【あつ森】6月までしか出現しないサカナ・ムシまとめ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー

おっすー!!!!!!

毎月恒例となったサカナ・ムシシリーズのお時間でございます!!!!

今回も6月でいったん姿を消してしまうサカナとムシを紹介して行こうと思う!

と言っても、今月はそこまで多くないから、意外と余裕はあるはずよ!

※ちなみに、北半球の時間です。

スポンサーリンク

サカナ

ヤマメ

  • 生息時期:3〜6、9〜11月
  • 時間帯:16〜9時
  • 釣れる場所:崖の上
  • 売値:1,000ベル

独特で綺麗な模様をした川魚ヤマメは6月で一旦姿を消すが、9月から再び3ヶ月間だけ出現する。売値は1,000ベルと比較的高いんだけど、意外とバンバン釣れる。

二層目以上の川なら基本的にどこでも釣れる。俺は二層目の池でも釣れたんだけど、バグだろうか??ゴールデントラウトも池で釣ったことがあるのよね。

天然のヤマメは日本に生息する固有種。(確か)

実はサケ目サケ科なので、サイズは全く違うがサクラマスと全く同じ魚である。海に渡る個体をサクラマス、そうでない個体をヤマメと呼ぶ。

中学生の頃、友達Yとモリを持って川へ遊びに行ったことがあって、そのYがヤマメを手掴みで捕まえて、ポケットに入れて持ち帰ってたよwwwwwあまりにも斬新すぎて、記憶喪失になってもこれだけは覚えていそう。

実は車を1時間半ほど走らせたところにあるレジャースポットでヤマメの塩焼きを食べることができる場所があって、それがめっっっっちゃ美味い。

食感や風味はイワナとアユの中間みたいな…って言っても分からんかwwとにかくサッパリしてるんだけど肉厚で味が上品。機会があったらみんなもぜひ食べてみて欲しい。

オオイワナ

  • 生息時期:3〜6、9〜11月
  • 時間帯:16〜9時
  • 釣れる場所:崖の上
  • 売値:3,800ベル

生息時期、時間帯、釣れる場所はヤマメと全く同じ。ただ、売値はこっちの方が断然高い。てか、過去作ではもっと高くなかったっけ??俺の勘違いかも。

虫などを捕食する際に水からジャンプして飛び出す姿は非常に美しい魚。基本的にイワナは冷水を好むため上流に生息するらしいのだが、日本産のイワナは比較的温かい水を好むらしい。

イワナは最大で60cmにも成長する個体もいる大物で、なんとヘビを捕食することもあるらしい。まさに渓流の主。

ちなみにイワナはめちゃくちゃ肉厚で食べ応えが凄い!!デカいから大味ってわけではなくて、キャンプでビールと一緒に食ったらそれだけで満足だ。

実は6月で姿を消すサカナは2種類のみ。オオイワナもそこまで釣れにくい魚でもないから、川で夜釣りをしていればいずれ釣れるだろう。

スポンサーリンク

ムシ

モンシロチョウ

  • 生息時期:9〜6月
  • 時間帯:4〜19時
  • 獲れる場所:雨の日以外ならどこでも
  • 売値:160ベル

ドラクエの村周辺にごった返すスライムの如く溢れかえるモンシロチョウは、地味に6〜7月だけ出現しない。

恐らくあつ森プレイヤーならゲットしたことがない人はいないだろう。

モンシロチョウは基本的に世界中に分布しており、温帯や亜熱帯を中心に生息。また、春と夏の個体では色合いに差があるらしい。これはマジで知らなかった。

そして、モンシロチョウは外来種らしい。これも全く知らなんかった!日本に移入されたのは奈良時代と言われているらしい。

それにしても、俺の地域ではモンシロチョウどころか蝶自体を見なくなったなぁ。小さい頃は呆れるほどに目に入ったんだけど、今は本当に見なくなった。もしくは、大人になるにつれ昆虫に興味が無くなり、自然と目に入らなくなったのかもしれんが。

モンキチョウ

  • 生息時期:3〜6、9〜10月
  • 時間帯:4〜19時
  • 獲れる場所:雨の日以外ならどこでも
  • 売値:160ベル

モンシロチョウと同じくそこら辺で捕獲できるモンキチョウも6月で姿を消す。ただ、モンシロチョウと違って11〜2月は出現しない。

この2種はいつでも捕獲できる故に「いつでも捕獲できる」という油断が生まれて、意外と寄贈を漏らしている可能性も…??必ず図鑑をチェックしておけ!!

モンシロチョウと同じシロチョウ科に属する。

実は雌のモンキチョウには白い個体がいることがあり(本当に真っ白)、モンシロチョウと並べたら絶対にどっちがどっちだか分からない。

カラスアゲハ

  • 生息時期:3〜6月
  • 時間帯:4〜19時
  • 獲れる場所:雨の日以外ならどこでも
  • 売値:2,500ベル

俺が最も好きな蝶がカラスアゲハ!!色合いと飛ぶ姿が本当に好き!!

実は20回以上ムシを捕ることで出現する特別な条件を持ったムシ。加えて、今月を逃すと次に出現するのはなんと3月!!

模型を作っていない人たちはとりあえず3匹を確保して、倉庫にしまっておこう。

カラスアゲハは本当にこんな感じの色をしていて、本当に美しい。最大で8cmにもある大型の蝶で、初めて見た時は結構ビビった。「怖っ!!」ってwwwww

基本的に日本全土に生息しているが、香川県の個体は準絶滅危惧種に指定されている模様。

ホタル

  • 生息時期:6月
  • 時間帯:19〜4時
  • 獲れる場所:雨の日以外の水辺付近
  • 売値:300ベル

なんとそこら辺でふよふよと飛んでいるホタルは6月にしか出現しない。

線香花火の灯りのようにめちゃくちゃ綺麗で、ホタルが飛んでいる場所を散歩しているだけでも癒される。

なんかな、リリアンがジュースを手に持ちながら、ホタルをポーーーーって見つめててめっっっっちゃ可愛かったwwwwwしかも俺があげた服を着てよ…😭

住人って稀に虫に反応してリアクションを取るから、是非注目してみてほしい!マジで可愛いから!

ちなみにホタルの尾部の明かりは、酵素のルシフェバーゼとルシフェリンの化学反応で起こるものらしい。本当に意味不明である。

また、一切発光しないホタルも存在する模様。

そういえば、一昨年の夏に友人Kが「蛍を見に行こう!」と唐突に言い出して、男3人で川辺に言ったんだけど何もいねぇっていうww唯一のお土産は"虫刺され"。

テントウムシ

  • 生息時期:3〜6、10月
  • 時間帯:9〜17時
  • 獲れる場所:雨の日以外の花の上に出現
  • 売値:200ベル

3月から登場していたテントウムシも今月でさようなら。しかし、10月に再びポンと現れて、3月まで消えていく。

花が一切ない荒廃したバイオハザード島を作っているプレイヤーは捕獲不可。

姿形から見て、この個体はナナホシテントウムシだろうか。世界中に分布する種だが、日本の個体は黒の斑点が大きく、ヨーロッパの個体の黒の斑点はめちゃ小さい。

放置すると農作物がダメにする恐れがあるアブラムシを、テントウムシは頻繁に捕食するため人間にとっては超益虫。

見た目も可愛くて、ちっさい頃は指の上に乗せてたって人は多いのではなかろうか?

バイオリンムシ

  • 生息時期:5〜6、9〜11月
  • 時間帯:1日中
  • 獲れる場所:雨の日以外の切り株
  • 売値:450ベル

5月から登場したバイオリンムシも今月でバイバイ。9月からも出現するのでまだチャンスはあるが、今のうちに確保しておきたい。

切り株をそのまま放置しておくとその上に出現することがあるが、蝶などと違ってうかつに近づくと逃げてしまうので慎重に。

英名はバイオリンビートル。めっちゃカッコいい。和名ではウチワムシと呼称されることも。その姿形がバイオリンのようなのでこの名前になった。

生息地はインドネシアやマレーシアの熱帯雨林らしく、体長は10cmほどにもなる大型虫。

俺はペットショップで売られているのを見たことがある。実物はむっちゃキモかった😭

ダンゴムシ

  • 生息時期:1〜6、9〜12月
  • 時間帯:23〜16時
  • 獲れる場所:石をスコップで叩く
  • 売値:250ベル

あつ森で普通に生活していたら誰もが捕獲したことがある虫ではなかろうか。

そんなダンゴムシも7〜8月のみ出現しないが、こいつに関しては出現月も多いから気にする必要もないだろう。

ダンゴムシはそこらへんの土壌に生息しており、その名の通り危険を感じると身体をまん丸にする。

実は自然界において非常に重要な分解者としての役割を担う。要は豊かな土を生み出しているのだ。皆んな、ダンゴムシに尊敬の念を…😌

俺が小学生の頃、外の階段の裏の湿った土に湧くダンゴムシを大量に捕まえて遊んでたなwww今は少し気持ち悪く感じるけど、昔はそんなこと気にしてなかったよなぁ〜www

でも捕獲しても持ち帰ることはなく、休み時間が終わったらそのまま逃して終了だったね。

ムカデ

  • 生息時期:9〜6月
  • 時間帯:16〜23時
  • 獲れる場所:石をスコップで叩く
  • 売値:300ベル

今作の発売から長らく登場していたムカデも、来月から少しだけサヨナラだ。

こいつもダンゴムシと同じで石を叩くと出現することがあるが、出現時間がめちゃくちゃ短い。しかし、出現率は高いのでムカデの捕り逃しも無いと信じたい。

これは色合い的にトビズムカデという種だろうか。日本産のムカデであり、日本最大級の種だ。体長は20cmに及ぶこともあるらしい。

こいつをペットにしているYouTuberがいて、ゾッとしたのを覚えてるwwムカデはマジでおっかないけど、見た目は結構好きだww

ゴキブリなどの昆虫を捕食するため、か弱い女子にとっては益虫に思えるかもだが、トビズムカデは猛毒を有しているため超危険。そこらへんで見かけても絶対に触らないように!!!!!

ちなみにネズミを食うこともあるらしい。まさにモンスター。

てことで、以上が6月までしか出現しないサカナとムシでございました!(たぶん全部だと思う…)

8種類のムシが登場しなくなるが、どれも簡単に捕獲できるムシだから、気楽に捕まえて行こう!