style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">


こんにちは。

今回のこの人!
憎めない男、石井一久さん!w

この人って陽気で凄く面白いですよね!
俺はこの人柄がめちゃくちゃ好きです!

石井さんと言えば、球威のあるストレート!
最速156km/hのストレート(メジャー移籍時)には、ノビがあって非常に凄かった!
左投手でこの速度は驚異的ですよね。

また落ちるスライダーのキレも凄くて、ストレート、スライダー、フォークの組み合わせで物凄い三振数を叩き出していました。

通算1000奪三振は、野茂さんに次いで歴代2位のスピード、1500、2000奪三振は歴代最速のスピードで達成している。

まさに球界の奪三振王である。



🔳石井一久ってどんな選手だったの?

1991年、ドラフト1位でヤクルトに入団。
当時から非常に期待をされ、背番号16を提示される。
この時点で球団からの期待度が高いと分かる。

入団からしばらくは先発・中継ぎの両方で登板を続ける。
思うような活躍はできなかったが、
1995年になると先発に固定され、21試合に先発する。
少ない先発登板ながらも13勝を記録した。

1998年、最多奪三振のタイトルを獲得。
また、シーズン奪三振率は11.04で、これは日本記録。

2000年には最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得。

2001年のオフにはポスティングシステムでメジャリーグへ移籍。

2002年、ドジャースの一員としてシーズン14勝を挙げる。
一方で与四球数はリーグワーストとなる106を記録してしまう。

2006年、ヤクルトに復帰。
2007年のオフにはFA権を行使して西武へ移籍。
その後も先発投手として活躍し、2013年に現役を引退した。



🔳パワプロ2016で作ってみた!

あくまで個人的な見解です。


こんな感じで完成したのですが…
変幻自在という邪魔な特殊能力が付きました…

瑠菜のイベントをあえて完走させなかったよに付いてしまった…
やはりイベントの完走は関係なくて、なやり好感度が関係しているのか…

でも、まぁそれ以外は悪くないと思うんですよね!!
まぁ元々持ち球は少ないし、関係ないのかなって思ってます。

これが付くなら全ての変化球を一段階下げたかった。


再現年は2000年です!



ぜひ使ってみてねー!



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">



俺は今から中国人に会いに行くぞ!!

いや、マジやぞ!!


ほらwww
中国人のアイコンがあるっしょ?www
これは非常に興味深い!


そして報復受けて、めちゃくちゃになったまま放置というwww
どんだけテキトーな生活を送っているのだw



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


トレバーが常に履いているパンツらしきものも落ちているwwwwww
トラ柄wwwwwwwww


汚ねぇバーだなwww
ここに例の中国人がいるみたいだが…w


こいつ例の中国人・チェン。
確かにこういう顔した中国人いるよな!
日本人も大してかわらねぇけどw

たいそう酔っ払っておられます。
しかもマジで中国語を喋ってるww


こいつはチェンの通訳。
どうやら仕事の依頼でトレバーに会いに来たらしい。

チェンが父親に殺されるとかどうとか言っておられました。

チェンの父親は裏社会の社長で、安定したヤクの仕入先を探しているみたいだ。
それを息子に見つけてこいってことなのだろう。

というわけで中国人のお二人を、製造所へご案内することに。




ヤクの製造所へやってまいりました!
しかし製造者のシェフが、「オルテガの手下が復讐に来る」という情報を掴んでいたようです。
これから来るみたいだ。

おそらくトレバーの取引先である製造所を潰す気だろう。


ビジネスパートナーに死なれると困るので、とりあえず2人を冷蔵庫の中にぶち込みます。


銃撃戦が始まったが、難易度は全く高くないwww
隠れつつ、窓からガンガン撃ち込め!

しかし、毎回事件に遭遇するコナンの如く、トレバーの向かうところに銃撃戦が展開する。
まぁトレバーの場合はそうなる理由があるけど、コナンに至ってはたまたまだからな!


オルテガの手下を全て片付け、2人を救出。
しかし、飛び交う銃声にビビってしまったらしく、
「もう見学はいい!」
と、車に乗り込んで逃げるように去って行ってしまいました。

これは契約OK?それとも契約破棄?ww
報酬はたんまり出すと言っていたので、ここで餌を逃したくはない。


しかし、ご察しの通り契約破棄の展開だ。
まずいよ…トレバーが切れるよ…


加えてチェンのこの言い草www
これは終わったな!!!

どうやらこいつらは、もう別のやつらと契約すると決めたらしい。


頭に血が上ったトレバーは、チェンをボコボコにwwwwww
髪の毛を掴んで、柱に後頭部をガツンガツンと叩きつける!w
もっとやれーー!!
中国語が分からないことをいいことに悪口を言う姑息な奴には制裁を!!


秘書を脅し、契約先がオニール兄弟ということが判明。
すぐさま彼らが営む農場へ向かうことに。

さて、何をする気だ、トレバー…


良い農場だな!!!
どうやらこの農場を破壊しろ、というミッションが発生ww
は、破壊?!w


少しずつ監視を潰しつつ、家へと近づいて行く。


激しい銃撃戦をくぐり抜け(かなり難しかった)、家の中へと侵入。
中にもたくさんの敵がいたので、グレネードランチャーで一気に吹き飛ばそうとしたら……



俺も燃えたわwww
これが脳筋の末路である!!!!



地下でガソリンを入手したトレバーは、
家中にそれを撒き始めるwwwwww

ま、まさか…


………



やり過ぎワロタwwwwww
ちょっと待て!
これはさすがに逮捕されるだろ!!ww

これで警察が動かなかったら、ロスサントスは終わりだぞ!!


マイケルもやり過ぎだと思ったけど、
こいつはその更に上を行っていましたww

今度はオニール兄弟関連の仲間たちに命を狙われるぞ…
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


※本記事はゲームの攻略とは何も関係のない日記です!

FF12が発売された当時、俺はまだ高校生でした。

正直言って、俺の中で一番印象が薄いFFですww
まず、戦闘システムが複雑で当時の俺には完全に意味不明だった。

そしてストーリーなww
これもかなり微妙な出来だったと記憶している。

ただ、良い思い出ももちろんある。
まず冒険の楽しさね!
マップはかなり広大で様々なモンスターやアイテムが落ちていたりする。
また、モンスターにいたっては初見では絶対に倒せないような奴が、フィールドで平然と徘徊していたり、中々ワクワクさせましたね!

それ以外はあんまり覚えてないw
そもそも当時の俺はFFに対してストーリー性しか求めていなかったので、システムや戦闘などはどうでもよかった!
ただ、ひたすらにシナリオを追いたかったのだ。

でも、最近はシナリオだけではゲームをするのは厳しいって感じてる。
やはり根本となるゲームが面白くないとな!!!!

最近のネットで見てみると、FF12は戦闘システムが非常に評価されている。
俺が全く理解できなかったシステムだw

確かにFF13とかも戦闘は面白かったんだよな。

調べてみると、このシステムはやはり複雑に出来ているようで、理解するまでにプレイヤーが投げてしまうようです。

これが理解できると世界が変わるくらいに面白くなるらしいです。
要するにスルメゲーってことでしょうか。

しかし俺はあの頃から様々なスルメゲーをやってきた。
最近で言ったらなんだろ。
俺的にはウィッチャー3かな。
あれって序盤はマジで意味わからんかった!
でも、ある程度進めて行くと、システムとか戦闘の面白さを知って、大ハマり!

FF12もそのパターンだろ?!

もしかしたら、今の俺ならそのシステムを理解して、存分に楽しめるかもしれない!!

ってことで衝動買いwww


買っちゃったwww

20時くらいに大型のゲーム量販店へ行ったんだけど、
もう3本くらいしかなかった!(あぶねー!)

あと、俺の前に並んでたおっさんが、
アルティマニアっていうくそ分厚い攻略本と一緒に購入していました!

「この人、ゲーマーだな…」

と、後ろで並びながら考えてましたよ…
同じゲームを手に持っている人を見ると、何故だか仲間意識が湧いてきます。

確かにFFの攻略本を読むのは楽しい。

攻略情報も充実してるけど、
制作秘話とかの裏話が書いてあったりするのが楽しい。

今はもう攻略本なんてほとんど買わなくなったけど、小学〜中学生くらいの時までは買ってたなー。

ネットが全然普及してなかったし、家にはパソコンも無かったしね。

今の世の中は便利すぎる!

そしてFFの攻略本と言えば、
俺はFF8のアルティマニアという攻略本をボロッボロになるまで使いましたよ…
ちぎれたページをセロハンテープで補修しながらも使っていたからな!

たぶん、あの攻略本がなかったらクリアできなかったね!
ちなみにFF8のアルティマニアは今でも使う!ww
たまにVITAでプレイするんだけど、
あれは攻略本がないとマジで無理!

🔺これなwwwwww
ちなみに当時使ってたやつはもう捨てちゃって、まさかの二代目ですw
高校生の頃に買い換えましたw
ブックオフで300円よ!
今でも結構綺麗に残ってます。

そもそも同じ攻略本を2回買うヤツなんて珍しすぎるよな!!
それくらいに熟読した攻略ってのも珍しいけどww

で、FF8ってのはモンハンみたいにモンスターから素材を集めて、武器を作ってくのよ!
その素材をドロップする敵なんかを覚えられないんですわ!!
だから攻略本が非常に役に立つのだww


🔺本棚を漁っていたら、こんな懐かしい攻略本も出てきましたwwwwww
これは懐かしすぎるwww

この左の遊戯王のゲーム知ってます?w
PSで初めて出た遊戯王のゲームの攻略本ですよwwwwww

このゲームがあまりにも難しすぎて攻略本を買ってもらったんだけど、
攻略本を買ってもクリアできないというクソゲーでしたね…ww


右のは海のぬし釣りってゲーム。
今の若い子は知らないんじゃないかな、こんなゲームwwwwww
これな、マジでおもしれぇんだよ!
釣りをして、その魚を売ってお金を稼いで、良い餌とか釣竿とかを買って、デカイ魚を釣ることを目標にするゲーム!
釣りRPGだね!

これはスーパーファミコンのゲームの攻略本だね。
小学生の頃、魚のコンプを目指してプレイしていたんだけど、これだけは攻略が無いと無理だったわ。
レアな魚とかは、限られた釣りポイントでしか釣れなかったり、特定の餌が必要だったりとか…


で、話はあり得ないほどに脱線したのですが、時間がある時にFF12をプレイしていこうと思う。

ただ、積極的に記事を書くことはないっす。

強いボスの討伐とか、レア武器を取るまでの過程など、断片的に記事にする予定。

RPGって記事にするのが結構難しい。
あとはストーリー性の強いオープンワールド系のゲームとか。

実は現在連載しているグランドセフトオート5の記事も、書くのはめちゃくちゃ大変なのよ。

このブログって、ライトゲーマーの方もそこそこ見てくれてるし、女性読者や子供も結構いる。
(ツイッターで判明)

そういった方や、ゲームに興味がない方でも読めるようなブログを目指してる。
だから、ゲームが苦手な方でも、ゲームを観ているような気分になる記事を書きたいと思ってるんですわ!

(だから文章も多くて、記事数が膨大な数になるww)


そういうブログがあったっていいじゃない!!!

まぁ、元々誰かに読んでもらうために書いていたわけではなくて、
ただただプレイ日記を付けたかっただけw
それは今でも変わらない!

でも、読者が思った以上に増え続けているのが現状なので、やはりそういった方々を意識した書き方も目指して行きたいとは思いますよね。

ただ、ここで謝っておきたいのは、
誤字がめちゃくちゃ多いこと!
これは自分でもわかってる!
記事を見直して、見つけた部分はちゃんと直しているのですけど…

これは本当に申し訳ありません!

なるべく、誤字が無いように気をつけてはいるのですが、
何せ超スピードで文章を売ってるので、
スマホのスワイプ入力?を結構間違うのよね。

打ちながら確認してても、後から誤字を見つけたりする…

誰かにブログを代筆してもらいたいくらいですよwww
それじゃ意味ないんだけどな!


というわけで今日は元々FF12の話をしようとしたのですが、
脱線に脱線を重ねて全く関係の無い話になってしまいましたね…。

まぁたまにはこういう記事があっても良いのではないだろうか。

『攻略本』というヲタクにとっての思い出のアルバムを見つけたわけだしね。


では、さらばだ!

(さらばって打ったら、予測変換でサラダバーって出てきたよ)

これも誤字の元だ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ