【グウェント】グウェントのルールを簡単に解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
どうも俺です!!!!
 
遂に配信開始となった『グウェント ウィッチャーカードバトル』。
今回は今作におけるグウェントのルールを簡単に紹介して行こうと思う!!
 
シンプルながら結構複雑だから、俺も上手く説明できるかは分からんがwww
 
 
スポンサーリンク

グウェントのルール

勝敗の条件

IMG_7900
試合は25枚以上のカードで構成されたデッキを用いて、3ラウンド制のマッチ戦を行う。
 
勝敗は、画面右に表示された合計戦力値で決定する。
この数値が多いプレイヤーがラウンドを制し、2勝した者が勝者となる。
 
 
IMG_7901
戦力値は、ユニットカードの左上に書かれた数字のこと。
 
要するにユニットを場に置いて、戦力値を蓄積して行くことが基本となる。
 
 

バトルの流れ

ラウンド1

IMG_7902
まず、バトル開始時にお互いのプレイヤーはカードを10枚ドローし、それを手札とする。
 
この際、3枚まで引き直しをすることができる。
 
遊戯王のようにラウンド中のドローは例外を除いてできず、最初に引いた手札のみで戦って行くことになる。
 
ユニットカードは例外を除いて1ターンに1度しか出すことができず、パスをした以降はラウンド中にカードを出すことができなくなる。
 
次ラウンドの事を考えてパスをしてカードを温存するか、確実にラウンドを取っていくのかはプレイヤー次第!
 
 

ラウンド2・ラウンド3

ラウンド1終了後、残った手札をそのまま残し、新たに3枚のカードをドローできる。(10枚ドローは不可能)
 
この際、引き直しをすることは可能。
 
 
最終的に先に2つのラウンドを制したプレイヤーが勝者となる。
引き分けが入った時は、先に1勝した(もしくはしていた)プレイヤーが勝者となる。
 
 

カードの種類

基本的にカードは、ユニット・スペシャル・アーティファクトの3種類に分類される。
 
ユニットはモンスター、スペシャルは魔法、アーティファクトは永続魔法や罠と言った感じか。
 

ユニット

IMG_7904
グウェントの基本となるカードがユニット。
要するにモンスターカードみたいなものだな。
 
左上の数値は能力値。(ブーストと表記されることが多い。)
 
このブーストはHPの概念も持ち合わせており、ダメージを受けて0になるとユニットは破壊されて墓地へ送られる。
 
右下の数値はコスト
デッキには上限コストが設けられており、このコストの合計数値が上限を超えて構築することはできない。
 
また、ユニットにはアビリティ(特殊能力)を持つカードが存在する。
アビリティの発動条件にはさまざまなものがある。
 
 
▼配備
  • カードを出すことで発動するアビリティ。
 
▼命令
  • 例外を除いて、カードを出してから次のターンでないと発動できない。
  • 任意で発動可能。
  • 中には再利用可能なものも存在する。
 
▼追撃
  • 条件を満たすことで追加アビリティが発動することができる。
 
▼遺言
  • 墓地へ送られた時に発動できるアビリティ。
 
また、アビリティには特殊な効果を付与したりするものがある。
 
📌捕食
  • ユニットを破壊し、そのユニットの基礎能力値をプラスする。
 
📌出血
  • 自軍ターン終了時に1ダメージを受ける。
 
📌封印
  • ユニットのアビリティが使用不可になる。
 
📌アーマー
  • ユニットをダメージから守る。
  • 戦力値に加算されない。
 
ユニットには、相手ユニットを弱体化させる効果を持つものがたくさんあるため、ただ単に戦力値が高いカードのみを組み込んでも中々勝つことは難しい。
 

スペシャル

IMG_7905
例外を除き、ユニットを含めこのカードも1ターンに1度しか使用できない。
基本的に使用すると墓地へ行く。
 
効果はユニットにダメージを与えたり、封印や出血を付与するものなど多岐に渡る。
 
これらのカードも、デッキの特徴に合わせてバランス良く組み込む必要がある。
 
 

アーティファクト

IMG_7906
戦力値は存在しないが、ユニットのように場に残るカード。
 
チャージを消費して任意で発動するアビリティや、裏側でセットして相手の召喚などに合わせて発動する罠などが存在する。
 
これ1枚で戦況を覆せることもあり、デッキを構築する上でかなり重要なカード。
 
 
 
以上がグウェントの大まかなルールや説明でございます!!!!
すんげぇ分かりにくいと思うんだけど、頑張って書いたから許してくれやwwwww
 
しかし、こう見るとルールはすごくシンプルで、意外と書くことがないのよね。
カードの効果とかはプレイしていくうちにすぐに理解できると思うから、とにかくCPUを相手にトレーニングあるのみ!!!
 
まだまだ俺が知り得ていない効果もあったりするので、その辺は随時このページに追記して行こうと思う!
 
 
てことで、次回はカードパック?購入の様子を書くとするかね!!!!!
 
カードゲームって始まりが一番楽しいから、次回も楽しい記事になりそうだ。