【バイオ6】ジェイク編スタート!シェリーがジェイクを保護する理由とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2012年12月24日、クリスマスイブ………。

ここは東欧イドニア共和国。

今まさに、イドニア共和国政府と反政府ゲリラ組織が激しい戦闘を繰り広げていた。

その反政府ゲリラ組織の一員として活動していたのが、今回の主人公ジェイク・ミューラーだ。

レオン編とクリス編で明らかになっているから言ってしまうが、彼はあのどうしようもないクズ、アルバート・ウェスカーの実の息子である。

ジェイクが手に持っているのはC-ウィルス。

これを"栄養剤"だということでエイダから渡されたらしく、彼はこれを自身に投与。普通の人間ならばジュアヴォ化してしまうわけだが、全く変化がないジェイク……。

そう彼にはウィルスに対する抗体があるのだ。

まさにウェスカーの血を継いでいる…と言った感じか。

ただし、組織の他の仲間はそんな抗体など持っていない。

ビタミン剤と信じてC-ウィルスを投与した荒くれ者たちはジュアヴォへの変貌し、ジェイクを襲ったのだ。

こう見るとやはりジュアヴォってのは、人間を積極的に襲う習性があるのかもな。

ジェイクは人並外れた体術を披露してジュアヴォをコテンパンにしてしまった。

この辺の華麗な体術も、ウェスカーに通じるものが少なからずあるのは間違いない。

ウェスカーの血が強すぎるwwwwww

顔は全然似てないけどなぁww

そんなジェイクの元に現れたのはシェリー・バーキン

彼女はラクーン事故での生き残りの1人で、かつてアンブレラに所属しG-ウィルスを開発したウィリアム・バーキンの娘である。

こんな敵だらけの場所にどうやって入ってきたのかwwwwww

しかも単身だからな?!?!?!

まぁこの段階でシェリーはシモンズの直属の部下だし、反政府ゲリラと繋がっているシモンズなので潜り込ませることは簡単なのかも?

そして「あなたが世界を救うカギなのよ」と唐突に語り始め、ジェイクと共に脱出をはかることに。

この辺の展開が結構雑で、初めて会った女のにも関わらず、ひょこひょことついて行くジェイクww

マジで唐突すぎるのよwww

  1. ジェイクの前にシェリーが現れる。
  2. シェリー「あなたは世界を救うカギなの!さぁ、このダクトに入って!」
  3. ジェイク「へっ」→ダクトに入る。

マジでこんな単純な流れだからなwwwwww

ジェイクは多額な報酬が貰えるからって理由で反政府ゲリラに協力してたのに、それをあっさりと放棄してシェリーについて行くとか…w

もしくは!!!!

シェリーとジェイクの間に事前のやり取りがあってここに落ち合うことになっていたって可能性もあるが、それにしては描写が足りなすぎる。

まぁ見た感じジェイクって女好きそうな見た目をしてるし(偏見)、シェリーに一目惚れしてしまったのかもな……(無理やり自分を納得させるスタイル)

こうして、シェリーとジェイクはこの戦場からの脱出を目指すことになった。

ちなみに今回はシェリーでプレイするわ。

やはりシリーズキャラということで割りかし愛着があるし、何よりクリス編ではお色音ショットがほとんど撮れなかったという理由でww

あとね、『10ミリオンボルト』というシェリー操作時にだけ取得できるトロフィーがあるから、この辺も狙いつつ…だね!

外では既にBSAAが到着し、戦闘に参加中。

ヘリによるミサイルで街ごと破壊するつもりなのでは?、というくらいに雑で激しい戦闘を繰り広げているww

市民とかがいるかもしれんのに、ミサイルを撃ちまくっとるものwwwww

それにしても、こういうヨーロッパの田舎のような村を見ると、バイオ4を思い出すねwww

そして、無性に同作品をプレイしたくなるっていうなwwww

バイオ4とか1年に1回は遊びたくなるんだよなぁ。。

で、どうやらジェイクは、シェリーが自身を雇いに来たと思っていたらしい。

そこでいきなり契約金の話を切り出したのだw

前金でいきなり20万ドルの支払いだとwwww

それはいくらなんでもぶっ飛びすぎぃぃ!

俺が想像するに、反政府ゲリラから渡される予定の金額に上乗せした金額を言ったのだろう。

それに乗れば、シェリー側につこうと思っていて!ヒョコヒョコと付いてきたのかもしれないw

しかし、シェリーの目的は全く違った。ジェイクを保護・護衛しに来たのだ。

ジェイクの体にはC-ウィルスの抗体が含まれており、これを用いることでワクチンを作ることができる。

そうすれば、C-ウィルスを無効化できるかもしれないのだ!

しかし、ジェイクの保護を指示したのはシモンズだろう。テロを企てているシモンズは、なぜジェイクを必要としているのかが不明だ。

保護して確実に仕留めるのが目的なのか…。

シモンズからしてみれば、ジェイクが戦争に参加してそのまま死んでくれた方が都合が良さそうだけど、やはり自らで殺害しないと安心できないってか???

そしてなんと、ジェイクが要求してきた金額は5000万ドルwwwww

日本円にして約50億なのだがwwww

さすがにそれは非現実的すぎて、一般人の我々にとっては「はっ?!」である。

個人に50億を渡すとか、そんな要求が飲めるわけがなかろうww

そんな馬鹿げた提案をされたシェリーだったが、とりあえずここは返事は保留にした。

シェリー本人が決められることじゃないだろうしなww

向こうに見える橋ではBSAAが交戦中!!

そう、今まさにあの橋の上でクリス率いるアルファチームが戦闘中なのだ!

この辺からクリス編と若干リンクしているのは嬉しいものである😆

古くからのバイオファンは、基本的にこういうザッピングシステム的なのが好きだからね…🤪

すると脱出路の途中で、右腕が機械仕掛けになっている巨大なB.O.W.が出現!!!

なんとこいつの視線はジェイクにのみ向けられている…。

まさか、こいつは反政府ゲリラがジェイクを追跡するために送り出した怪物か!!!!

となると、反政府ゲリラにとってもジェイクは重要な人物だということか。

ちなみに、こいつはドラム缶の爆発に巻き込んでもピンピンとしていたため、シェリーたちは一時離脱を決意!

って、ええええええええwwwwww

ムービーをボーーーーーっと見ていたら突如逃走のゲーム画面に戻って、そのまま突進されて死んだのだがwwwww

このゲーム、初見殺しもいいところだww

何とか怪物をまいて逃げ出したんだけど、どこへでも追いかけてくるのだがwwwww

そう、ジェイク編はこいつからとにかく逃げることがメインだ。

とにかくしつこい!!!!

バイオ3のネメシス並のストーカーなのだが、ネメシスほどカリスマ性が無いのが残念であるww

てことで、早速撃退戦がスタート!!

って、こいつのとりあえずの名称って捕縛者って名前なのか。

やはりこいつってネメシスのオマージュ的な感じなのかね??

ネメシスも"追跡者"っていう異名を持っていたはず。

このステージの至るところにドラム缶が設置されているから、それを駆使して爆発に巻き込めば余裕だった記憶あり!

って、なんだかジェイクを巻き込んでいるような気がするけど、まぁ気にしないでおこうねww

いでっ!!!!!!!

右手で思いっきり頭をぶん殴られて草wwww

ゴチン!!!という鈍い音が聞こえてきそうであるww

お前!!!!!!!

可愛いレディになんてことするんだ!!!!ww

日本でこんなことをしたらネットで袋叩きにされて生きていけなくなるよ!

しかし、シェリーさんは脳震盪を起こすどころか無傷でピンピンとしていますww

よぉぉぉぉぉし!!!!撃破!!!!!

案の定、銃弾はほとんど使わず、ドラム缶の爆破のみで撃破できたわ!

ただ…

これがプロフェッショナルモードだと相当ヤバいんだろうなw

だってよ、このエリアの二階でもうマグナムがゲットできたのよwww

マグナムって言ったら、バイオシリーズでは物語の中盤以降に入る最強の一角武器ぞ!

それがこんなにも早く……ってことはプロフェッショナルは…(鳥肌)

てことで今回はここまでだ!

次回から捕縛者からの激しい逃亡劇が始まる?!