 才蔵 .333 134 615 526 175 24 4 24 76 .343 130 76 84 2 0 3 7 8 .800 18 .317 .339 .530 .424 .954
阿藤 慎之助 .333 142 618 535 178 19 0 25 127 .357 100 88 73 2 0 8 12 0 .000 14 .325 .326 .508 .409 .917
川口 マイク .313 94 393 339 106 14 0 10 60 .295 41 51 40 3 9 2 7 3 .429 8 .365 .292 .442 .388 .830
木野 真琴 .283 122 316 300 85 13 0 3 38 .325 34 53 10 1 4 1 6 2 400 6 .281 .284 .357 .308 .665
大亀 義幸 .250 8 13 12 3 0 0 0 0 .000 1 4 1 0 0 0 0 0 .000 0 .000 .333 .250 .308 .558
D.ルーズ .322 115 467 398 128 15 0 34 85 .248 81 81 62 4 1 2 19 0 .000 13 .413 .287 .616 .416 1.032
坂本 速人 .279 90 123 111 31 5 0 3 14 .279 17 16 7 0 5 0 6 0 .000 1 .375 .253 .405 .322 .727
陽 代走 .200 16 22 20 4 1 0 0 5 .182 6 3 2 0 0 0 1 0 .000 1 .000 .235 .250 .273 .523
鷲尾 賢治 .326 100 189 172 56 4 0 2 30 .308 20 28 8 1 6 2 6 0 .000 6 .359 .298 .384 .355 .739
土橋 一樹 .265 135 550 491 130 11 1 3 54 .255 55 87 39 6 12 2 14 6 .545 7 .304 .249 .310 .325 .635
指村 美月 .231 33 60 52 12 2 0 2 13 .217 5 11 6 0 2 0 4 0 .000 0 .200 .243 .385 .310 .695
如月 メガネ                                                  
森野 智樹 .276 37 79 76 21 3 0 2 9 .176 11 11 1 1 0 1 1 0 .000 4 .294 .271 .395 .291 .686
鈴村 謙太 .280 15 25 25 7 1 0 1 8 .600 6 1 0 0 0 0 2 0 .000 0 .231 .333 .440 .280 .720
谷本 武広                                                  
城島 秀治 .229 63 120                                            
玉野 章雄     109 25 3 0 0 0 12 .233 9 25 8 0 1 2 1 0 .000 1 .182 .250 .257 .277 .534
青木 宣親 .303 55 110 99 30 7 0 3 15 .409 22 14 9 1 1 0 1 4 1.00 1 .300 .305 .465 .367 .832
松風 雄太                                                  
小板橋 美久 .321 16 31 28 9 2 1 1 3 .222 6 6 2 0 1 0 1 0 .000 1 .400 .278 .571 .367 .938
垣内 裕幸 .471 4 18 17 8 0 0 1 3 .500 2 2 1 0 0 0 1 0 .000 1 .667 .429 .647 .500 1.147
我妻 竜義 .304 56 195 161 49 9 0 5 34 .333 33 31 25 0 8 1 4 1 1.00 4 .327 .295 .453 .396 .849