【パワプロ2018】ペナント日記11 – 遂に覚醒した打線!あの選手もまさかの大復活?!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お前ら!!!!!

 
これを見てくれ!!!!!!
 
 
IMG_3539
後半戦に入って怒涛の追い上げを見せている俺たちは、遂にホークスを射程圏内におさめたぞ!!!!!!!
 
前半戦はいっとき8.5ゲーム差もあったわけだが、遂に0.5ゲーム差まで縮めた!!
これは凄い!!!!!
 
 
IMG_3540
というのも、打撃陣はハンパじゃねぇことになってるんだよ!!!!
 
なんと打率.290程度だった天神に目を覚ましたかのように打ちまくっており、現在は.313。
更にはルーズも遂に打ちまくり始め、なんと19本塁打まで数の伸ばしているwww
 
おまけに陽岱鋼までもが復活し、打率は.231まで跳ね上がった。
土橋も打率.288まで上げてきたし、毎回誰をスタメンで起用するかっていう嬉しい悩みを抱くようになるというな!!
 
 
IMG_3541
未だかつてないほどに打線が爆発しだした俺たちは、8月12日に遂にホークスを抜き去り単独1位に躍り出ることに成功!!!!
 
このままリーグ優勝を果たしてしまったら、奇跡の逆転劇と言わざる得ないわよ!!
 
てことでこのままシーズン終了まで飛ぶよ!?!?!
いいね?!?!
 
 
せぇーーーのぉぉぉ!!!
 
 
 
 
 
 
IMG_3542
とんでもねぇことになってて草wwwww
 
シーズン92勝だぞww
 
なんとホークスに12ゲーム差を付けてリーグ優勝!!!www
これはちょっと非現実的すぎて逆に萎えるレベルよ!!!
 
「自操作でやったんでしょ?!」って思うかもだけど、マジでやってねーーーんだよ!!
自操作なんてしてたら、こんなスパンで記事を書けないwww
 
それにしてもホークスは昨年オフに前代未聞クラスの大型補強をしてこれだもんな…
流石にファンもブチギレであろう。
 
 
IMG_3543
なんと言っても俺のチームは後半戦からの打撃力が半端じゃないwwwww
 
なんとチーム打率はダントツ1位の.292!
本塁打も194本だからなwww
まぁこれでもプロ野球記録の259本には及ばないんだけども……。
 
その代わり、盗塁の数がゴミすぎwww
いかにホームラン野球に徹していたかが分かるなwww
 
やはり『積極盗塁』がないと全然走らないのな。
まともに走ってたのって1番の神野くらいよ。
 
てことで、今回もそれぞれの成績を見ていこうか。
 
佐川 千歳 3.44 149 .722 13 5 0 0 23 23 0 1 131 7.91 45 1 2.78 17 .197 .268 1.26
M.リベーロ 2.95 176.2 .722 13 5 0 0 24 24 3 7 187 9.53 49 6 2.80 12 .280 .183 1.06
水谷 洋海 3.59 52.2 .500 5 5 7 29 51 0 0 0 51 8.72 10 1 1.88 5 .222 .303 1.32
D.ブアマン 3.71 63 .875 7 1 13 27 53 0 0 0 31 4.43 18 0 2.57 9 .200 .298 1.29
岳野 龍磨 1.34 53.2 .700 7 3 1 15 37 0 0 0 38 6.37 25 4 4.86 5 .098 .247 1.18
狼 大基 4.55 27.2 .375 3 5 22 3 32 0 0 0 19 6.18 19 0 6.18 5 .208 .146 1.58
岸野 竜介 7.71 7 .000 0 0 0 1 6 0 0 0 3 3.86 4 0 5.14 1 .667 .313 1.86
今川 ブウ 4.63 44.2 .000 0 1 0 0 7 7 0 0 30 6.04 16 0 3.22 7 .231 .333 1.63
井伊 直盛 7.20 25 .000 0 0 1 1 15 0 0 0 14 5.04 4 0 1.44 7 .409 .243 1.28
新宿 大田 6.43 14 1.00 1 0 1 1 9 0 0 0 10 6.43 11 1 7.71 2 .357 .240 1.71
野原 ひろし 5.79 23.1 .000 0 0 1 3 15 0 0 0 23 8.87 13 0 5.01 2 .296 .372 1.69
海老塚 達之 8.31 13 .000 0 1 0 1 5 2 0 0 9 6.23 8 0 5.54 2 .318 .417 2.23
四井 一久 5.51 65.1 .556 5 4 0 0 10 10 0 2 71 9.78 23 1 3.31 10 .303 .325 1.57
伊達 政夫 2.89 127.2 .692 9 4 0 0 19 19 1 1 92 6.49 34 0 2.40 10 .216 .283 1.21
逗子 良介 3.41 37 .000 0 0 1 3 18 0 0 0 23 5.59 13 0 3.16 6 .200 .200 1.08
田尻 悟 4.35 93 .857 6 1 0 0 19 19 0 0 38 3.68 42 1 4.16 10 .255 .263 1.51
岸 孝之 3.80 154 .706 12 5 0 0 25 25 0 0 146 8.53 38 3 2.40 14 .252 .316 1.39
土方 幹典 3.56 48 .800 4 1 2 8 36 0 0 0 34 6.38 15 0 2.81 10 .153 .311 1.33
A.グレアム 5.11 24.2 .333 1 2 0 0 5 5 0 0 12 4.38 9 0 3.28 4 .333 .280 1.45
D.プラマー 5.25 36 .250 1 3 0 0 6 6 0 0 25 6.25 8 2 2.50 5 .371 .360 1.44
木田 尚行 6.48 8.1 1.00 1 0 0 1 7 0 0 0 10 10.8 3 0 3.24 2 .444 .267 1.98
D.プロクター 7.79 17.1 .250 1 3 0 0 4 4 0 0 7 3.63 7 0 3.63 5 .318 .417 1.81

野手

名前 打率 試合 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 得点圏打率 得点 三振 四球 死球 犠打 犠飛 併殺 盗塁 盗塁成功率 猛打賞 対左打率 対右打率 長打率 出塁率 OPS
桐谷 怜菜 .356 144 666 593 211 37 1 36 125 .374 121 83 67 4 0 2 12 1 .200 25 .377 .348 .604 .423 1.027
飯坂 大基 .300 141 604 530 159 23 0 25 110 .300 77 101 64 4 3 3 12 0 .000 13 .308 .297 .485 .378 .838
神野 武継 .307 144 703 644 198 39 1 22 88 .366 112 136 56 1 2 0 8 17 .500 25 .308 .297 .485 .378 .863
陽 岱鋼 .273 68 185 165 45 9 0 3 23 .313 24 37 16 1 3 0 3 0 .000 2 .333 .243 .382 .341 .723
天神 才蔵 .321 144 684 613 197 33 1 17 85 .336 118 82 67 2 0 2 11 3 1.00 26 .348 .312 .462 .389 .851
阿藤 慎之助 .277 137 575 495 137 23 0 21 90 .313 82 83 74 3 0 3 9 0 .000 9 .282 .275 .451 .372 .823
川口 マイク .249 132 519 466 116 17 0 19 65 .244 64 94 42 2 8 1 10 5 .500 6 .274 .241 .408 .313 .721
木野 真琴 .300 104 269 250 75 6 1 2 23 .319 32 36 7 2 8 2 4 2 .500 5 .254 .314 .356 .322 .678
大亀 義幸 .095 19 26 21 2 0 0 0 3 .167 5 6 4 1 0 0 1 0 .000 0 .000 .143 .095 .269 .364
D.ルーズ .299 106 417 358 107 6 0 29 80 .274 52 83 53 3 1 2 7 0 .000 8 .353 .282 .559 .392 .951
射縫 リョウ .185 56 142 130 24 3 0 2 10 .211 10 22 9 0 3 0 2 0 .000 0 .214 .176 .254 .237 .491
坂元 速人 .312 97 183 154 48 6 0 4 22 .273 22 22 19 1 8 1 5 0 .000 3 .304 .315 .429 .389 .818
陽 代走 .254 53 74 67 17 0 0 1 6 .176 25 14 5 1 1 0 0 6 .857 0 .200 .269 .299 .315 .614
鷲尾 賢治 .233 49 75 73 17 2 0 0 7 .333 5 14 2 0 0 0 1 0 .000 0 .194 .262 .260 .253 .513
土橋 一樹 .265 84 254 234 62 8 0 2 20 .247 20 54 10 1 7 2 7 2 1.00 5 .233 .280 .325 .296 .621
指村 美月 .260 118 319 285 74 8 0 9 40 .291 41 50 33 0 1 0 9 0 .000 4 .276 .254 .382 .336 .718
如月 メガネ .385 13 21 13 5 1 0 2 6 .500 3 2 4 0 4 0 1 0 .000 0 .200 .500 .923 .529 1.452
森野 智樹 .000 1 2 2 0 0 0 0 0 .000 0 2 0 0 0 0 0 0 .000 0 .000 .000 .000 .000 .000
鈴村 謙太 .222 18 9 9 2 0 0 0 0 .000 5 1 0 0 0 0 0 0 .000 0 .500 .143 .222 .222 .444
谷本 武広 .333 7 12 12 4 0 0 0 2 .200 3 0 0 0 0 0 0 0 .000 1 .333 .333 .333 .333 .666
城島 秀治 .231 11 28 26 6 0 0 0 3 4 4 2 0 0 0 0 0 .000 0 .125 .278 .231 .286 .517
玉野 章雄 .000 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 0 .000 .000 .000 .000 .000
投手陣は前半戦こそ良かったものの、総じて後半戦で打ち込まれている。
 
 

水谷 洋海

IMG_3544
安定した成績を残し続けていた水谷も後半戦で打たれまくり、防御率1.80から一気に3.59まで落とした。
勤続疲労が残ってた?!
でも疲労ゲージは全然溜まっていなかったのでやはり実力不足?!
そして、ホークスの柳田に良く打たれまくっている感じだった。
 
これは『調子極端』を付けたいレベルであるww
 
後半戦に打ち込まれたのも影響し、最終的に24ホールドで終わり、3年連続の最優秀中継ぎ投手のタイトル獲得は叶わなかった。
 

マリア・リベーロ

IMG_3545
先発投手の中で最も好成績を残したのはやはりリベーロだった。
 
防御率2.95、13勝6敗、187奪三振をマーク。
勝利数は佐川と並んでリーグ3位。
年々防御率が良くなってきているので、もしかしたら来年は更に活躍してくれる可能性がある。
 

伊達 政夫

IMG_3546
シーズン途中から1軍に昇格し、19試合に先発登板した。
防御率2.89、9勝4敗、92奪三振をマーク。
 
今季、チーム内で最も飛躍した選手ではなかろうか??
ホークスに勝てたのも、実は伊達が打線を沈黙させていたのが1つの要因。
毎回ホークスにメタクソに打たれまくっていたのだが、伊達のお陰でそれを封じることができた。
『ホークスキラー』と言っても良いと思うよ!
 
その活躍もあってか防御率は先発陣の中ではトップ。
来季は左腕のエースとして先発三本柱を形成してくれるかもしれない。
 

岸 孝之

IMG_3547
なんと自由契約選手の中から獲得した岸は12勝を挙げる活躍を見せる。
防御率は3.80と今ひとつだが、調子の波がめちゃくちゃ激しかったことが起因している。
 
実は6月と8月に月間MVPを受賞しており、なんと6月の防御率は1.04。
 
年俸9000万円でここまで活躍できれば結構良いんでない?!
 
来季は前回も言ったように中継ぎでの起用も考えてる。
というのも、ものすごい勢いでスタミナが衰えて来てるので、5回まで保つかが不安。
 

新外国人先発投手3人衆

FullSizeRender
シーズン途中で獲得した3人の新外国人投手。
なんと総額年俸7億円を使ったにも関わらず、3人で稼いだ勝利数はたったの3。
 
防御率は最高で5.11で、これほどまでに酷い結果になるとは誰が予想したことかwwww
3人とも来年にはいなくなっていることでしょう!!!!!!

桐谷 怜菜

IMG_3549
後半戦に入るまで打率4割を叩き出していたのだが、後半戦に入ってからスランプに陥り、最終的に打率.356でフィニッシュ。
それでもダントツで首位打者を獲得。
 
その他、歴代3位となる211安打を放って最多安打のタイトルを獲得。
 
なんとダントツを走っていた打点だが、終盤で山川に抜かれ、4点差で惜しくもリーグ2位で打点王のタイトルを逃す。
 
本塁打はリーグ3位の自己最多となる36本塁打を放つ。
パワーBでこれだけ打つとか信じられん。
更に初球打率が良かったようで、シーズン途中に『初球◯』を習得。
 

ダフィ・ルーズ

IMG_3551
そして、この人の活躍なくしては優勝は無かったであろう…ルーズくんである!!
 
なんと規定打席に到達していないにも関わらず、中盤から怒涛の勢いで打ちまくり、最終的に29本塁打をマークした化け物。
 
本塁打率はなんと53本塁打を放った山川を上回る。
まぁルーズはフル出場していたら50本も打てないだろうがwwww
 

神野 武継

IMG_3552
1番打者としてフル出場を果たした神野。
フル出場ながら打率.307をマークし、桐谷に次ぐリーグ2位となる198安打を放っている。
 
本塁打も自身初の20発超えを果たし、更には1番打者ながら88打点をマーク。
マジで1番打者に置いておくのが勿体無いくらいの成績である。
 
盗塁もチームトップの17個を決め、シーズン終盤には遂に走力がBになる。
来年は今年よりも盗塁を稼いでくれそうな気がする。
 
 
IMG_3555
何故だか分からんけど、神野は成長スピードが半端じゃない!!
ひょっとすると超早熟型だったりしてなww
 
30歳前から衰え始めるのだけはやめてほしいところだが、ちょっと怖いなww(今年27歳)
 

天神 才蔵

IMG_3554
二度のスランプを克服し、キャリアハイかつリーグ3位となる打率.321をマークした天才。
 
なんとミートが大幅に成長きてAに到達。
更にはシーズン途中で『固め打ち』を習得した。
 
今季は全試合を2番打者としてフル出場。
得点圏打率.336、出塁率.389を記録し、神野との1・2番コンビは相当強かったと思われ。
ただ足が速いんだし、もう少し盗塁をしてほしいww
『積極盗塁』を付ける方法は無いのだろうか?
 
「来季は1番に戻そうかな」って思ってたんだけど、今季の成績を見るとやはり2番が合ってるのかもな!
ちなみに犠打は0。
 
 
てことで今回のピックアップ選手は以上だ。
その他、飯坂は3年連続で打率3割を達成した上に、リーグ3位となる110打点をマーク。
毎度言ってるが、ミートE・パワーDでこれはマジで凄いwww
 
1年目に新人王を獲得した川口は年々打率を下げ、今季は.249。
コイツだけはちょいとヤバイよねww
完全にスランプだと思う!
能力値は高いのに…。
 
阿藤も少しずつ打率が下がってきたが、今季は2年ぶりに20本塁打をクリア。
来季は37歳になるんだけど、まだまだ行けそうな感じがあるね!
是非モデルである阿部慎之助のようになってくれたまえ!
ちなみに今季は捕手としての出場が5試合ほどあった。
 
土橋と指村が三塁手のポジション争いを繰り広げているが、打撃成績では若干指村に軍配が上がっている。
走塁・守備面では圧倒的に土橋だが。
 
てことで以上が2021年レギュラーシーズンの個人成績でした!
 
次回はお待ちかねの契約更改とドラフト会議が待ち受けております!!
やはりこの時期が一番ドキドキワクワクである!
SNSフォローボタン
kouをフォローする
未分類
スポンサーリンク
kouをフォローする
あらゆるゲームのトロコンを目指すブログ!