【パワプロ2018】オリジナル選手 – 桐谷怜菜

スポンサーリンク
スポンサーリンク
※現在執筆中の『ペナント日記』と連動した選手です。
 
FullSizeRender
プロフィール
  • 名前桐谷 怜菜(きりたに れいな)
  • 国籍:日本🇯🇵
  • 誕生日:1997年9月27日(26歳)
  • プロ年数:5年目
  • 投打:右投左打
  • ポジション:外野手中堅手右翼手
  • 所属:ロサンゼルス・アフロゴリラーズ
スポンサーリンク

選手の特徴

プロ入り1年目から一流の成績を残し続ける天才スラッガー。
キャラクターモデルは"桐谷美玲"さん。
 
ロサンゼルス・アフロゴリラーズ創設時からのメンバーであり、球団オーナー・コウのツテで入団。(関係性については黒い噂が報じられていたが、両者とも否定している)
 
容姿は女性だが、性別は不明。
本人からの回答も未だ無い。
とてつもない成績を残すため、巷では「宇宙人ではないか」と疑われる始末。
 
読売ジャイアンツのファンであり、ドラフト会議では同球団に入団を希望していたが、そもそも高校時代に野球部に所属していなかったため、候補にも挙がらなかった。
そもそも高校に行っていたからどうかも不明。
脱北者ではないか」という噂もある。
 
野球浪人を経て、2018年オフにアフロゴリラーズ創設と同時に入団。
1年目から3番・中堅手としてデビューを果たし、打率.342・18本塁打・100打点・5盗塁をマーク。
しかし、新人王は27本塁打をマークした同僚の川口マイクに譲り、ベストナインの獲得もできなかった。
 
2020年、2年目も3番・中堅手のレギュラーとして2年連続で全試合に出場し、打率.357・210安打・35本塁打・113打点・6盗塁をマーク。
首位打者、最多安打、最高出塁率、ベストナインのタイトルを獲得。
一方で、リーグ最多失策を記録するなど、守備面で課題が残る。
 
2022年、4年目となるシーズンは、守備力の向上のためにドミニカリーグに留学を決める。
4〜5月中盤まで公式戦を欠場し、5月下旬から復帰。
最終的に105試合に出場し、ギリギリで規定打席に到達。
打率.340をマークして、3年連続で首位打者に輝くなど。
しかし、出場試合数が少なかったため、タイトル獲得の批判の声が上がった。
 
2023年、この年も3番・中堅手としてフル出場を果たし、打率.357・209安打・41本塁打・147打点をマークして、打撃三冠王に輝く。
その他、最多安打、最高出塁率などを獲得。
守備面でも、守備力.985・失策2と年々改善している。
 
 
スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
今回は三冠王を達成したシーズンをそのまま選手にしてみた。
盗塁意図数は少ないのだが、UBR(走塁指標)は非常に高いため走力Cとなっている。
 
入団時は捕球Eであり、守備面が課題であったが改善。
しかし、唯一のウィークポイントは肩力だろうか。
と言っても平均並みの能力はあるため、バランスの取れた選手へと成長した。
 
広角への本塁打も非常に多いが『広角打法』を付けるとチート級に打ちまくるので、今回は『流し打ち』に。
 
また、左打者でそこそこ走力もありながらも併殺13とそこそこ多いので、『併殺』が付いている。
 
打点はシーズン歴代3位となる147だが、得点圏打率はそこまで高くない。
 
 
 
【2023年成績】 
  • 試合:144
  • 打数:585
  • 打率:.357
  • 安打:209
  • 二塁打:33
  • 三塁打:2
  • 本塁打:41
  • 打点:147
  • 得点圏打率:.361
  • 本塁打率:14.3
  • 三振:92
  • 四球:89
  • 死球:5
  • 併殺:13
  • 盗塁:3
  • 盗塁死:1
  • 猛打賞:16
  • 対左打率:.370
  • 対右打率:.352
  • 長打率:.631
  • 出塁率:.443
  • OPS:1.074
  • 守備率:.985
  • 失策:2 
 
スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender